スポンサードリンク

アルミシートの断熱効果はある?夏でも重宝します!

断熱と言っても、内側の熱や冷気を、
外へ逃さないための断熱と、外の熱や冷気を、
中へ入らせない断熱では、大きく異なります。

魔法ビンや保冷バッグのように、中の温度を維持する
ための用途の場合、小さな範囲の、温度に対しての
効果を期待することになります。

夏場、窓ガラスから入る、強い日ざしに対して、
アルミシートで対応している、事例がありますが、
この場合の効果は、あるのでしょうか?

冬場、フローリングの上に敷いた、カーペットに、
アルミシートで、保温効果を期待している事例が、
ありますが、こちらはどうでしょうか?

断熱効果を考える場合、その用途によって、
効果が発揮できる場合と、できない場合があります。
また、アルミシート単体では、限界があります。


スポンサードリンク





断熱効果が期待できる手段

アルミシートは、ポリエチレンやポリエステルに、
アルミ蒸着シートとして、張り合わされている
製品が主流です。

この張り合わせこそが、アルミシートの断熱効果の
重要な役割
を果たしています。

アルミシートには、熱や光を反射させる特性として、
「遮光」や「遮熱」効果があります。

一方、ポリエチレンやポリエステルには、保温効果を
もたらす、断熱効果があります。

外側にアルミシート、内側にポリエチレンやポリエステルの
組み合わせが、断熱効果を最大限に発揮させて、
いるのです。

冬場、冷たくなったフローリングの上に、カーペットを
敷いていても、カーペットが冷んやりしていることが
あります。

カーペットとフローリングの間に、アルミシートを挿む場合、
アルミシート面を、カーペット側にすることで、より効果が
発揮されます。

夏場の強い日差しを、ブロックするために、
窓ガラスとカーテンの間に、アルミシートを
はさんで吊るす製品があります。

A68929pb01_44113H-150x150
 
この場合、太陽熱が一旦、部屋の中に入ることで、
部屋の温度が上昇してしまうため、これだけでは、
あまり効果が、期待できません。

そこで、太陽熱が、部屋に入るのを、防ぐ方法として、
窓ガラス一面に、すきま無く、アルミシートを
貼り付ける方法が、あります。

この方法ですと、真夏の暑いときで、
-5℃部屋の温度が下がった実績が
あります。

お手軽な方法としては、
窓の外側にすだれやオーニングを
取り付けて、日陰を作る方法があります。

index_06-150x150
 

アルミシートの断熱効果ってある?


断熱効果は、熱伝導率によって、数字的な評価が
されますが、熱伝導率だけでは、体感的な評価は、
できません。

夏場、窓ガラスに直射日光が、当たる環境では、
特殊加工のガラスでない限り、室内の温度は、
上がるはずです。

アルミシートの断熱効果は、密閉した環境下では、
期待できても、窓ガラスのような開放的なものに
適用した場合、効果が半減してしまいます。

窓ガラスを日陰にすることで、室内の温度が下がり、
併せて、アルミシートを、室内に吊るすことで、
室内の涼しい空気が、維持できるでしょう。

アルミシート単体の、断熱効果というよりも、
製品の特性を生かし、適用環境を整備することで、
より断熱効果が得られると、思います。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ