スポンサードリンク

首を回すと背中が痛い!考えられるのはこの病気!

最近、体の不調で集中力が続きません。

ここのところ、ちょっと根を詰め過ぎて
体が凝り過ぎているのかしら?

というのも、ズキーンと背中の辺りが
痛くなる時があるんです。

結構痛いし、コリとは違うような
気がしてきています。

特に、をグルグルと回した時に、
アーッ!痛いー!となるんです。

もう、この痛みだけで、ストレスです。

背中を痛めるようなことをした記憶も
全くないので、原因が知りたくなります。

首を回した時に背中に痛みが走る症状は
一体何なの
でしょう?

何か病気が隠れているかもしれないので、
早急に調べてみました!


スポンサードリンク



頚椎椎間関節症の可能性

頚椎椎間関節症は、このように読みます。
「けいついついかんかんせつしょう」

難しい漢字が並ぶ病名ですが、頸椎とは、
首の骨のことを指します。

頸椎は、7つの骨がつながってできています。

頭を支え、首を柔軟に曲げたり回したり
できるようになっていますね。

椎間関節とは、7つの首の骨を一つずつ
つないでいる関節のことです。

首の骨の関節に、何らかの支障が出て
痛みが発生する障害のことを
「頚椎椎間関節症」と言いますよ。

しかし、首の骨の関節が原因なのに
どうして背中まで痛みが及ぶのでしょう?

関連痛で背中が痛む

頚椎椎間関節症の特徴は、首の痛みだけ
ではなく、他の部位にも痛みが出ます。

首の骨の関節が損傷した痛みや刺激は、
首以外につながっている神経を通じて
痛みを引き起こすんです。

主に影響されて痛む範囲は、後頭部~
背中
になりますよ。

首の関節7つのうち、痛めた関節の場所に
よっても、関連痛の位置が変わってきます。

首の骨が7つある、と言ってもなかなか
どこの関節が何番目なのか、判断しにくい
ですよね。

おおよそですが、骨の位置を確認できる
方法があります。

首を前に倒した時、一番出っ張っているのが
7番目の骨、と言われています。

背中に痛みが起きる場合は、頸椎を上から
数えて6番目と7番目の間の関節に障害が
ある可能性があるんですよ。

その痛みは、首の動きに伴って引き起こされ
電気が走ったような感覚、と言われます。

ケアの方法

まずは、自己判断で済ますさずに
病院での診断は必須ですね。

この病気の原因とは、首の骨の関節の
変性
と言われています。

姿勢が悪い・運動不足や運動過多など
様々な原因があるのですが、加齢と共に
関節も変性していくものなんです。

年齢を重ねれば、誰しもあり得る病気
なんですね。

しかし、この変性を根本的に解消する
治療法がなく、対処療法ということになります。

痛みを抑える、ということに重点をおき、
湿布や痛み止め、ブロック注射などの
治療をしていきます。

気を付けなければいけないことは、
首や肩に負担をかけないことですよ。

まとめ

まずは、病院に行ってみました。
まだ40代で、この先長い人生です。

首や背中の痛みと、長いお付き合いに
なるのかと、覚悟していった訳ですが、

手指、腕の使い過ぎが原因の疲労による
痛みだったようです。

そういえば、ここのところ痛みも少し
落ち着いたような・・・。

首と肩、そして背中の筋肉はつながって
いるんです。

腕につながる肩甲骨付近にある、背中の
筋肉「僧帽筋」に影響が出たとのこと。

色々心配したけど、安心しました。

でも、調べた通り、「頚椎椎間関節症」は
老化がある限り、誰しも発症する可能性が
あり得るんです。

予習しておいてよかった。
首は大切にしなくちゃ、と確信しました♪


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ