スポンサードリンク

食事の回数を増やすと痩せる?ダイエットのコツは代謝を上げること!

痩せたいけど、空腹感に負けそうになる!

ダイエットって、色々な我慢をしなくちゃ
いけなくて、イライラしてしまいますね。

私も、ダイエットしようと、最初だけは
意気揚々と頑張るのですが、続きません

2715167ad107982190de65bc144102f5_s-300x200

先日、高校時代の部活仲間と、久しぶりに
集まったのですが、友人の一人が大変身

すっかりきれいに痩せて、見違えるほど。

他の友人たちと驚く中で、近況報告よりも
彼女がどうやって痩せたのかに、興味津々!

食事の回数を増やすのが、ダイエット
成功のコツ
だよ!」

と、満ち溢れる自信に、脳天に雷が落ちた
気がしました。(大袈裟ですかね・・・。)

でも、食事の回数を増やしたら、逆に
太っちゃうんじゃないの?

一体、どんな方法なのか、友人に聞いたら
目から鱗!の話、こっそり紹介しますね♪


スポンサードリンク



食事の回数を増やすメリットとは?

友人のダイエット方法を聞いていて、やっぱり
感じるのは、何で痩せるのか?ってことです。

食事の回数を増やせば、その分だけ余計に
太るんじゃないかと、不安になりますよね。

でも、食事の回数を増やすことで、体の中は
痩せやすい状態になっているのですよ。

食事の回数を増やすと、こんなメリット
あるんですよ。

  • 代謝が上がる。
  • 空腹感がなくなる。
  • ドカ食いしなくなる。

どうして、こんなメリットを生み出すことが
できるのか、不思議ですよね。

一番気になるのは、なぜ代謝が上がるのかって
いうことなんです。

気になる代謝について、具体的
見ていきましょうね。

なぜ代謝が上がるの?

人間は、食事をした後に何もしていなくても
代謝が上がります。

1933844d2a87b209116a05b44bf81443_s-300x200

食事をすることで、食物を分解・吸収しようと
体はエネルギーを消費します。

消化活動で生み出される熱によって、代謝が
上がるんですよ。

この働きのことを、「食事誘発性熱産生
と言います。

こまめに食事を摂ると、食事誘発性熱産生の
回数も増えますよね。

また、代謝の上がった状態の時間が長く続き
体脂肪を燃やしやすくします。

さらに、食事誘発性熱産生を効率よく
取り入れるには、コツがありますよ♪

食事誘発性熱産生を利用するコツ!

食事誘発性熱産生を利用して、さらに代謝を
あげるコツは3つあります。

具体的に見ていきましょうね。

食事は1日4・5回に

食事の間隔が、3~4時間になるように
1日4・5回の食事を目安に摂ります。

953840a14bd0bb97cf8906036c00f01a_s-300x200

食事の度に代謝が上がり、脂肪燃焼を
促します。

その代謝も、3~4時間すると下がり始める
言われています。

代謝の高い状態保つためには、食事の間隔に
気を配って増やしましょうね。

しかし、仕事をしていると、1日5回の食事が
時間的に、困難な場合が多いですよね。

そんな場合には、いつも通りの3食+1食でも
構いませんよ。

会社で、お昼の時間以外にお弁当を広げるのは
すごく勇気がいりますね。

基本の3食以外は、低カロリーな機能性食品
活用してみてもいいですね。

1日の食事の量は変えずに小分けに

食事の回数が増えれば、摂取カロリーも増え
結果体重増加、なんてことになったら
意味がないですよね。

注意しなければならないのは、食事の回数を
増やすだけで、量を増やす訳ではありません。

例えば、1日1,500kcalで設定した場合、5回の
食事だと、1回分の目安は300kcalとなります。

ポイントは、量を小分けにして、食事を摂る
ことなんです。

小分けにして食事をすると、消化しやすくなり、
体脂肪として体に蓄積しにくくなります。

また、小分けにして食事の回数を増やすことで、
空腹感を感じにくくなります。

ダイエットはガマンと空腹感との闘い、
ではなくなりますね。

遅い時間に食べない

食事誘発性熱産生は、が最も多くなります。
反しては、少なくなりますよ。

7bfb3a984cc71967b7cf4c8bfcc97bf7_s-300x225

また、自律神経も関係しています。

夜遅い時間帯は、体を休めるため副交感神経
優位になります。

副交感神経が優位になっていると、体は
代謝をセーブするようになります。

代謝が下がる、夜遅くに食事を摂ることで、
脂肪の蓄積しやすい状態になりますね。

さらに、脂肪を蓄積させるタンパク質の一種、
BMAL1(ビーマルワン)も夜に増加する、と
言われていますよ。

BMAL1は、22:00~2:00の時間帯に、最も
多くなり、15:00辺りが最も少なくなる、
とのことです。

食事は、どんなに遅くても、脂肪の蓄積しやすい
22:00までには済ませることがポイントですよ。

まとめ

友人のダイエットのビフォーアフターと、
理にかなった説明に、感心しきりでした。

食事によって代謝が上がるなんて、全く
知りませんでした!

私の場合は、内勤なので、お昼休み
ずらすことはできません。

理想としては、以下のような食事時間
なりそうです。

  1. 6:00
  2. 9:00
  3. 12:00
  4. 15:00
  5. 19:00

お昼前後の2食分は、素早く補給できるような
食品を活用したいと考えています。

さすがに堂々と食べられませんから、
栄養調整食品をコッソリってところですかね。

他の3食分のカロリーにも気を付けて、
1日5食ダイエットを実行してみようと
思っています♪


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ