スポンサードリンク

鉛筆の濃さって何種類あるの?デッサンにはどれを選べばいいの?

先日の私の二十歳の誕生日に、親友のA子が
とっても素敵な、メッセージカードを
贈ってくれたんです。

それは、モノクロで描かれた
私の肖像画

私「ワー、すご~い。
  これってもしかして、A子が
  描いてくれたの?

  一体何を使ったら、こんな風に
  描けるの?」

A「へへっ、実はそれ鉛筆
  描いているんだよ。」

私「え~!?マジで?
  鉛筆って、小学校で使っていたアレ?」

bunbougu_enpitsu-141x300

皆さんは、美術館などで
「これって、どう見ても写真だろ!」的な

リアルな鉛筆デッサン
見たことは、ありませんか?

鉛筆と紙だけで、まるで写真のように
精密な表現が、できるなんて、
素晴らしいですよね。

私「A子がこんな、才能を持っている
  なんて全然知らなかったよ!

  本当に鉛筆だけで、こんなに細かい線が
  描けるの?

  やっぱ、チョー細かいところとかは、
  シャープペンシルとかを、
  使ってるんじゃないの?」  (*¬з¬);ホントナノ?

A「確かにシャーペンだと、芯が細いから
  細かい作業が、しやすそうだよね。

  だけど、鉛筆って削り方ひとつ
  細い線から、太い線まで
  あらゆる種類の線が、作り出せるのよ。

  しかもシャーペンだと、ある程度の範囲を
  塗りつぶすのって、結構大変だけど、

  鉛筆だと寝かせて、芯の側面部を使えば
  塗りつぶしも容易なうえ、濃淡や
  様々な塗り方の表情も、つけやすいの。」

私「へーっ!
  鉛筆って、意外と出来るヤツじゃない!

  何だか私もデッサンに、チャレンジしたく
  なっちゃったな。

  確か、小学校で使ってたHBの鉛筆が
  まだ残っていたはず。
  ね~、この鉛筆でも大丈夫かしら?」

A「や~、さすがにHBの鉛筆一本じゃ、
  デッサンは苦しいな。

  ねぇ、M美(私のこと)は、鉛筆って
  一体何種類あるか、知ってる?」


スポンサードリンク



鉛筆の種類は?

私「種類って、鉛筆の濃さのこと?
  え~と、2H、H、HB、B、2Bくらいかな?」

A「実はね、鉛筆の芯の種類って、
  17種類も、あるんだよ。

  ただし、これは濃淡じゃなくって
  芯の硬さの種類を、表しているの。

  軟らかい方から順に言うと、
  6B・5B・4B・ 3B・2B・B・HB・F・H・2H・3H・
  4H・5H・ 6H・ 7H・ 8H・9Hね。

  但しこれは、JIS規格による分類で、
  驚くことに、三菱鉛筆の
  『ハイユニ アートセット』では

  10H~10Bまでの、全22硬度があって、
  これは世界最多の、硬度幅って
  言われているのよ。」

私「世界最多!? ヽ(*゚O゚)ノ マジスゲー!
  ところで、HとかBってどういう意味?」

A「それは硬度記号って、呼ばれていて、
  HはHARD(ハード:かたい)、
  BはBLACK(ブラック:黒い)の略字で、

  Hの数字が多いほど、薄く硬い芯を示し、
  反対にBの数字が多いほど、
  濃く柔らかい芯を、示しているの。

  FはFIRM(ファーム:しっかりした)
  という意味で、HとHBの中間の
  濃さと硬さを持った、芯なのよ。」

私「ふ~ん。
  でもどうして、硬いと薄くて、
  柔らかいと濃いの?

  硬い芯でも、力いっぱい書けば
  濃くなるんじゃないの?」

鉛筆の芯の濃さの決め方

A「M美は鉛筆の芯って、
  どうやって作るのか、知ってる?」

私「ううん。

  だけど鉛筆って、いうくらいだから、
  の粉末かなんかが、使われて
  いるんだよね?」

A「あぁ~、そりゃ誤解だよ。
  鉛筆の芯の材料は、鉛じゃなくって、
  黒鉛(こくえん)なの。

  ちょっと紛らわしい名前だけど、
  黒鉛は、鉛じゃなくって炭素なの。

  鉛筆の芯は、この黒鉛の粉と
  粘土を混ぜて、焼き固めて作るの。

  黒鉛の割合が多ければ、濃くなるんだけど
  同時に粘土が、少なくなるから
  柔らかくなるし、

  逆に硬い芯は、粘土が多くなるから
  薄くなるというわけ。

  だから、黒鉛の少ない硬い芯で
  いくら力いっぱい描いたって、

  黒鉛の多い芯と、同じ濃さには
  ならないのよ。」

私「なるほど、つまり
  『H=硬い=薄い、B=柔らかい=濃い』
  ってことなんだね。

  となると、鉛筆って色んなメーカから
  出てるけど、粘土と黒鉛の割合で
  硬さが決まるんなら、

  どこのメーカのものでも、
  濃さは一緒って、ことだよね?」

A「う~ん、それがそうじゃないんだな。

  JIS規格で、鉛筆の芯の濃さの決め方って
  いうのは、HBの芯を基準として、

  規定の温度・湿度の条件下で
  指定の削り方で削った芯を、
  専用の機械にセットし

  指定の用紙に、渦巻き模様を描き、
  それを分光測光器で調べて、光の反射率が
  一定の範囲内に収まっていたら、

  その芯を、HBと呼んでいいことになっているの。
  しかも、HB以外って濃さの基準はないの。」

私「えっ!?
  濃さの基準が、ないってどういうこと?」(ー△ー;)エッ、 マジ?!

A「実はね、濃さじゃなくって、
  曲げた時の強さが、決められているの。

  だけど、これって9段階しかないんだよね。
  結局、同じ硬度記号でも実際の濃さは
  メーカーによって、微妙に違ってるんだよね~。

  そういうことだから、デッサン仲間でも、
  鉛筆のメーカーに、こだわりを持っている人も
  結構多いのよね。」

私「まっ!
  鉛筆のブランドにまで、こだわるなんて、
  なんか格好イイんじゃないの。(*´∀`*)キュン!

  益々、やってみたくなってきた~。
  ね、デッサンを始めるには、
  どの濃さの鉛筆を、選べばいいの?」

bijutsu_sketch-256x300

鉛筆の硬さと用途

A「一般的に言えば、Hっていうのは、
  硬いから、消えたりにじんだりしにくいうえ、

  薄くて細かいラインが描けるから、
  製図用に、使われることが多いの。

  2H~6Hの鉛筆は、建築物などの一般の製図用に、
  機械なんかの、精密製図用になると
  7H~8Hが向いているの。」

私「Hが製図用ってことは、柔らかいBが
  デッサン向けって、ことかな?」

A「ピンポ~ン!
  絵を描くときには、主に3B~6Bの鉛筆を
  使うことが多いの。

  芯の軟らかい鉛筆だと、紙を傷つけないし、
  濃淡のニュアンスも、つけやすいの。

  だからって、Hなんかの薄い鉛筆だって
  使わない、わけじゃないのよ。

  私は6B~4Hを、色や質感によって
  使い分けているわよ。

  表現の幅を、拡げるためには
  鉛筆の硬度の使い分けも、重要なのよ。」

私「へ~っ、そうなんだ!
  一体どういう風に、鉛筆を使い分けたら
  上手に絵が描けるの?。」

デッサンでの鉛筆の効果的な使い分け

A「それじゃ~、人物を描く場合
  鉛筆の濃さの使い分けを、

  私がどんな風に、やっているかを
  説明してみるわね。」

デッサンの描き始め

A「デッサンでは初めに『アタリ』といって、
  おおまかな形が解るような、下書きを描いたり、
  ポイントに印をつけたりを、するんだけど、

  これは結構修正が入るから、紙を傷つけず
  消しゴム、ねりけしなどで消しやすい
  濃さの鉛筆を選ぶべきね。

  ここで固いHBや、それ以下の鉛筆を使うと
  紙の表面がへこんだりして、

  後から使う鉛筆が、のりにくくなるから、
  避けたほうがいいわね。

  但し、濃すぎる鉛筆も、
  紙を汚す原因にもなるから、注意が必要よ。
  一般的には、3B~4Bを使うことが多いわね。

  次に、実際に人物を描く場合
  こんな風に、使い分けているわよ。」

人物を描く場合

・太く濃い線(強調部)

 例:輪郭の稜線、目の黒い部分、
   髪の毛の流れなどの強調したい部分、
   男性の顔の陰影など

 鉛筆:4B以上の、柔らかく濃い色

・細くはっきりした線(主線)

 例:輪郭、まつ毛の一本一本、
   髪の毛などの細部、
   女性の顔の陰影など

 鉛筆:HB~2Bくらい

・薄い色の面

 例:顔や髪の毛の明るい部分に
   色付けする時など

 鉛筆:2H以下の固い鉛筆で、鉛筆を寝かせて塗る

A「但しこれは、あくまで一例よ。
  人物以外のものを、描く場合では、
  例えば

  人工物のない風景なんかだったら、2B~6B
  コップなんかの、硬質感があってしかも
  反射もあるようなものだったら、6H~4B

  とかモチーフによっても、使う鉛筆の濃さって
  変わってくるの。

  初めて描く場合なら、まずは、3B・2B・HB・H
  くらいを揃えておけば、十分じゃないかな。」

おわりに

鉛筆って、小学校のとき以来
ご無沙汰していましたが、知れば知るほど
奥が深いものですね。

鉛筆と紙だけで、人間から風景まで
様々なものが描写できるって、本当に驚きです。

A子にデッサンの入門書を、貸してもらう
約束をしたので、早速明日文房具売り場に
鉛筆を買いにいって、みようと思います。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ