スポンサードリンク

運動神経が悪い!それでもバレーが上達する3つの方法!

私は高校で、バレー部に入っています。
しかし、元々運動神経が良いほうではなく、
なかなかバレーが上達しません。

身長は高いので、バレー向きだと思うのですが、
瞬発力やジャンプ力が、他の部員に負けています。

130871-217x300

今は一応レギュラーなのですが、
最近入ってきた後輩が、ぐんぐん上達していて、
今にもレギュラーの座を奪われそうです。

運動神経が悪いとはいえ、一応先輩です。
後輩にすんなりと、
レギュラーの座を、明け渡したくはありません!

運動神経が悪い人が、バレーを上達するには、
どんな練習をすればいいのでしょうか?
上達法について、調べてみることにしました。


スポンサードリンク



運動神経が悪い人のバレー上達法

運動神経が悪くても、バレーを上達する方法は
あると思い、部活のコーチに聞いて、
自分でも本やネットで、調べてみました。

その中で、私がいいと思った、
運動神経が悪い人のバレー上達法を、
3つご紹介します!

練習ノートをつける

毎日何を練習したかや、今後の目標を、
練習ノートに記録しておく方法です。

練習や試合で、上手くいかなかったことや、
失敗したことなどを、ポイントとして
まとめておくだけで、役立ちます。

また、効果があった練習法なども、
記録として残しておけば、
いつでも確認することができます。

ノートにメモするだけなので、
自宅での勉強の合間とか、学校の休み時間など、
空き時間を使って、続けることができます。

バレーに対する、意識の向上や、
モチベーションアップにも、効果的です。

自主練をする

運動神経を少しでもよくするために、
自主練をするようにしましょう。

家で自主的に筋トレをするなど、
筋力アップに取り組めば、
ジャンプ力の向上が、期待できます。

通学途中の電車の中で足を床につけないように
してみたり、教室への移動中に、足や腕を大げさに
動かすだけでも、効果はあります。

また、瞬発力反射神経を高めるためには、
全力でのジャンプやスタートダッシュが、
有効なトレーニング方法です。

自分に足りない能力を分析し、
それを高めるような、自主練に取り組みましょう。

イメトレをする

試合では特に、運動神経だけでなく、
戦略を練り、頭も使うことが求められます。

「相手チームがこういうフォーメーションなら、
ここにスパイクを打って攻めよう」

「連続でスパイクを打った後に
前にフェイントとして落としてみよう」

など、試合での攻め方
具体的にシミュレーションをするなど、
イメージトレーニングをすることは、大切です。

プロの選手の試合を、たくさん見て学ぶのも、
戦い方を知る上で、勉強になるのでオススメです。

通学途中に自分の好きなプレーを思い浮かべたり、
学校の休み時間に、バレー雑誌を見るなどして、
バレーと関わる時間を、増やしてみましょう。

130873-300x273

まとめ

いかがでしたか?運動神経が悪い人が、
バレーを上達する方法について、まとめました。

色々と調べてみた結果、
私は、練習ノートをつけるようにしました。

毎日練習しなければという気持ちになりますし、
自分の進歩もわかるので、やる気になります。

私は、バレーが大好きなので、
練習ノートをつけたり、自主練で鍛えたり、
具体的に戦い方をイメージするなどして、

運動神経が悪い所を、
他で挽回できるように、頑張ろうと思います!

運動神経が悪くて、バレーを上達したい人は、
ご紹介した内容を、参考にしてみてくださいね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ