スポンサードリンク

資格の難易度ランキング!理系大学生におすすめはこれ!

大学生の皆さん。
4年間という大学生活ですが
月日が過ぎるのはあっという間で

あ!もう3年生の後半だ!
  いよいよ就活がはじまる!
」という
時期の方もいらっしゃるのでは?

実際に、私の妹も現在大学4年生で
理系の学部で就活中なわけですが…

今になって、何か資格取っとけば!と
嘆いています。

group-1034160_960_720-225x300

なので、今回はその中でも
理系の大学生におすすめな資格

そして難易度のランキング
ご紹介したいと思います。

社会人になってからも
必要な理系資格は

研究や開発、技術・設計
生産・製造、エンジニア、技術営業
金融系など、その職業は幅広くあります。

自分が将来どんな仕事に携わりたいのか
重点的にチェックしていきましょう!



スポンサードリンク





資格の難易度ランキング!

就職をする際に求められていること
それは「高い専門性」であり、

理系の職種に就く社会人も
スキルアップや社会からの促しで
資格を取る人は増えてきています。

大企業でも、もちろん
即戦力が求められます。
それではチェックしていきましょう!

弁理士

難易度★★★★★

試験内容
一次:短式試験 二次:論文試験
三次:口述試験

弁理士とは
知的財産権のプロフェッショナルに
なるための資格です。

知的財産立国を実現するために
これから弁理士が大きな役割を
担うことになるので

弁理士の資格の価値は高まっていく
であろうことは間違いありません。

難関資格ということもあり、
取得をすれば就職に困ることは
ないとされている程です。

過去の試験から合格率は(平成27年度)
わずか6%程度で1回で
合格することは、なかなか難しいようです。

情報セキュリティスペシャリスト

難易度★★★★☆

試験内容
午前試験Ⅰ・Ⅱ 多肢選択式
午後試験Ⅰ・Ⅱ 記述式

基準点は60点です。
午前試験のⅠが基準点に達しない場合

午前試験Ⅱ、午後試験Ⅰ・Ⅱの
採点は行われず不合格となってしまいます。

情報漏えいなど、社会問題となっている
現在では、高度なIT技術や
知識を持っている人
は企業として

とても欲しい人材です。
情報セキュリティスペシャリストを
所得することにより

情報セキュリティの高度な知識を
習得していることを証明できます。

過去の試験からの合格率は(27年度春期)
14.5%です。

建築士(二級)

難易度★★★☆☆

試験内容
筆記試験
学科試験(4科目)+設計製図

建築士は主に建設物の設計
および工事の監理を行います。

建築士には
一級建築士(難易度★★★★☆)

二級建築士(難易度★★★☆☆)
木造建築士(難易度★★★☆☆)

の三種類があります。

最難関の一級建築士は、
延べ面積500m²を超える

学校や病院などの大型建造物など
あらゆる建築物の設計と
工事監理が可能になります。

二級建築士はそれ以下で
木造建築士は木造の建物のみです。

一級建築士は、実務経験も
必要なので、大学在学中には
所得はできません。

合格率はそれぞれ(平成27年度)

一級建築士 12.4%
二級建築士 21.5%
木造建築物 27.5% となります。

TOEIC

難易度★★★☆☆

試験内容
リスニングセッション
放送される会話やナビゲーションなどを
聞いて、問題に答える。(45分間)

リーディングセッション
プリントされた問題を読んで
問題に答える。(75分間)

TOEICは、英語を母語としない者を
対象とし、英語のコミュニケーション能力を
検定するための試験です。

個人別のスコア制であるため、
「合格・不合格」の概念はなく

しかし高得点を取るためには
かなりの英語力が必要です。

    コミュニケーションレベル
  • レベルA(860点以上)
  • Non-nativeとして
    十分なコミュニケーションができる

  • レベルB(730点以上)
  • どんな状況でも適切な
    コミュニケーションができる

  • レベルC(470点以上)
  • 日常生活のニーズを満たしており
    限定された範囲内では業務上の
    コミュニケーションができる

  • レベルD(220点以上)
  • 通常会話で最低限の
    コミュニケーションができる

  • レベルE(220点未満)
  • コミュニケーションができるまで至っていない
700点以上を取れば
就職する際に英語力があることを
アピール出来る
と思います。

グローバル化が進んでいる現代では
必要な資格の代表格ともいえるでしょう。

理系大学生と資格所得

理系大学生の取得を目指す資格は
弁理士がダントツで人気だそうです。

理系の方が、目指す資格は
なかなか難しいものばかりです。

弁理士の試験に合格している人を
みてみると、最低3000時間程度
勉強が必要です。

特許法や意匠法、商標法などは
法律でも特別法といわれている部類で

難解なので理解するにも
かなりの時間がかかります。

しかし合格者の数は年々増えているので
ぜひ挑戦してみてくださいね。

business-1137363_960_720-300x194

また、情報処理の資格
大学の時期に所得をしておくのは
おすすめです。

IT企業が発展しつつある
今の日本において人気であり
注目されているからです


さいごに

3000とある資格の中から
今回は4つのおすすめ資格

そしてその難易度について
ご説明させていただきました。

まだまだ学生のうちは
自分はなにがしたいのだろう?
と明確なものはなく

ぼんやりとして
「とりあえず資格取っておくか…」
という風になる前に

将来、自分がなにを職とし
生活をしていくのかを


まずは深く考えてみることから
はじめてみたらいかがでしょうか?

少しでも参考になりましたら
光栄です。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ