スポンサードリンク

賃貸マンションの最上階は暑いのか?その原因とは!

この春、賃貸マンション
引っ越すことにした友人から、
こんなことを、聞かれました。

3階最上階の10階の
どちらにしようか、迷ってるんだけど、
意見を聞かせてくれないか?」

私は以前、10階建ての6階に
住んでいたことがあったからです。

最上階は暑いって聞いたんだけど……」

a42c34c31fdf5617a3fe500a87bdf0da_s-300x200

私が住んでいたのは、大通りに面した6階でしたが、
確かに、夏は暑かった記憶があります。
でも、もっと上なら違うかもしれないと思って、

「じゃあ、一緒に調べてみよう」
と、いうことになりました。


スポンサードリンク



最上階は、本当に暑いの?

ある不動産会社のHPを見ると、

「屋上や天井からの熱で夏は非常に暑くなります
冷暖房効率が悪くて、室内を閉め切る
とサウナ状態になることもあります。」

と、ありました。
他にも、あちこちの質問サイトに
同じような質問があって、どこも同じでした。

e951d0b04aa77da2c124dc7ba7454510_s-300x198

確かに、10階建ての6階でも、
夏場は、朝、汗びっしょりで目覚めることも多く、
顔が溶けてるんじゃないか、と思ったほどでした。

「上の方が、家賃は高めだし、
なぜ、住んでいる人がいるんだろう?
眺めがいいからかな…」

と、つぶやいた友人と、
もう少し、詳しく調べてみよう
と、いうことになりました。

そもそも何故暑いのか?

調べてみると、一般的に、マンション最上階は、
天井の上にコンクリートがあるわけです。

さらに、その上に厚さ5センチ断熱材を貼って
外断熱をして、アスファルトで防水加工をしているのです。

真夏の日中は、近年は特に、猛暑続きなので、
5センチの断熱材では、防ぎきれなくて
最上階は、どうしても暑くなるのだそうです。

になると、コンクリートが蓄えた熱を放出して、
ベランダや壁から熱気が押し寄せます。

さらに天井は、その上の断熱材でふさがれているので、
室内に熱を放出するのです。
まさに四方八方からの、熱波攻撃を受けるわけです。

f17acfaaf96f03c7287216e1974bd742_s-300x200

また、古いマンションの場合は、外断熱じゃない場合(内断熱)も、
多々あります。

外断熱とは、外壁仕上げ材のすぐ裏に、
断熱材を張り、外の熱を中に伝えにくく
する方法のことです。

一方、内断熱とは、壁などの内側に
断熱材を張る方法です。

外断熱の方が、建物全体を断熱材で包むので、
費用は高いけれど、防湿性が高く
断熱効果も高くなります。

内断熱になっている場合は、コストが割安ですが、
結露がおきたり、断熱効果が低いので、
かなり暑くなります。

最上階の良い所と悪い所は?

最上階の、良い所と悪い所を
詳しく解説しているサイトを、いくつかみつけました。

1.最上階の良い所

1)騒音が少ない。
 上の階からの足音や物音などが聞こえない。
 階段からの音や外の会話が響きにくい。
 地上での車やバイクの音も響きにくい。
 ※マンション内で最も騒音が少ない。
2)日当たりや風通しに優れている。
 低層階よりも風通しがよい。
 低層階より、日照時間が長い。
3)虫がいない。
 窓を開けても、蚊が入ってこない。
 その他、ハエやゴキブリもほとんど見られない。
4)眺めが良い。
 最上階は開放感があり、夜景も美しい。
 空が近く感じらて、晴れた日は気持ちがいい。
5)冬は暖かい。
 床は下の階からの暖房熱が昇ってくる。
 日中の太陽熱が残っていて、天井も暖かい。
6)人目を気にしなくていい。
 ベランダに洗濯物を、安心して干せる。
7)バーベキューなど、
 煙が出ても、上の階を気にしなくていい。

8)最上階だけ、天井が高めの物件もある。

また、屋上が庭園などに緑化されていると、
最上階でも、異常に暑くはならないそうです。

ただし、周囲にそれより高いビルがあると、
条件も変わってくる場合も、あります。

593f023e2221ae7ac65063c088ad3d93_s-300x200

2.最上階の悪い所

1)夏は非常に暑い。
 夏場は多量の紫外線に晒される。
2)冬、寒い場合もある。
 一番風が強い階なので、
  洗濯物が飛ばされることもある。
3)騒音がする場合もある。
 窓を開けていると、遠くの音が入ってくる。
 下の階の音が入ってくる所もある。
 風雨の叩きつける音がうるさい場合もある。
 屋上にエアコンの室外機がある所では、
  その騒音が入ってくる場合もある。
4)エレベーターの乗車時間が一番長い。
 不審者と2人きりになると危険。
 災害時、非難が大変。
 停電などのとき、上り下りが大変。
5)泥棒に入られやすい。
 低層階と違って人目がない。
 屋上から伝って忍び込みやすい。
6)ほかの階より家賃が高め。
7)思ったほど空気が新鮮でないことがある。
 地上の排気が昇ってきて、
  高層の部屋あたりに漂う。

確かに、以前6階に引っ越した直後、
初めてアレルギー性鼻炎が発症したっけ。

建築家の友人が、
地上の排気は、6~10階あたりで
漂っているんだよ」と、言ってた。

中層階では、洗濯物を干すと
私の場合、すぐに真っ黒になって、
結局、乾燥機を買うことになった。

結局、どうしましょ?

立地条件にもよるでしょう。
周囲に、より高い建物があるのかとか、
繁華街が近いのかとか…です。

繁華街が近いと、ネオンサインが
ちかちかするということもあるようです。

防犯対策が、なされているかどうかも、
考慮に入れるポイントですね。

災害対策についても、です。

低層階なら、ゴミ出しや
ベビーカーなどで下りるのが
楽です。

人目があるので、空き巣の
心配も上よりも少なくなります。
災害時の脱出も楽です。

建物内の諸条件や、立地条件を、
また、家族構成個人的希望で、
考えるのがよいでしょう。

5d2c2c381cabb0094a3c403f0b80aad9_s-300x200

ま、住み心地が悪いなぁと思ったら、
いずれ引っ越してしまうのも、アリでしょう。
賃貸ですから…(^_^)


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ