スポンサードリンク

老後資金!平均貯蓄額はいくら?そんなに必要なの?

今、とっても気になる事があります。
それは、老後のための資金

huuhu-300x200

20代で結婚し、子育てしながら一生懸命働き、
気付けば、もう40代になってしまいました。

住宅ローンも、まだかなり残ってるし、子供達の
教育費だって、これからが本番。

貯金もほとんどできない状態で、迎える老後
不安は尽きません・・・。

世間の人は、どれぐらいの貯蓄を準備して
いるのでしょう?

老後のための平均的な貯蓄額について
不安解消すべく、しっかり調べてみましたよ!


スポンサードリンク





平均的な貯蓄額はどれぐらい?


退職や年金支給を迎える60代貯蓄額とは、
どれぐらいのものなのでしょう?

実際に、世間の老後を迎える年代の貯蓄額を
調査したところ、こんな結果が。

世帯主が60歳以上の世帯の平均貯蓄額は、
2,384万円

総務省「平成25年家計調査報告」より


しかし、平均貯蓄額とは、多額の貯蓄額の方に
引っ張られる傾向があります。

よりリアルな貯蓄額として、考えられる金額は、
データーの真ん中に位置する数字を意味する、
「中央値」を参考にします。

では、中央値だと、いくらになるのでしょう?

中央値から見る、世間一般的な貯蓄額とは、
1,578万円となります。

私自身、テレビなどの情報で、聞いたことのある
定年前に準備しておきたい貯蓄額よりは、少ない
ような気がします。

自分の見聞きした情報と、世間の実態に差があり、
増々不安が募ってきます・・・。

実際、老後には、どれぐらいの生活費がかかる
ものなのか、はっきりしておきたいですよね。

老後の生活費の実態とは?


私達が、年金暮らしになった時、実際には
生活費はいくらぐらいかかるものなのでしょう?

実際の老後の生活をしている世帯の、生活費に
ついての調査によると、

65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯の
1カ月の支出は約27万円!

総務省「平成25年家計調査(家計収支)」より


その内訳は、実収入の約21.5万円から支出され、
不足分約5.5万円は、貯蓄から持ち出しに。

また、世帯主が、年金受給前の60歳の場合だと
支出が約23万円に対し、実収入約18万円、
不足分は、約5万円となります。

定年後、年金だけの収入では、足りない生活費。
毎月、赤字になるのが、現実なんですね。

現実は、厳しいものだと実感しますね。

老後の収入不足分を補うために!


60歳からの生活費は、どれだけの期間、必要に
なるのでしょう?

女性の平均寿命は、88.5歳と言われています。
60歳からの28.5年間、結構長いものですよね。

前出の、60歳以上の女性のいる世帯の生活費
不足分5.5万円を基準に、考えてみましょう。

5.5万円×12ヶ月: 1年間で66万円の不足
66万円×28.5年: 1,881万円の不足!

実際に不足になる分を、前もって準備しておけば
老後の生活費の心配も、少なくなります。

60歳を迎える前に、約1,880万円の貯蓄を目標
しておくとよいと、考えられますね。

こうやって、具体的に貯蓄すべき金額がわかれば
これから60歳までの、20年弱の生活にも目標
立てられますね。

私の場合、既にもう40代ですが、少ないながら
夫婦の確定年金や、積み立てを続けています。

今ある貯蓄の不足分を、計画的に埋めていく事で
未来の生活の安心に、つながっていきますね。

まとめ


世間一般的な、老後用の貯蓄額、1,578万円
対し、実際の支出額は1,880万円となりました。

その差額302万円

この結果から、実際に貯められる金額より、
300万円ほどは多くかかるのかもしれない、

そのように考えておくと、もう少し節約して
貯金にまわそうかな、と配慮もできますね♪

150305c

この300万という金額、30歳からの30年間を、
もう一息の努力をし、後1万円ずつを貯金に
まわす事で、解決します!

実態がわかると、こんなにもスッキリするもの
なのですね!

これからの目標も定まったので、老後の生活も
悲観的に考えなくて済みそうです。

明るい老後のために、頑張りましょう♪


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ