スポンサードリンク

義理の実家への帰省!頻度はどのくらい?

友人(女性、結婚して3年)から相談を受けました。

義理の実家への帰省は、
 どんな頻度で行ってる?」と。

これって、実は、けっこう悩ましい内容になりますよね。

  • 義理の実家との、関係性はどうなのか?
  • 孫は、いるのか、いないのか?
  • 距離は、どのくらいなのか?
などなど…

a0002_003210-300x198

血の繋がらない家族の、
デリケートな問題を含んでいるため、
なかなか、型通りの回答は見つかりません。

そこで今回は、友人への回答になればと想い、
私の実情と感想をご紹介したいと思います。


スポンサードリンク





孫はいつ見てもかわいいものか?


じぃじとばぁばにとって、
は、確かにかわいいものです。

だからといって、1日中
その孫の相手を、できるものでしょうか。

年齢をかさねた両親にとっては、体力的に言って、
最大でも、2時間が限度だと思います。
(当家の場合)

それ以上が経過すると、
「かわいい孫とのふれあい」が
苦痛の子守労働」にしかなりません。

そうすると、
その苦痛の労働ストレスから、周囲の雰囲気が
一気に、ダークに転じます。

これはお互いのためになりません。
孫とのふれあいは、「孫はかわいいなぁ」と
思える程度に、とどめておくのが賢明です。

boy-373441_640-222x300

距離はどのくらい?


距離的に近い場合は、
「いつでも会えますから~」と気軽に断ったり、
気軽に何かを届けたりもできそうですが、

私の場合は、新幹線を乗り継いで片道7時間かかりますので、
がんばっても、年に1回行ければいい方ですね。

加えて、交通費も結構バカにならないので、
できれば、その交通費があれば、
別の有意義なことに使いたいなぁと思ってしまうのです。

薄情と思われるかもしれませんが、
そんなものかもしれません。

ちなみに、別の友人は、
同じ県内に義理の実家があるので、
3、4か月に1回くらい顔を出すようです。

近い場合は、「家族全員を揃えなくてもいい
というのが気軽ですよね。
「夫と孫だけ」、「本人と孫だけ」、とか。

でもやっぱり、
夫が結構めんどくさがる」場合が
多いようです。


夫の意向は?


世間的には「帰省はするべきだ」と考えている方も
いるかもしれませんが、

幸いうちの夫は、
極力、実家に帰りたくない」精神の持ち主でした。
おかげで、交通費がかからずに助かります。

帰省についてどうすべきかと思い悩む前に
夫に一度、ハッキリ意向を確認してみるのも大切です。

意外と、想像と違う回答が来ることもありますよ。


それらを踏まえて


子どもがいない

夫自身が「極力実家に帰りたくない」とはいっても、
独身の頃から正月だけ帰省をしていたので、

その流れで、
夫本人だけが、年末年始の帰省をしていました。
1泊2日の実家泊

子どもが小さい

その頃も、夫だけ帰省していました。
私自身が、子どもの世話に手いっぱいなのと、
義理の実家にも、迷惑がかかるからという理由です。

七五三、保育園に入園小学校の入学などの
区切りになる頃には、帰省をして、
孫の顔を見せるくらいはしていました。

子供が学校に上がる頃

段々と学校の行事や部活で忙しくなってくるため、
フェードアウトする予定です。(今ここ)

その際、初帰省の頃から、宿泊は近くのホテルにして、
家族そろった帰省は、実家に泊まるもの」と、
印象付けられないようにしています。

もともと義理の実家も、部屋がたくさんある訳でもないので、
いきなり布団食事の支度などで、
これまたお互いに気を遣うことになるからです。

義理の実家との付き合いというのは、
そこそこ長い時間のかかる付き合いになるはずです。

お互いに、続けることが、辛くならないよう、
気遣っていけるようにしたいものです。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ