スポンサードリンク

給料の手取りの平均♪20代ならどれくらい?その中身は?

20代の平均的な、給料って手取りで、
 幾らくらいなんだろう?」
と昨日、姪が聞いてきました。

姪は、東京の大学を卒業後、
地元に戻って就職し、
今年で、就職3年目になります。

私「お給料が、どうかしたの?」

姪によると、先日久しぶりに
地元に帰ってきた、大学の同級生と会って
お茶しているときに、給料の話になったそう。

姪「はっきりとした金額は、分からなかったけど、
  どうもお友達の、月の手取りは、
  20万円を超えている、みたいなの。

  実は私の月給は、手取りで、
  17万円くらいなんだ。

  何となく恥ずかしくなって、
  ちゃんと金額を、聞くことが
  出来なかったんだけど、

  私の給料って、そんなに安いのかな?

shock_woman2-267x300

  みんなの平均的な、手取り額って
  一体どれくらい、なんだろうって
  気になって…。」

会社員なら誰しも、給料の額は
気になるところでは、ないでしょうか?

みんなはお給料、どれくらい
貰っているのかっていうのは、

とても気になるところですが…
友達には、聞き辛いものですよね。

私が20代の、始めの頃の手取りは、
大体20万円そこそこ、
だったような、気もしますが、

何しろ記憶が、定かでは
ありません。

最近の、20代の若者達の給料は
手取りで一体、どれくらい
なるのでしょう?

早速、経理のAさんに
聞いてみることに、しました。


スポンサードリンク





20代の平均的手取り額

A「ウチの会社の、20代の手取り額の平均?
  う~ん。平均って言われても、
  急には、計算できないけど、

  例えば、厚生労働省
  「平成25年賃金構造基本統計調査(全国)」
  によると
 

20代の月額平均賃金は
  年齢    男女計  男性   女性 (単位:千円)
  20~24歳  195.8  200.7  190.4
  25~29歳  228.1  236.5  215.2

  ということらしいわよ。

  つまり、男女の平均の月額賃金は
  大まかに言えば、

  (195.8+228.1)÷2=211.95(千円)
  ということよね。

  実際の手取額は、ここから
  健康保険、厚生年金保険、雇用保険
  などの保険料と、

  所得税や、住民税等の税額
  引いたものになるわね。

  企業や個人の事情によって
  金額が異なるから、
  一概には、言えないけど、

  一般的な状況であれば、
  給与の2割程度が、天引きされると
  考えられるから、

  結局、手取りは給与の
  8割くらいに、なるわね。

  約21万2千円の月給だと、手取りは
  約17万円程度に、なるんじゃ
  ないかな。」

money_kyuryou_bukuro-284x300

どうやら、姪の手取り額は
ほぼ平均的な、金額なようです。

が、何だか思ったより少ないな~
という印象を受けました。

私「姪のお友達は、手取りで20万を
  超えている、らしいんだけど、
  これって結構、多いほうよね。」

A「そうでしょうね。

  『マイナビウーマン』の
  22歳~34歳の働く女性へのアンケート
  によると、

Q.あなたの月収(手取り)を教えてください。

10万円未満       5.3%
10万円以上15万円未満 13.4%
15万円以上20万円未満 44.3%
20万円以上25万円未満 25.0%
25万円以上30万円未満  7.7%
30万円以上       4.3%

  『15万円以上20万円未満』が、
  一番割合が、多い訳だから、

  20万を、超えているって言うのは
  多いほうに、なるでしょうね。

  ただね、手取りと言っても
  その内容は、人によって違うから
  一概に比べるのは、どうかな。

  もしかすると、姪御さんと、
  お友達は、基本給でいえば、
  そう変わらない、可能性もあるわよ。」

私「それって、どういうこと?」

手取りの中身

A「まず基本給以外で、手取り金額を
  増やすものを、考えてみるわね。」

手取りを増やすもの

A「給与明細をキチンと、見たことがある?

  給与明細の『総支給額』や、
  『支給合計』という欄に
  書かれている金額が、あるわよね?

  これは基本給に、残業手当・通勤手当・
  役職手当・資格手当・住宅補助・
  家族手当・出張旅費等の

  各種手当を、合計したもので、
  『額面金額』と、呼ばれている
  ものなの。

  月収とか、年収っていうのは、
  実はこの、額面金額のことを
  言っているの。

  実際に私たちの口座に、
  振り込まれる、お給料は、
  この額面金額から、

  『控除欄』に書かれた、
  健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険
  などの、社会保険料

  所得税・住民税などの税金

  その他に、会社によっては、
  労働組合費や、福利厚生費などを
  差し引いた『差し引き支給額』。

  これを一般的に、『手取り金額』って
  呼んでいるのよ。

  手当は会社によって、項目も金額も
  大きく異なるから、案外手取り金額が
  多く見える、場合もあるわよ。

  さっき厚生労働省の調査で、20代の手取りが
  約17万円程度って、言ったとき、
  意外と少ないって、感じなかった?

  実はこの金額は、所定内給与
  集計したものなの。

  つまり、『きまって支給される給与』から、
  時間外手当などを、差し引いた金額なの。

  実際の手取りは、もう少し
  多くなるんじゃ、ないかしらね。」

私「ああ、つまり姪のお友達も
  残業が多かったり、住宅手当が
  出ていたりして

  手取りが多く、なっている可能性が、
  あるって言うことね。」

A「そういうこと。
  それから、手取り金額が減っちゃうけど、
  自分の得になる、引かれ物もあるの。」

手取り金額が減っても得になる?

A「財形貯蓄を、していたり、
  会社の団体扱いで、生命保険などに
  加入したり、している場合、

  給与から天引きする形で、
  積立額や保険料が、支払われるの。

  これらは自分が別途、貯金や保険に入る分を
  天引きの形で、利用しているだけのこと。

  当然、これらは税金とは違って
  自分の貯蓄や、保険として残るもの。

  それ以外にも、手取り額を単純に
  比較しにくく、している問題に、

  東京と、それ以外の地域による
  賃金格差ということが、考えられるの。

  厚生労働省「平成25年賃金構造基本統計調査
  都道府県別きまって支給する現金給与額、

  所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額
  (47都道府県一覧)」は、

  年齢は全国平均で42.1歳の、
  給与所得者の、データなんだけど
  これによると、

  都道府県別の給与
  (毎月決まって支払われる現金)と
  ボーナスなどの、支給額の平均で、

  毎月の給与の、全国平均は329,600円

  一番高かったのが、東京都の409,500円
  以下、神奈川県・愛知県・大阪府・京都府と
  続いているの。

  一方、毎月の給与が一番低かったのが
  青森県で、245,700円
  何と東京都の、約6割なの。

  続いて、沖縄県・岩手県・秋田県・宮崎県と
  なっているそうよ。」

私「結局、手取り額を比べるといっても、
  中々単純には、いかないって
  いうことね。」

A「そうね。
  ただ今まで、言ってきたこと以上に、

  月給の手取り額を、比べることを
  複雑にしている、問題があるの。
  それが、ボーナスの問題なの。」

毎月の給与とボーナスのバランス

A「月給が多くても、ボーナスが
  少ない会社だと、

  月給が少なくても、ボーナスが
  多い会社より、年収が少なくなる
  場合があるの。

  例えば、
  Bさん:月給170,000円
  Cさん:月給210,000円

  どっちが、高給取りか?って言う場合、
  月給で言えば当然、Cさんな訳だけど、

  Bさん:ボーナス6ヶ月
  Cさん:ボーナス無し
  だとすると

  Bさんの年収は、3,060,000円
  Cさんの年収は、2,520,000円

  という風に、月給は少なくても
  年収で言えば

  Bさんの方が、儲けてるって
  場合だって、ある訳よね。

  実際私の友人にも、農協で働いている
  子がいるんだけど、

  いっつも、給与が安いって
  不平を、言ってるんだけど、

  確かに手取りは、安いみたいだけど、
  実は生保に、車の損保に、
  財源貯蓄まで

  天引きされているから、
  見かけ上の手取りが、
  少ないだけのこと。

  ボーナスだって、数ヶ月分貰っていて、
  年収ベースだと、全然悪い給与じゃ
  ないんだよね。

  結局、年収が分からないと
  収入の全体像は、分からないかも
  しれないわね。

  参考までに、20代の年収
  (税引き前)の平均値は

  「民間給与の実態調査」
  (国税局)平成25年分
  によると、

年齢   男性年収 女性年収  平均 (万円)
  20~24   265   226   246
  25~29   371   295   339

ということだそうよ。

ま、あんまり月の手取りだけ見て
一喜一憂する必要は、ないんじゃ
ないかな。

この不況時代、
特に引かれる金額が多い
独身の若者たちは、

みんなそう楽は、してないんじゃ
ないかと、思うわよ。」

まとめ

早速、姪に

・月給の手取りは、基本給に、
 残業手当・通勤手当などの各種手当
 足しこまれていたり、

 財形貯蓄や保険などの、天引きされる
 福利厚生などがあって、

 単純に多い少ないで、比較できないこと。

・東京都と地方では、賃金格差があること。

・ボーナスとの関係で、月給が多いからと言って
 必ずしも、年収が多いとは限らない
 ということ

などを、伝えておきました。

姪はどうも、財形貯蓄
毎月2万円も、していることを
すっかり忘れていたようです。

そのうえ、ボーナスも2.5ヶ月分出る
というのを聞いて、

「今のご時勢、それなら十分
 恵まれている方じゃないの?」と
思わずつっこみそうに、なりました。 ┐(´ー`)┌ヤレヤレ

おわりに

「平成25年分 民間給与実態統計調査」
(国税庁)によると

平成25年度の、サラリーマンの
平均年収は、414万円で、

前年度の408万円に比べ
+5.6万円の、増加となったとはいえ、

ピーク時だった、平成9年度の467万円
に比べると、60万円近く下がっている
ことになります。

こんな実態をみていると、
「他人の給料なんか、気にしている
 場合じゃないぞ。

 お給料がもらえるだけ、有り難いと
 思わなくっちゃ!」
という気に、させられます。

ま、確かに他人の手取り額って、
気になりますけどね。 (^_^;)苦笑


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ