スポンサードリンク

砂場の作り方って意外と簡単!DIYならこんなに安い!

砂場と言えば公園です。

子供たちは砂場遊びが大好きなので
公園に連れて行ってあげたいんだけど
なかなか出来ない時もありますよね。

もしも自分の家に砂場があったら
便利だと思いませんか?

家に砂場があれば、洋服が汚れても
すぐに着替えることができますし

子供が夕方遅くまで遊んでいても
自分の家なら心配ないですから。

sandpit-35536_640-300x150

そこで、今回はDIYで
低予算で自宅に砂場を作る方法
ご紹介します!


スポンサードリンク





場所の選び方


今回ご紹介する砂場の大きさは
約1mの正方形の砂場です。

大きさは自由に変更できますが
ある程度の面積がとれる場所を
選んでください。

ここで重要なことは
日当たりが良く
水はけの良い場所を選ぶことです。

雨が降った後に、日当たりが悪いと
砂場が乾かないので
子供たちが遊べなくなってしまいます。

材料選び


材料は、木枠となる木材
塗料です。

用意する道具は、シャベル
ドリルビスです。

ビスがなければでも大丈夫です。

木材

SPF材(防腐剤注入済みのもの) 2m×2本



川砂または海砂 60リットルくらい

塗料

なるべく有害物質も含まないもの
選んでください。

ビスまたは釘

ステンレス製 75mm×8本

施工方法



  1. 木材をホームセンターで購入します。

  2. ホームセンターで木材を半分に
    カットしてもらいます。

    ホームセンターにもよりますが
    1カットは無料になったり
    自分で道具を持ち込んだ場合
    無料になったりしますので
    あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

  3. 家で木材に塗料を塗ります。

    最低でも二度塗りはした方がいいです。

    まず一回目を塗って
    放置時間に地面を掘って
    その後に二回目を塗りましょう。

  4. 大まかに地面を掘ります。

    深さは3~5cmあれば十分です。

    あまり深く掘りすぎないように
    気を付けてください。

  5. 塗料が乾いたら木枠を作ります。

  6. 木材をあてがいながら
    木枠が水平になるように削ります。

  7. 木枠を置いたら、まわりの隙間に
    掘りだした土を入れて埋めます。

  8. 砂を入れます。

    砂の量はお好みで大丈夫なので
    ホームセンターで砂袋(土嚢袋)に
    詰めてもらいましょう。

    この大きさの砂場なら
    土嚢袋3袋くらいです。

  9. まとめ


    いかがでしたか?

    砂場を作るのに
    少し時間と手間はかかるかもしれませんが
    費用は大体2000円くらいです。

    sandpit-762541_640-300x199

    子供が遊べる砂場が完成したら
    そのまわりに好きなキャラクターグッズ
    飾り付けしてみたり。

    砂場からちょっと離れたところに
    色とりどりのお花を植えてみたり。

    子供とお話をしながら
    少しずつアレンジしていって
    我が家の素敵な砂場
    していきましょう!


    スポンサードリンク


    あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ