スポンサードリンク

有給休暇で給料が減る?!一体どんな仕組みなの?

有給休暇を使って、旅行に行きたいな。」
「高熱で休みたいから、有休を使おう。」

どんな理由で休んだとしても、その日の給料分を
差し引かれないのが、有給休暇ですよね。

a0003_000589-300x200

私は、長年、小さな企業で事務全般を任されて
いるのですが、有給休暇について、こんなことを
聞かれることがあります。

「有給休暇を使った月の給料、先月よりちょっと
少ないけど、何でですか?」

有給休暇なのに、先月より給料減っているのが
納得いかない様子なんです。

有給休暇って、給料の保証があるんじゃないの?

多くの人が思っている、有給休暇と給料の疑問
バッチリ解決しますよ!


スポンサードリンク



有給休暇ってどんな制度?

有給休暇とは、労働基準法第39条で定められた
労働者の権利なんです。

与えられた有給休暇を使えば、欠勤とされず、
給料も保障されるのですね。

有給休暇は、正社員に限ったことではなく、
パートやアルバイトでも、与えられるものです。

例え、週に1回(年間48時間以上)1時間の労働でも
6ヶ月以上勤続していれば、年間1日の有給休暇が
与えられますよ。

労働日数や勤続年数によって、有給休暇の日数
変わってきますが、年を追うごとに少しずつ
増えていきます。

しかし、有給休暇をもらうには、所定労働時間の
80%以上の出勤率が条件になります。

仮に週5日出勤の人が、79%の出勤率だとしたら、
平均して、週に1日休んでいる計算になります。

そんな人は滅多にいないので、多くの人が
有給休暇を与えられていることになりますね。

従業員にとって、メリットのある有給休暇、
使わない手はない、ですよね。

しかし、多くの人が疑問を持つのが、有給休暇を
使った月の給料について。

もう少し、詳しく見ていきましょう。

有給休暇を使った時の給料とは?

有給休暇をとった場合、どのような給料の形態
なっているのでしょうか。

会社によっても、有給休暇中の給料についての
取り決めには、3つの選択肢があります。

  • 通常の出勤した場合と同等の金額

    有給休暇をとらずに、いつも通りに出勤した時と
    同じ給料、ということになります。

    パートなどでは、その日に働くはずだった時間
    時給を掛けたものになりますね。

  • 平均賃金

    有給休暇をとる月以前の、3ヶ月間の給料を
    180日で割った金額のことです。

    残業代は、月によって変化のあるものです。
    よって、平均金額にも影響が出てきます。

    ボーナスや、結婚手当などの特別なものは、
    除いた金額になりますよ。

  • 社会保険料の標準報酬日額

    この方法をとるには、会社と労働者の間での
    話し合いの上、労使協定を結ぶ必要があります。

    社会保険料の方法は、普段の給料を基準にして
    段階的に定められた「標準報酬日額」の金額を
    支払います。

この3つの方法のうちから、1つだけ選択し、
就業規則で規定する必要があります。

一般的には、通常の給与と同等の金額を
支払う会社が多いものです。

この方法だと、前月の給料の金額と、あんまり
変わりがないのですが、給料が減ってしまう
場合もありますよ!

有休をとると減給する場合とは?

「通常の給与と同等」の方法以外を採用している
場合、通常の給料通りにはいかないものです。

途中で給料が上がったとしても、健康保険料の
標準報酬日額が、すぐに反映する訳ではないです。

すると、標準報酬日額は、以前の給料の基準のまま
現状より低い日額となるのですね。

また、残業代は、月によって変動があるものです。
多い月もあれば、少ない月もある。

3ヶ月間の平均金額が、残業代によって左右される
場合も多分にありますよ。

どんな方法を採用しているかによって、金額に
違いが出ることは、従業員にとって、とっても
理解しがたいことです。

休んだ分は、有給休暇なんだから、その月の金額に
差があることは、納得がいかないんですね。

だからこそ、会社と従業員の間で、給料について
取り決めや説明をしておくことが必要なんです。

従業員側も、給料について受け身にならない!

大事な給料のことを、確認をしていくことで、
万が一、会社が間違ったことをしているかどうか
見極めることもできますよ。

まとめ

給料とは、会社から与えられるだけのものでは
ありません。

どのような仕組みで、有給休暇の給料が発生して
いるものなのか、知ることも必要ですね。

様々な条件の上に、有給休暇の給料が決められて
いるのです。

有給休暇を使ったはずなのに、給料が減ってる
そんな時は、会社に確認してみるといいですよ。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ