スポンサードリンク

日差しの強い時間帯!冬でも外出時にはご注意を!

夏には日焼けしないように
外回りの仕事に行く時にも、

手袋・帽子・サングラスと、
UV対策に、かなり気をつけていました。

しかし、夏を過ぎたら、あまり気を遣わなくなり、
最近、また、シミが気になります

同じように、仕事をしている同僚は、
1年中、UV対策は必要よ」と言い、

「年を重ねていくと、大きな差になるわよ」
と忠告してくれました。

外回りの時間帯などでも、
日差しの強い時間帯は、
かなり、気をつけているとのこと。

f6ad4570a86eb432b1681e950aa47633_s-300x225

日差しが強い時間帯を避け、
日焼けのトラブルをどう防ぐか、

対策について、調べてみたことを
まとめてみました。


スポンサードリンク



日差しの強い時間帯はいつ?

日差しを、太陽から受けるエネルギー
として考えると、

晴れている時、
影が短いほど、そのエネルギーを受ける
ことになります。

日差しのもっとも強い時間帯というのは、
太陽の高度が最も高い南中高度になります。

そうすると、日差しの強い時間帯というのは、
午前10時~午後2時になります。

日差しの中の紫外線に注意!

日差しで、怖いのが、
紫外線と言われます。

紫外線は、虹として見える可視光線より、
波長が短い、光の電磁波です。

太陽から地球上に到達する紫外線には
UV-Aと、UV-Bがあり、
UV-Bの方が波長が短く、強力になります。

日焼けは、皮膚が赤くなる「サンバーン」と
皮膚が黒くなる「サンタン」とがあります。

UV-Aが肌の奥深くまで届くと、
肌の色を黒くするメラニンを作り出し
「サンタン」、褐色の肌になります。

黒くなることで紫外線を反射し、
肌を紫外線から守ることになりますが、

メラニンが、過剰に生成されるとシミになり、
コラーゲンが失われ、シワやたるみとなってしまいます。

UV-Bは、最近オゾンホールが広がることにより、
地上に届く量が増えた紫外線です。

UV-Aより強力なので、「サンバーン」という、
皮膚が赤くなったり、痛くなったりしてしまいます。

シミ・シワの元となるだけでなく、
目にも有害な光です。

さらには、免疫力の低下や、
皮膚細胞の遺伝子を壊してしまうことで、
皮膚がんなどにつながる可能性もあります。

冬も紫外線に気をつける理由とは?

冬の日差しも、なんと、
夏の日差しの3割~4割以上
あるらしいのです。

さらに、秋から春の間は、
行楽など屋外で過ごすことが多くなります。

夏ほど暑くなく、
つい日差しを浴びている時間が長くなり
肌から受ける紫外線の量が、増えてしまいます。

その上、肌が乾燥していることも、
日焼けしやすい、 原因となります。

うっかり日焼け対策を忘れてしまうと、
お肌のトラブルになってしまいます。

dc491966cf525ddcd9ecd752825b2608_s-300x197

冬でも日焼け対策を忘れずに

紫外線によるトラブルを避けるために
次ような点に気をつけましょう。

  • 午前10時~午後2時は外出を控える
  • 日焼け止めを塗る
  • 肌を乾燥させない
  • ビタミンを補う

午前10時~午後2時は外出を控える

日差しは心地よいですが
この時間帯は、なるべく日陰にいた方が無難ですね。

それでも、やはり、外出しなければならない時は、
次のような点に、注意してくださいね。

日焼け止めを塗る

紫外線対策として、日焼け止めは有効です。
UV-Aには「PA」、UV-Bには「SPF」
でその効き目が表示されます。

アウトドアでの活動時間が長いほど
効き目のあるものを利用するといいようです。

強力なものほど、
「PA」に「+」が増え、
「SPF」に「20」~「50」と数字が増えます。

強力なものは、効き目はありますが、
肌への影響もありますので、ご注意を。

特に、冬の日差しにはUV-Aが多くなるので
「PA+」が入っているものがいいですね。

普段使いなら、日焼け止めの入りの、
「BBクリーム」が便利です。

560909600ebd13c78e02bbb8a9bdb713_s-300x225

肌を乾燥させない

日焼けしている時も、日焼けしてしまった後も、
乾燥は、肌へのトラブルになります。

化粧水スプレーで保湿したり、
水分を小まめに摂ったりすると良いですね

ビタミンを補う

日焼けすると、メラニンを作りだし、
コラーゲンを破壊してしまいます。

そこには、活性酸素の発生が、
影響しています。

この活性酸素の働きを抑えてくれるのが、
抗酸化ビタミンで、

その主なものは、
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。

しかし、何をどう食べるかの、
注意が必要です。

ビタミンCがいっぱいなはずの、
柑橘系のレモン、オレンジは、

紫外線に敏感に反応してしまう
「ソラレン」という成分が入っています。

これらを食べてから、日光に当たると、
逆に、日焼けしやすくなってしまうことに。

朝食には、ソラレンの少ない、
リンゴ・バナナ・イチゴなどが、良いようです。

「ソラレン」の入った野菜・果物は、
午後から食べるようにしましょう。

まとめ

いろいろ、調べているうちに、
ちょっとした配慮で、
肌の老化を防ぐことがわかりました。

また、何かと、肌のトラブルが多い冬に向けて、
日焼けにも注意して、ケアしていきましょう。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ