スポンサードリンク

宝くじには税金がかからない?!理由を知れば納得!

一攫千金の夢!
宝くじに当せんしたい!

45307adab1fbaaffef12666822fc6a47_s-300x200

テレビのニュースで、高額当選者の話題に
なるたび、果てしなく妄想が膨らみます。

もし、当たったら、どう使おうかなー、
なんて、買ってもいない宝くじに夢を
馳せるのは、いつものこと。

○億円、なんて、大金が一度に手に入ったら
人間どうなっちゃうんだろう・・・。

いや、待って。

宝くじのお金って、全額丸々が手元に
入ってくるものなの?

宝くじだって、一応収入になるんだから、
税金もかかるんじゃないかと、当たっても
いないのに、不安になる始末。

だとしたら、かなりの大金を税金として
払うことになるのかしら?

宝くじに当たったら、税金ってかかるの?

モヤモヤをこの機会にはっきりさせるべく、
調べてみましたよ♪


スポンサードリンク






所得税や住民税は課せられるの?


せっかく当せんした宝くじ、その年の収入
加算されるのでしょうか?

所得に応じて税金が課せられる、所得税

329f3a3007a1cbe12bdab64ad36249e7_s-300x225

たくさん稼いだ人には、それなりの課税
待ち受けているものです。

宝くじの当せん金の扱いについては、
宝くじに関する法律「当せん金付証票法」に、
このように記されています。

所得税は課さない。
なんと、太っ腹

当せん金は、所得に見なされないので、
申告する必要もないんですね。

住民税もかからない?!


さらに言うと、宝くじで当せんした分の
住民税もかかりません。

住民税というのは、前年度の所得を基に
計算される税金です。

当せん金は、所得として見なされないので、
所得税も住民税も課税されないんですよ。

嬉しいですよね。
ま、当たればの話ですが。

しかし、当せん金や懸賞金が手元に入った
と言っても、喜んではいられませんよ。

競馬やクイズ番組などの賞金、
福引などは、課税対象なので注意です。

不思議ですよね。
なぜ、宝くじだけは課税されないのか。

それには、こんな理由があるんですよ。

宝くじ当せん金が非課税の理由


実は、宝くじには税金が上乗せされて
販売されているんです。

222b7607e4c53eb28a60ae2eabad0ae6_s-300x225

宝くじ税」といって、宝くじ本体金額の
40%が税金として、上乗せされています。

同じ仕組みの商品が、たばこやお酒です。

余談ですが、タバコに至っては、販売金額の
60%超が税金なんですから、驚きですよね。

つまり、宝くじを購入する全ての人が、
税金を支払っているんです。

当せんするか、しないかはわからないけど、
購入する段階で納税してるので、当せん時に
あらためて納税しなくてもいいのですね。

ちなみに、ジャンボ宝くじは300円ですが、
その内の120円が税金分になります。

宝くじは、ほとんどが税金なんですね・・・。

まとめ


もしも、宝くじが当たって当せん金を
受け取るチャンスがあるとしても、
税金がかかる心配はないんですね。

よかった、よかった。

しかし、思わぬ落とし穴もある、とのこと!
それは「贈与税」の存在です。

当せん金を誰かに分配する場合、贈与税
かかる恐れが出てくるんですよ。

贈与税は、年間110万円以上の金額の贈与に
対して課せられる税金です。

一般的に、3,000万円以上の贈与になると
最高税率の55%になります。

仮に4,000万円の贈与されたら、これだけの
贈与税を支払うことになります。

4,000万円×55%-400万円(控除分)
=1,800万円

贈与税だけで、1,800万円

これは、気を付けないといけませんね。

当たってもいないお金のことを、あれこれ
考えてておかしいですが(笑)

もしもの時の知恵袋、勉強になりました♪



スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ