スポンサードリンク

子供を連れて温泉旅行!関西ならどこがおススメ?

今度、関西方面に旅行に行くことになりました♪
できれば、温泉に行きたいな、と思ってるんですが
家には、まだ小さい子供が2人

f72a6f213590ac22f169df7767efbc87_s-300x225

場所によっては、子連れだと浮いてしまったり
子供の声を、あからさまに迷惑そうにされたり…
子連れで温泉って、いろいろ気を遣いますよね…

どうせなら、大人も子供も、必要以上に気を使わず
気持ちよく楽しめるところに、行きたいですよね!

そこで、家族旅行を100パーセント楽しめるように!
関西圏の、子連れでも安心して泊まれる
温泉施設について、調べてみました!


スポンサードリンク





おすすめ宿泊温泉施設3選!

関西圏には子連れに優しい宿が、多かったですが
その中でも、とくに魅力的なのは、以下の3宿です!

083085-300x158

南紀白浜温泉コガノイベイホテル

白浜温泉にある、コガノイベイホテルは

「ミキハウス子育て総研」が認定する
赤ちゃん、子連れに安心の宿
ウェルカムベビーのお宿」に選ばれたホテルです!

全客室、オーシャンビューの
高級感のある、佇まいでありながら
リーズナブルなプランが充実しているのも、魅力です♪

豊かな天然温泉を、堪能できるのはもちろん
食事も、キッズ用のメニューに食器があるほか
離乳食などを温められる、電子レンジもありますよ♪

また、ベビー用のアメニティーも充実しているうえ
ベビー用補助便座などの、無料貸し出し品も豊富

売店には、おむつやおしりふきなどの
ベビー用品専用コーナーもあります!
おむつが足りなくなった…!という時も安心ですね♪

また、子連れの家族向け客室
「ウェルカムベビールーム」には
ベビーベッドやDVDプレイヤーも、用意されています!

ホテルから車で10分圏内には

動物園、水族館、遊園地を兼ね備えたテーマパーク
「アドベンチャーワールド」や

恐竜時代への、タイムトラベルなどが体験できる
「白浜エネルギーランド」
そして、真っ白な砂浜が美しい「白良浜」

などがあり、親子で楽しめる所も良いですね!



神戸有馬温泉 元湯 龍泉閣

星の綺麗な高台、有馬温泉にある龍泉閣は
家族で楽しめる、源泉宿です!

清潔感のある客室は、どこか懐かしい感じがする
昔ながらの、温かみを感じるスタイル!

優しいスタッフさんが
子供にも、気さくに対応してくれます♪

本格的な岩造りで、5~6人で入れる広い貸切露天風呂
二つも用意されているので、小さい子どもがいても
のびのびゆったり、温泉を堪能できますよ!

また、食事は朝夕共に、部屋食なので
他のお客さんに、気を使うことなく
家族水入らずで、豪華な食事を堪能できます♪

子供用の可愛い浴衣や、寝具、シャンプーハットなどの
アメニティーが、豊富に用意されているほか

子どもの玩具がたくさんある、キッズルームや
様々なミルク用品や、電子レンジが用意された
夜間でも使用OKの、ベビールームもあります!

また、ホテル内には温水プールに、カラオケルーム
昔懐かしいおもちゃをたくさん揃えた、駄菓子屋もあり
子どもと一緒に、大人だって楽しめちゃいます!

ベビーカーや、虫取り網などの貸し出しもしているので
ホテルの外の散策も、楽しいものになりそうですよ♪



心と身体の癒しの森 るり渓温泉

「るり渓」は、標高500メートルの高原にある
長さ4キロの渓谷です。

その自然の、宝石のような美しさから
「瑠璃渓」と名付けられたのが地名の由来!

そんな美しい自然の中にある、るり渓温泉は
家族みんながゆったりと過ごせる、リゾート施設です!

敷地内に本館と別館、2棟の宿があり
本館は、洋室と和室がある、親しみやすい雰囲気。

別館、「こぶし荘 花あかり」は
純和風で、重厚感のある落ち着いた雰囲気です♪

天然温泉はもちろん、年中楽しめる温水プールに
プラネタリウム、天体観測ドームなど
親子で楽しめる設備が、たくさんあります!

自然を満喫できる「ぽてぽてぱーく」もあり
自由に散策して、るり渓の豊かな自然を堪能できるうえ
バーベキューだって、楽しめちゃいますよ!

また、毎年11月から4月までの冬期間
京都イルミエール」を開催しています!
これは、関西最大級のイルミネーションイベント!

子どもも大人も、楽しめる要素がいっぱいですね♪



まとめ

いかがでしょうか?
子連れでも安心な宿を選べば、家族旅行は何倍も
楽しくなりそうですよね♪

関西圏へ、子連れ旅行を検討されているなら
ぜひ、参考にしてみてくださいね!

ちなみに、私が今
特に気になっているのは「るり渓温泉」!
雄大な自然の中を、家族でのびのび散策してみたい!

旅行の日が、今から待ち遠しいです♪


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ