スポンサードリンク

子供が欲しくない!私って間違ってる?

今日は、私の友達からの意見を載せてみました。
彼女の思いと、彼女が調べた内容です。

この事で悩んでいる人、多いのではないでしょうか?
彼女から聞いた内容を、そのまま書いて
彼女にも見てもらって、OKもらっている物です。

————– ここから ————————–

結婚してから、もう数年が経ち
そろそろ自分も良い年齢に。

結婚する前から、子供のことなんて
想像できなかったけど
やっぱり欲しいなんて思えない・・・

夫は、子供を切望しているし
周りから「お子さんはいつ?
なんて聞かれ続けれるし、世間の目がうっとしい!

女は結婚したら、子供を産むって言うのは
当たり前なの?
今のままで、十分幸せなんですけど!!

子供が欲しくない、なんて考え方
やっぱり私っておかしいの


スポンサードリンク



子供が欲しいと思えないその理由

既に結婚している女性で、子供が欲しくないと
思っている人は、意外に多いと思います。

人それぞれ理由がありますが、主なものとして

  • 仕事や趣味、
    夫婦2人でいる時間を取られたくない
  • 経済的な負担が不安
  • 出産が大変そう
  • 子供がそもそも苦手

などがあります。

1人子供を育てるのに、3000万以上
かかると言われてます。

また、育児によって趣味などに
時間をかけれなくなるでしょう

その上、そもそも子供が苦手だとしたら、
とてもじゃないですが、耐えられません。

しかし、そうは思っていても
夫や周りの人たちに、その考えを
打ち明けられてない女性は多いです。

「子供が欲しくない」という考え方はおかしくない!

他人の考えに、振り回されてしまうと
「子供をつくるべき」と考えがち

しかし、望まぬまま子供を授かったとしても
果たして、幸せなのでしょうか?

「子供が欲しい」と思っている人と同じくらい
「子供が欲しくない」と、
思っている人が居て、良いはずです。

ただし、これは自分だけの話ではなく
夫婦間で考えるべき問題です。

必ずしも、子供を産むということが
夫婦にとっての幸せとは限りません。

ですが、片方が望んでいることを
片方の言い分だけで、潰すことは
良いことではありません。

一番大切なことは、夫婦が共に幸せに歩んでいく上で
何がベストな選択かを考えることです。

あなたの、素直な価値観を持って
話し合ってみましょう。

幼い頃の親との関係から子供を考えられない

5b7e007fc157816768cef8238dfaa50f_s-300x206

自分が子供だったころに、親から受けたトラウマから
潜在的に子供が欲しくないと、思っている例もあります。

主な理由として

  • 親が子供のようだった

本来なら、無償の愛を親から自分へ注がれるはずが、
親が精神的に子供のままで、自分が親の世話をする羽目に

自分が親に甘えられなかった、という経験から
大人になっても、甘えていたい自分がいて
親になりたくない、と感じてしまうようです。

  • 親に対する怒りから

子供は親に対して、完璧を求めがちですが
時に親も、間違うことはあります。

しかし、子供にとって親は絶対ですから
そのことを許せないまま、大人になったとします。

そうすると、自分が親に向けていた
攻撃的な感情が、自分に向けられるのではないかと
無意識に投影します。

もし少しでも子供が欲しいと思うなら

上記のような、親子関係に関する
根強いトラウマから、子供を育てていく自信がない

そのような場合は、自分の親に対する見方を
変えることによって、今まで感じていた負の感情を
軽減することができます。

それは、親が1人の人間だと認識することです。

確かに自分にとって親は、特別な存在です。

しかし、親は間違うこともあれば、
大人になりきれない部分もある、
1人の人間なのです

そのように、対等に親を認識します。

自分は親を
許すことができるし、親に逆に甘えられるという
役割を放棄することができます。

そうやって、自分の中の取っ掛かりを外すことで
子供を授かることに対して、考え方が
少し変わるかもしれません。

最後に

どうも未だに、日本という国は

女性は子供を産むべき

女性の幸せは子供を授かること

という考えを、押し付けがちです。

しかし、夫婦で幸せになる形は無数にあります。
それは世間や、周りが決めることではなく
愛し合う二人で決めることです

どうか、自分の感情を押し殺すことないように
後悔することない選択ができるように、と願って
筆を置かせていただきます。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ