スポンサードリンク

女流棋士になるには?実力はアマとどのくらい差があるの?

友達A子の娘さんが、
小学校に入ったばかりなんですけど、
将棋に目覚めてしまったようなんです。

A子も「うちの子、女流棋士になるかも!
    なんて言ってるんですよ。」

「将棋の世界って、
  よくわからないけど、
   難しいんじゃないの?」

A子「でも、すごい才能あるって
   言われちゃったから、旦那も
  すっかりその気なのよ。」

 「ちょっと調べてみた方が
   良いんじゃないの?
   アマチュアも難しいって聞くよ。」

127675-300x300

A子家族は、すっかり乗り気ですけど
将棋の世界って、そんな簡単じゃ
なさそう
ですよね。

わたしも将棋のことは、
全然わからないので、調べて、
A子にも教えてあげようと思います。


スポンサードリンク





棋士と女流棋士

もともと、将棋の棋士の制度には男女の
区別
がありません。

新進棋士奨励会に入会して、四段になれば
棋士になることができます。

でも現在までに、棋士になった
女性はいません。

それだけ、奨励会の壁を突破するのは、
難しく、三段まで昇段した
女流棋士がいるだけです。

女流棋士とは?どうしたらなれるの?

女流棋士は、将棋連盟の女流棋士会
属している、棋士のことを差しています。

数年前に、日本プロ女子将棋協会
という組織ができて、そちらに属している
女流棋士もいます。

女流棋士は、棋士の棋戦とは区別されていて
女流棋戦というものに、参加して
対局を行います。

女流棋士になるには、研修会コース
奨励会コースがあって、

奨励会の下部組織の、研修会でC1クラスまで
上がると、女流棋士(仮会員)の
3級になれます。

または、奨励会に入会して2級以上になれば
女流棋士になることができます。

研修会とは?

研修会は、20歳以下のアマチュア有段者
男女や、26歳以下の女流棋士を目指す
アマチュアの女性を、対象にしています。

対局によって、実力に見合ったクラスに
入会し、既定の成績を修めると上のクラスに
昇級します。

研修会には、最下位のFクラスから
Aクラスまであります。

研修生は15歳までにA2クラスに、昇級するか
18歳までにA1クラスから昇級すると、
奨励会6級に編入できます。

1番下のFクラスでも、
アマチュア2段の実力があります。

棋士の資格と年齢制限

棋士になるためには、19歳までに
奨励会に入会しなくてはならず、

26歳までに、プロ棋士になる4段を
取らないと退会になってしまいます。

プロを目指す人は、小学校の高学年
から中学生あたりに、入会するそうです。

棋士になると、定年はありませんが
毎年、順位戦という対局戦に出て
成績を残し続けなければ、

順位戦の中の最下位リーグまで
落ちていき、さらに降格すると
フリークラスになり、順位戦に

参加することができなくなります。
60歳を過ぎて、そのような状況に
なると、引退となるようです。

127676-300x300

アマチュア棋士

「棋士」と言えるのは、
日本将棋連盟に属して、奨励会で
四段以上のプロ棋士に限るのですが

ここでは、便宜上、アマチュア棋士
と呼びます。

将棋界では、アマチュアの延長線上
プロがあるというわけでは、ありません。

アマチュア棋士は、いわゆる「愛好家」
段位はありますが、それはプロとは
比較できるものではありません。

もし、比べるなら、奨励会6級
アマ4~5段と言われているようです。

プロを目指す人は、子供のころから
プロを目指しているので、アマチュア
力をつけて、プロへということではないようです。

アマチュアの実力はどのくらい?

アマチュアの実力がどのくらいか、
また、女流棋士との実力差を
図るのは大変難しいのですが、

  • 研修会Fクラスでアマチュア2段。

  • 研修会C1クラスで女流棋士仮会員3級

  • 研修会Aクラスで奨励会6級

  • 奨励会6級でアマ4~5段。

  • 奨励会2級以上で女流棋士になれる。

アマ2段=Fクラス<C1クラス=女流棋士仮会員3級<研修会Aクラス=

奨励会6級=アマ4~5段<奨励会2級=女流棋士2級以上


女流棋士2級以上は、
アマチュア4~5段よりも

実力が上である、というふうに
考えられます。

でも、アマチュア棋士の項でも書いたように、
アマチュアとプロ棋士、女流棋士を
比べるのは、難しいです。

まとめ

女流棋士で、対局の賞金だけで
やっていける人は、ほんの一握りだそうです。

男性のプロ棋士と比べても
収入は1/10以下なんだそうで、
とても厳しい世界のようです。

「将棋の世界は大変そうだよ。」

A子「女流棋士とプロ棋士って違うのね。
   女性の棋士が、女流棋士なのかと
   思ってたわ。」


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ