スポンサードリンク

労働基準法で定められている深夜時間帯!割増賃金の計算方法

最近は、コンビニや、レストラン
色んなお店が24時間営業になり、
深夜に働いている方がたくさんいますよね。

067564-300x212

それ以外にも、24時間稼働している工場や、
医療機関などでは、勤務時間帯が深夜に
及ぶ場合が多くありますよね。

深夜の仕事では、割増賃金が支払われるのは、
皆さんご存知だと思います。

深夜の勤務は、昼間働くより、身体への
負担が大きいことから、割増賃金
既定がされているのです。

これは、アルバイトパートでも
同じ条件です。

と言っても、実際自分のお給料が、どのように
計算されているのか、よく分からない、という
人は多いと思います。

そこで、深夜労働手当のご説明と、
賃金の計算方法をお教えします。


スポンサードリンク



深夜労働時間帯

深夜労働の時間帯は、労働基準法で、
午後10時から午前5時までの間、と
決められています。

これを超えた場合に、使用者は、通常
賃金の2割5分以上の率で計算した賃金
支払わなければなりません。

ですので、計算するとなると、
1時間の通常賃金×深夜労働時間数×1.25
となりますね。

月給制の時間給を計算する場合は、
1ヶ月の賃金÷1ヶ月の決められた労働時間で、
1時間あたりの時給を計算します。

1ヶ月の賃金には、諸手当は含まれず、
基本給での計算となります。

割増賃金の計算方法

001245-300x256

では、を挙げて計算してみましょう。
通常1時間あたりの賃金を
1000円として、計算します。

  • 午後8時から翌朝5時まで働いた場合
  • (休憩1時間)

    午後8~10時までは、通常賃金の1000円です。

    午後10~翌朝5時の間は、
    深夜労働に当てはまるので、
    1000×1.25で、時給が1250円になります。

  • 午前10時から午後12時まで働いた場合
  • (休憩1時間)

    休憩時間を差し引くと、午前10時から午後7時までが、
    通常の労働8時間となり、時給は通常の1000円です。

    午後7時から午後10時までは、
    時間外労働となり、時給は、通常の1.25倍
    1250円になります。

    法廷時間外労働に関しては、使用者が、
    通常賃金の1.25倍を支払わなければならない、
    と決められています。

    更に、午後10時から午後12時は、深夜時間帯に
    なるので、1.25倍合わせて、1.5倍の時給
    1500円となります。

もし、あなたがサービス残業をしていたり、
深夜に割増賃金が含まれていなかった場合、
使用者に対して、未払分を請求する事が可能です

ただし、全ての労働時間深夜の時間帯の場合、
時給の中に、深夜の割増賃金分が
含まれて設定されている場合があります。

きちんと、契約書を確認し、分からない事が
あれば、事前に使用者に確認するように
してくださいね。

未払い賃金請求方法

使用者が、割増賃金の未払い分を
認めなかったり、支払いを拒否した場合は、
労働基準監督署で相談する旨を伝えましょう。

それでも、支払われない場合、
未払い分の請求方法は、以下の通りです。

未払い分は、過去2年間にさかのぼって
請求する事が可能です。

タイムカードなどで、労働時間を確認し、
金額の計算をします。

「○月○日までに振込が確認できない
場合は、法的手段に訴える」という旨を
明記し、内容証明郵便物にて、会社に請求します。

私は、以前働いていた会社を辞めた後
未払い分の、時間外労働賃金を請求しました。

最初は何も調べず、簡易書留で請求書を
送ってしまい、何の返答もありませんでした。

その後、労働基準監督署で相談し、
内容証明郵便で未払い分請求すると、
すぐに振込がありました。

労働基準局では、最初は、自分で請求する事を
勧められます。

最初から動いてくれる事は、ほぼないので、
まずは、自分自身で、請求して下さい。

方法が分からない場合、その相談には乗ってくれます。
その際には、未払い分が確認できる書類
持って行って下さいね。

支払い期限を過ぎても、
会社から何の応答もない場合、
労働基準監督署で相談して下さい。

私は、会社を辞めた後に請求しましたが、
会社に在籍したまま、労働基準監督署への
相談は、相当の覚悟が必要だと思います。

ですが、未払い賃金を受け取る権利は、
法律で決められているので、覚悟を決めたなら、
諦めないで、前へ進みましょう。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ