スポンサードリンク

マスクを学校に毎日していくのはなぜ?依存症になってない?

高校に通う娘を、学校まで迎えに行った時に、
何だか、違和感を感じる光景が。

下校時刻、校門から出てくる生徒の、マスク姿の
多いことといったら!

souji_mask-300x145

花粉が飛ぶ時期は、既に終わった頃ですが、
息苦しくないのかしら・・・。

巷では、常にマスクをしていないと、不安になる
マスク依存症」なるものもあるようです。

毎日、学校でもマスクが欠かせないのは、なぜ?
年頃の娘を持つ親としても、気になる!

深刻な依存症になる前に、知っておきたい
マスクを手放せない原因と改善法!

とことん、調べてみましたよ!


スポンサードリンク





マスクをしていたい理由とは?


マスクをする理由には、様々ありますが、一般的に
風邪の時や、花粉やほこりを防ぐ時ですよね。

その他にも、大きな吹き出物ができた時や、化粧
していない時などにも、使う時があります。

もちろん、マスクをしなくてよい状況になれば、
外してしまうのが普通です。

しかし、このような理由でない時にも、毎日
マスクをしている人がいますね。

毎日、マスクをしている人には、特に若い人
多いと言われています。

マスクをしていたい理由には、

  • 顔のニキビを見られるのがイヤ
  • 顔の大きさや形に、コンプレックスがある
  • 歯並びが悪い など
自分の自信のない部分を、簡単に隠す事が
できるのが、マスクです。

nikibi_girl-225x300

この手の悩みは、すぐに改善するものでは
ないため、マスクを手放せなくなりますね。

しかし、何かを隠したいという意味合いで、
マスクをしている訳ではない場合も。

もはや、何はなくとも、普通にマスクをして
出歩く事が、ファッションになっている、
とも言われているのです。

ファッションであるなら、マスクも楽しんで
着用できますが、どうしても外せない事情も。

心理的な理由から依存症に?!


マスクで、目の下から顎まで、すっぽり
隠す事ができると、表情が分かりにくいですね。

表情の出やすい口を隠す事で、自分の感情
読まれないようにしている、と言えます。

現代の風潮として、のための配慮が、当り前に
なっている状態です。

おひとりさま用の飲食店の仕切り板や、個室など
様々な所で目にする光景ですね。

人間との関わりを好まず、人との距離を図る事が
できにくい世の中になってきています。

特に若い人は、コミュニケーションをとる事に
苦手意識を持つ場合が多いのです。

他人に対して、どんな表情をすればよいのか、
わからないから、あえて見せない

面と向かっては、素の自分を出すのが怖い、
そんな心理が、働いていると言えるのですね。

しかし、その気持ちに反して、周りにとっては
毎日マスクを付けている人は目立つものです。

なぜ、マスクを付けているのか、気になる人
いることでしょう。

異性を見る時、コンプレックスをマスクで
隠している人より、堂々と前向きな姿勢でいる
人の方が、好きになるものです。

kokuhaku_schoolgirl-300x296

自分を見つめなおすことができれば、
マスクから離れる事もできますよ!

マスクを外すための方法


顔をマスクで覆うことによって、対人との接触を
閉ざすような、マスク依存を改善していく、
2つのポイントがあります。

  1. 自分自身を認めてあげよう!

    マスクで隠したいのは、一体何なのでしょう?
    自分の弱点でしょうか?

    マスクで隠そうとする、コンプレックスや、
    表情など、自分自身そのままを受け入れる
    事から始めましょう。

    自分では、どうしても認めたくない部分でも、
    他人にとっては、個性と認識される事も。

    ニキビがたくさんあって、マスクで隠すのも
    ニキビを悪化させる原因になります。

    隠すのではなく、肌にとってもいい環境で、
    ニキビを減らしていく、ポジティブな気持ちが
    自分を輝かせることでしょう!

  2. tsugaku_girls-291x300

  3. 人に心を開いてみよう!

    相手の表情が見えると、素の気持ちがわかり、
    安心や信頼を得ることができます。

    自分が心を開く事で、相手も心の内を見せて
    くれるようになります。

    すべての人に、好きになってもらう必要は
    ないのです。

    嫌われたっていい!と、気持ちが割り切れた時、
    相手も心を溶かすのですよ!

まとめ


マスクがないと、不安になる場合は、少しずつ
しないようにしてみましょう。

まずは、家の中や自分の部屋から、実行して
自分に自信をつけていきます。

マスク依存症を克服した人の言葉を借りると、

「今まで、取り巻いていた周りの世界に、
自分も入っていけた、気持ちがした」との事。

人との関わりは、怖いものではないです。

いきいきした、自分にしかない表情を見せて、
人とのコミュニケーションに、楽しみが
見つかるといいですね♪


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ