スポンサードリンク

ファミリーで映画を楽しもう!おすすめ洋画~コメディ3選~

ファミリー向けのコメディ映画って
無性に見たい時ありませんか?

実は、私も良く見たくなるんですよ。
特に洋画のコメディって面白いですよね!

子供と一緒だと、
アニメばかりになってしまうので、
たまには他の映画も観たくなります。

そんな時、我が家では定番の映画があるんです!

家族で見るので、ファミリー向けの
洋画のコメディ映画です。

コメディ映画だと面白いので、子供たちにも見てもらえますし、
大人の私たちも十分楽しめますからね!

では、我が家の定番
洋画コメディ映画のベスト3
ご紹介しましょう。


スポンサードリンク





ベートーベン(米92年)

ニュートン家に1匹のセントバーナード犬
子どもが紛れ込んできます。

犬嫌いの父親ジョージは子供たちに懇願され、
飼い主が見つかるまでという条件で、
子犬を飼うことを認めます。

まず、子供たちが最初に笑うのは、
子犬のセントバーナードに「ベートーベン」
と名づけるシーンです。

大人としては、何故そこまで笑うのかは
分からないのですが。

もしかしたら、うちの子だけか・・・

私の一押しは、ベートーベンを処分するため
病院に連れて行ってからのシーンです。

本当に、頭のいい犬だな~と思いますし、
それ位解れよ!と突っ込みたくなる場面もあります。

犬好き必見!
笑いあり、涙ありで
気持ちが晴れやかになる映画です。

家族思いのベートーベン、
ベートーベン思いの家族。
温かいニュートン家に心が癒されます

この作品は世界各国で大ヒットし、
シリーズは5作まであります。

dog-172352_640-300x199

マスク(米94年)

お人好しで冴えない銀行マンのスタンリーが
ある日奇妙な黄緑色のマスクを拾います。

家に帰って何気なくそのマスクを着けてみると、
超人的な力を持った黄緑色の怪人
「マスク」に大変身!

竜巻とともに回転して変身するこのシーンで

うちの息子は
「なになに?これから何が起こっちゃうの?」
とすっかりこの映画にくぎづけになりました。

それからもマスクの披露するキレのあるダンス
次から次へ炸裂するマシンガントーク
子どもたちは大興奮!

親もついハイテンションになってしまいます。

さすがはコメディアン出身のキャリー!
彼は本作で一躍、大スターにのし上がりました。
この映画、かなりの部分がキャリーのアドリブだったそうです。

お父さんもキャメロンの魅力にメロメロで
家族みんなが満足すること間違いなしです。

ぶっ飛んでいてクレイジーなマスク!
ぜひぜひご覧ください!

actor-666499_640-300x176

ホームアローン(米90年)

シカゴ在住のマカリスター家は、
クリスマス休暇家族旅行で、
パリに行くことになっていた。

しかしその朝、家族全員が寝坊してしまう。
急いで空港へと向かったが、
8歳の少年ケビンは1人家に置いてけぼりに・・・

1人きりになったケビンは・・・
寂しがるどころかやりたい放題!

そこに2人組の泥棒が現れる。
ケビンは家を泥棒から守るべく、
家中に仕掛けを作り、泥棒たちを撃退する。

ケビンが繰り広げるいたずらや、
泥棒撃退のアイデアが最高に笑えます。

8歳の子がこんなこと思いつくの?
えー!こんなのにひっかかっちゃうの?
家中、大盛り上がりです。

子供たちはこのシーンが大好きで、
この映画を観る時は必ず何度か戻して
げらげら笑いながら観ています。

2人の泥棒、ハリーとマーヴの凸凹迷コンビぶりも愉快です。
ハリーのボケ、マーヴのつっこんでるけどやっぱりボケなところが最高です。

笑いの中にも思わずホロリとさせられるシーンも。
何といってもマコーレカルキンの可愛さが最高です。

シリーズは5まであります。

jail-482078_640-300x198

まとめ

懐かしい作品の数々。

そこには今も色あせない素晴らしい作品
たくさんあります。

我が家は「キャスパーも面白いしホロリとくるよ」と
ママ友から聞いたので、近々観てみるつもりです。

お子さんにあなたの子どもの頃のことを語りながら
ご家族皆さんでコメディ洋画を楽しんでみてはいかがでしょうか。
あ、手作りポップコーンを忘れずに!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ