スポンサードリンク

コーヒーの良い飲み方!ちょっとした気遣いで効果は倍増?

コーヒーを飲む事で、良い効果があるのですが
その効果を、良い形で手に入れるんは
どんな飲みかたが良いのか?

非常に気になる話です。

今の所「欲しくなったら飲む」というスタイル
ですが、良い飲みかたがあるなら、
それを実践したい!という事で

コーヒーの良い飲みかたが無いのか、
調べてみました。

私の求める、コーヒーの最大のメリットとは
「スッキリする事」「目覚まし効果」です。

どちらもコーヒーに含まれている、カフェイン
効果なんですね。

このカフェイン、効果が表れるまでにも
時間が掛かりますが、持続時間も
長め
です。

さぁ、どのタイミングで飲むと
良いのでしょうか?


スポンサードリンク





集中力を上げたい時

先ずは、カフェインの覚醒効果を、最大限
活かして、コーヒーを飲む場合を調べました。

コーヒーに含まれるカフェインの効果が
表れ始めるのが、飲んでから、30分から
1時間位
になります。

なので、覚醒して仕事などに集中する場合は
その時間の30分前に飲むのがベスト

で、もっとスッキリとした気分で、
集中したい時には、少し眠ると良いようです

なので、コーヒーを飲んで、その後30分くらい
休んでから
作業を始めると、良いようです。

私は、休みの日以外では、コーヒーは
インスタントコーヒーで、極力
手間を掛けたくないので
、ウォーターサーバーを
使っています。

お湯も出ますし、普通の水道水に比べると
コーヒーの香りも良い感じで楽しめるからです。

私の使っているウォーターサーバー

生理的に言いとされる時間

人間には、体を覚醒させるための仕組み
有るそうです。

それは「コルチゾール」という物質が
関係しているそうなのですが、この

コルチゾールの分泌が、大よそ午前8時から
9時の間
にピークになるそうです。

という事で、この間にカフェインを摂取するよりも
体の働きに任せた方が良いようです。

なので、朝起きてすぐにコーヒーを飲むより
この「コルチゾール」の働きが弱まる
9時以降に飲む方が良いようです

また、正午から午後1時、午後5時から午後6時
位の間
にも、分泌されるそうですので
この時間もさけた方が良いですね。

これらを考えると、コーヒーを飲む時間は
午前9時から午前11時30分位までと
午後1時30分から午後4時30分まで
が良いようです。

ダイエット効果を狙うなら

コーヒーの中には、脂肪燃焼効果が期待できる
クロロゲン酸と言う物があるそうです。

また、カフェインには、血行を良くする効果も
有りますので、上手く使えば良い効果が
期待できます


それに、食欲を抑える効果もあると言われています。

なので、ダイエットの為に、食欲を抑えて
脂肪燃焼を考えると、食後のコーヒー
効果的と言えます。

どんなコーヒーが良い?

飲む時間はだいたい、分かったのですが
どんなコーヒーを飲めばいいのか?

気になりますよね?

実は、ダイエット効果が期待できるクルルゲン酸は
熱に弱い
そうです。

また、覚醒効果のあるカフェインは、砂糖によって
壊れる
と言われています。

なので、コーヒーを入れる時には、80度くらいの
お湯で入れて、砂糖などは入れない
のが良いです。

また、コーヒーの淹れ方ですが、浅煎の豆を
ドリップするのが良い事は良いのですが
実は、インスタントコーヒーでも、缶コーヒーでも
効果は期待で知るそうです。

80度のお湯を作るのは難しいですが、ウォーターサーバーでは
予めその位の温度でお湯が出てきます。

この点からも、ウォーターサーバーには
重宝しています。

飲めば飲むほど良い?

と、ココまで調べてみて、飲むのは良い事だと
分かったのですが、何杯飲んでも良いのでしょうか?

実は、「過ぎたるは及ばざるが如し」と言う様に
取りすぎるとあまり良い事は無いようです。

では、一日の適量は、3~5杯とされています。
あまり多く飲みすぎると「カフェイン依存症」等を
発祥してしまい、健康被害も招いてしまいます。

適量であれば、ダイエット効果もカフェインの
覚醒効果も良い働きをしてくれます


あくまでも、飲み過ぎには気を付けましょう

最後に

今迄私は、一日に多い日で10杯位飲んでいた事も
あります


これは、健康的にも良くないという事ですね。
あと、空腹時に飲む事も多かったですが、
これも、胃への負担が大きかったようです

これからは、飲む時間と飲む量に気を付けて
良い効果だけ、手に入れて行きたいです。

でも、一つだけ良かった事は、以下の
ウォーターサーバーを使っていた事ですかね。

香りも良いですし、手軽に適温で飲む事が
出来ていました。



スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ