スポンサードリンク

ギターを始めるきっかけとは?こんな理由で始めました!

ギターやりたい!」
中学生の息子が、ギターに興味がある様子。

何でよ?」の、私の言葉に、反抗期の息子は
「別にいいじゃん。」の返しで終わる・・・。

ま、わからないわけでもないさ。
やりたい理由が、何だかあるんでしょうが。

でも、息子にどんなきっかけがあったのかは、
知りたいですよね。

自分が弾いたことのない楽器を弾ける、
それだけで、憧れの気持ちが沸いてきます。

その中でも、ギターを弾ける人って、すごいな
と、個人的に思ってしまいます。

ま、息子にだって、そんな気持ちも多少は
あるはず。

a0002_004655-300x199

私は、子供の頃にピアノを習っていたので、
今でもたまに弾くことがあります。

でも、ピアノを始めたきっかけって、自発的
ものではなかったような気がします。

ギターが弾ける人って、物心がついてから
始めるイメージがあります。

ギターを始めるのに、どんなきっかけ
あったのでしょう。

調べてみたら、ギターを始めたきっかけには、
色々と興味深いものがあるんですよ♪


スポンサードリンク





楽器を始めたきっかけとは?


楽器にも色々ありますが、私の場合、ピアノを
始めたのは、まだ保育園児の頃でした。

恐らく、親がピアノを習わせたかったようで、
私自身は、練習も気乗りしませんでした。

私の周囲にも、バイオリンを習っていた友人が
いましたが、それもやっぱり親の影響でした。

このように、子供の楽器の習い事は、物心の
付く前に、親の影響がきっかけになることが
多いですよね。

しかし、ギターは違うんですよね。

私の友人も、中学生になってから、ギターを
始めたんです。

もちろん、自分の意志で。

自らギターを弾くことに、目覚めたきっかけって
人それぞれですよね。

一体どんなきっかけで、ギターを始めよう
思ったのでしょう。

ギターを始めたくなる理由とは?


ギターに限らず、楽器を演奏している姿は
素敵に見えるものですね。

ギターと言えば、バンドには欠かせない
楽器ですね。

バンドやアーティストの演奏は、カッコいい!

曲を聞いた時に、こんな気持ちが沸きあがって
きませんか?

「この曲をギターで弾けたら。」

a0003_000569-300x200

アコースティックギターを始めるきっかけで
多い理由が、これなんです。

耳で聞いた音源を、自分で弾く事ができたら
気持ちの良いものです。

一方、エレキギターを始めるきっかけで
多いのが、お気に入りのアーテイストの存在。

憧れのミュージシャンに近付きたい思いは、
ギターを弾くきっかけになるんですね。

確かに、私自身もピアノで好きな曲を弾きたく
なる時があります。

何かを習得したい、気持ちが沸きあがった時、
どうにも止められないものがありますね。

他にもこんなきっかけ!


ギターを始めたきっかけは、様々あります。

株式会社イードが、30~60代の楽器演奏の経験の
ある男性800名を対象に調査を実施したところ、

音楽と楽器に関する調査」の内で、ギターを
始めるきっかけには、こんなものが。

アコースティックギター

  • 第1位 好きな曲・演奏したい曲があったから
  • 第2位 友人知人の影響で、自ら始めた
  • 第3位 異性にモテると思ったから
  • 第4位 兄弟姉妹の影響で、自ら始めた
  • 第5位 趣味の合う人が周囲に居たから

エレキギター
  • 第1位 好きなミュージシャンが居たから
  • 第2位 好きな曲・演奏したい曲があったから
  • 第3位 友人知人の影響で、自ら始めた
  • 第4位 バンドを組んだから
  • 第5位 兄弟姉妹の影響で、自ら始めた


更に、私が個人的に、特に着眼したポイント
アコースティックギターの経験者の年代

圧倒的に多いのが、50~60代
この年代の50%ほどは、ギターに関わっています。

50・60代の人が10代だった1970年代、フォーク
バンドが台頭していた時代ですね。

憧れのミュージシャンの曲を、ギターの伴奏
合せて歌うことが、どれだけカッコいいもの
だったか。

私自身は、1970年代に生まれたので、また少し
違う世代ですが、中高生の1990年代頃は、
バンドブームでした。

a1180_009327-300x201

周囲の友人は、こぞって文化祭の発表のために
バンドを始めました。

ギターを誰がやるか、バンドの中でも
目立つギターは、花形でしたからね。 

時代背景によって、きっかけの糸口は色々
なのかもしれませんね。

しかし、本当にきっかけって、年代によって
変わってくるものなのでしょうか。

今10代の若者のきっかけとは?


今どきの10代だって、同じようなもの。

  • 学校の友人や、兄弟姉妹の影響で、自分も
    やりたくなった

  • 憧れのアーテイストの影響

  • アニメ「けいおん」を見て、やりたくなった
息子の周囲の保護者から聞けば、きっかけも
昔とそう変わらない様子ですね。

きっかけの根底にあるのは、
「ギターを弾くことで、カッコよくなる!」

ということが、あるように感じます。

10代の多感な時期に、ビビッっときたものが
ギターなんですね。

何だか、青春の香りがしますね。

まとめ


ギターを始めるきっかけは、子供の習い事とは
がちょっと違うもの。

始める年代が10代、ということもあり、自らの
原動力があるから、やり遂げたい気持ちも大きい
ものです。

青春の時期に出会ったギター、人それぞれの
きっかけがあるものですね。

息子のきっかけは、「友人の家で、カッコよく
ギターを弾く友人が、羨ましかったから。」

それで、前々からファンだったミュージシャンの
がどうしても弾きたくなった、とのこと。

へぇ~、そうなんだ。
なるほどね。

そういえば、お父さんも、若い頃にギターを
やってたっけね。

コードチェンジが上手くできない。」
って、当時よく言ってたけど、アレ、どうやって
教えるのかな~。

夫に後日、聞いてみたところ、
「曲の流れを掴むように、繰り返し弾いてみる!
指で、コードの流れを覚えるんだ!」
ですって。

手が勝手に覚えている、状態!」
いまだに、昔覚えた曲は弾けるんだとか。

何だか、楽しそう♪
ギターの上達は、1日にしてならず!

弾けるように頑張ってほしいものですね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ