スポンサードリンク

カラオケで絶対に盛り上がる人気の洋楽8選+1曲!

年末年始、夏休み、春休み、冬休み
色々と休みがあります。

我が家は、近くに
大きなテーマパークがあるので
この時期は毎年、親戚がやって来ます

テーマパークで、遊んだ翌日は
必ず決まって、カラオケ機械のついた
個室居酒屋で、飲んだり歌ったりします。

今年は、叔母も一緒に来るとの事。
いとこや、子供達はJ-POPやアニソン、
叔母は、洋楽が大好きです。

叔母には久し振りに会うので、
ここは、私も洋楽を歌ってみようと
色々と、盛り上がる曲を探してみました。


スポンサードリンク





うまく歌うコツをつかもう


洋楽=外国語というだけで、
尻込みをしそうになる人もいるでしょう。

でも、メロディーにうまく乗れていれば
それなりに、上手く聞こえるものです。
そこで、曲を選ぶ基準としては

  • 歌いやすい

  • どこかで聞いたことがある

  • 有名な歌

などを、選んで事前に練習して
歌いこんでおけば大丈夫。

盛り上がるオススメの曲を、
選んでみました。


さあ 歌ってみましょう


Girlfriend


アヴィリル・ラヴィーンの大ヒット曲です。
CMや人気のドラマで、使われていたので
聞いた事がある人は多いでしょう。

某テーマパークで、期間限定コラボとして
2007年夏に、アトラクション内でも
使用されていました。




What Makes You Beautiful


イギリスの人気バンド、
ワンディレクションのデビュー曲です。
少しキーが高いので、そこを注意。

歌詞が少なく、フレーズも繰り返しが多く
メロディーも覚えやすいので
とても歌いやすい曲ではないでしょうか。

日本でも人気の、ワンディレクション
この曲は、最近では結婚式でも
よく使われるようですよ。




Dancing Queen


スウェーデン出身の
アバの代表曲と言っていいでしょう。

とても古い曲ですので、年配者がいれば
とても喜ばれるでしょう。
なぜか若い人にもよく知られている曲です。

サビの部分をみんなで、歌って
盛り上げるのはどうでしょうか。



Let It Be


誰もが知る、ビートルズの名曲です。
これも年配者に、とても喜ばれそうです。

学校で、習ったことがある方も
いらっしゃるかも知れません。

名曲というのは、歌う年代を
選ばないのでしょうね。




Don’t Stop Me Now


クィーンの代表曲と言っても良いでしょう。
これも、CMなどでよく使用されています。

テンポが早いので、息切れしそうですが
歌いきったら、必ず盛り上がりますよ。




Born This Way


世界的に大ヒットした レディ・ガガの曲です。
これを歌っていた頃は、日本の番組にも
出演されていましたね。

ファッションも素敵で、ファンも多いことでしょう。
この歌は、音域が広くてテンポが早いのが難関
でも、歌えるととてもかっこいいですね。




I Don’t Want to Miss a Thing


エアロスミスが歌う、
映画「アルマゲドン」の主題歌です。

曲は、そんなに難しくないのですが
シャウトがあるので、そこを決めると
拍手喝采、間違いなしです。




Let It Go


映画繋がりで、イディナ・メンゼルが歌う
「アナと雪の女王」の劇中歌です。
大人から子供まで、楽しめる曲です。

日本語の「ありのままの」も良いですが
そこを、英語の原曲で歌ってみましょう。

皆で、レリゴーレリゴーと合唱するのは
どうでしょうか。



さいごに

わたしは、カラオケが大好きで
友人や、家族と数時間もボックスに
こもることがあります。

英語の曲を、歌うこともあります。
当然、間違います。
発音はよくありません。


でも、恥ずかしがらずに
これは英語の練習、と思って
歌うことにしています。

1970年代から1980年代に、
青春時代を過ごした叔母が
よく聴いていたアルバムがあります。

ケイト・ブッシュのデビューアルバムの
「天使と悪魔」ですが、
私も借りて、何度も聴かせて貰いました。

上に挙げた曲ほど、派手ではないですが
あの頃の、若い女性には人気でした。
日本の歌手も、よくカバーしています。

その中にも歌いやすい曲があるので
それを歌って、叔母を
驚かせようと思います。

ケイト・ブッシュ

L‘Amour Looks Something Like You





カラオケボックスは、
昼間のサービスタイムを、利用すれば
お金のかからない、レジャーにもなります。

英語が苦手、という方も、
この夏は、ぜひチャレンジしてみてはどうでしょう。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ