スポンサードリンク

手洗いの正しい方法が知りたい!洗濯で柔軟剤を入れるタイミングは?

先日、ママ友の間で洗濯のことが話題に
なりました。

手洗いで洗濯をする時、柔軟剤って
どうするか?ということです。

けっこうみんな、分かっているようで
正確なことは知りませんでした。

その時、ママ友の中でもベテランママの
Sさんがしっかり答えてくれたんです。

Sさんいわく、

「私も最初は悩んだよ!でも、やってみると
 意外に簡単!コツは、柔軟剤を入れる所。
 私のコツ教えてあげるね!」

これは、そこにいたママたちみんなが
聞きたかったこと。

もちろん私もです。

手洗いの基本からしっかり聞いてまとめたので、
ご紹介しますね!


スポンサードリンク





基本的な手洗いの方法


手洗いで用意するものは、いつも使っている洗剤
バケツなどの洗い桶です。洗面台のシンクでも
いいですね。特に洗濯板は必要ありません。

手洗い不可のマークがあるものは手洗いできないので
要注意。

tearai_ng

それではまず、洗剤と水を入れて漬け置きします。
衣類は、袖口や襟元など、汚れた部分を外側に
たたんで入れましょう。

thbbib2avr

漬け置きの洗剤は、特に汚れている場合は
重曹漂白剤もいいし、いつも使っている
洗濯機用の洗剤でも大丈夫です。

洗剤の使用量は、パッケージに記載
されている量を目安に入れます。

粉末洗剤や、重曹を使用の場合は手でかき混ぜ、
洗剤をよく溶かしてください。

おふろの残り湯など、ぬるま湯を使えば
汚れが落ちやすいです!

汚れがひどい場合は、10分ほど
漬け置きしますが特にひどくない場合は、
省略してもかまいません。

漬け置きがおったら、洗い始めますが、
漬け置きに重曹漂白剤を使った場合、
泡立たないので、洗剤を追加します。

洗剤だけを使用していれば、何も追加しなくて
OKですよ。

20~30回ほど、衣類を押したり、持ち上げたり
洗剤を泡立てるようにして
洗います。

  1. 押し洗い
  2. 基本の洗い方は押し洗いです。

    特別に汚れがひどい場合やシミがあるときは
    パンをこねるときのように水流を作りながら
    もみ洗いしましょう。

    ただ、セーターなどのウール製品は、縮んでしまうので
    絶対に揉んではいけません。

    優しく押し洗いしましょう。

    こすり合わせたり、ブラシを使ったりしても
    汚れが落ちやすいです。

  3. つかみ洗い
  4. 特に部分的に汚れがある場合は、
    にぎったり離したりを繰り返すつかみ洗い
    いいでしょう。

  5. たたき洗い
  6. こすると縮んだり、ダメージを与えるものや
    ダウンジャケットのえり、そで汚れなどには
    たたき洗いがおすすめです。

    たたき洗いは、洗剤の原液をスポンジや
    歯ブラシにつけて、軽くたたきます。

  7. 振り洗い
  8. 薄手のブラウス、シルクなど繊細なものは、
    振り洗いが向いてます。

    ひたした衣類の両端をつまんで、
    素早く洗濯液の中で振るように洗います。

セーターの押し洗いの動画を
貼っておきますね。



柔軟剤はいつ入れる?



tha6w2rq2q

充分に洗ったら、すすぎます。
泡が切れるまで何回か、水を変えるのを
繰り返します。

最後のすすぎにはお風呂の残り湯ではなく、
キレイな水を使いましょう。

柔軟剤を使用したいとき、入れるタイミングは
ここです。

最後のすすぎの後に入れましょう

柔軟剤は適量をいれて馴染ませます。

柔軟剤は衣類に残すものなので、
すすいで流してしまうことのないよう、ご注意ください。

柔軟剤が浸透したら、最後は脱水です。

脱水は、タオルなど手で絞っても良いものは簡単ですが
手で絞るとシワになったり、型崩れする場合があるので
ここは洗濯機の脱水を利用します。

洗濯機の脱水は30秒くらいで十分です。

おわりに


thsrs8xd4h
手洗いの方法、意外に簡単で、汚れが
良く落ちそうですね。

柔軟剤を入れるタイミングも、しっかり
覚えました。

これは、ママ友一同、Sさんに感謝です(^^♪

デリケートなものも、こまめに手洗いすれば
クリーニング代の節約にもなるので
頑張って洗いたいと思います!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ