スポンサードリンク

銀杏の殻の割り方!結構簡単に割れちゃいました!

叔父から、殻付きの銀杏を沢山貰ったのですが
銀杏は好きなんですが、殻を割るのが大変!

278038

「叔父さん!銀杏はありがたいんだけど
 殻の上手な割り方教えてよ!

 ペンチじゃ潰しちゃうし、金づちじゃ
 指叩いていて痛いから。」

というと、叔父は、

「なんだ、そんな事も知らないのか?
 じゃぁ、良い方法教えてやるよ!」

と言って、何やら用意してきました。

持ってきたのは、茶封筒、プライヤー、新聞紙
レンガ
です。

どの道具も、叔父が仕事柄持っている物ですが
家庭にない訳ではないですね。

プライヤーも、100円ショップで売っていますので
買うとしても、そんなに高価な物ではないです。

さて、こんなものでどうやって割るのでしょうか?


スポンサードリンク



割り方は色々

割り方は、色々とあるようです。
簡単な物から、順番に実演してくれました。

それぞれ一長一短あるので、自分に合った方法で
割れば良いと言っていました。

では、その方法です。

茶封筒と電子レンジ

先ずは一番簡単な方法です。
やり方は、非常に簡単ですが、ちょっとだけ
注意しておかないといけない感じです。

025695

やり方は以下の通り!

  1. 封筒に銀杏を10個くらい入れる
  2. 封筒の中に、ただ銀杏を入れるだけです。

  3. 封筒の口を3回ほど折る
  4. 封筒の口を2~3回ほど折ります。
    破裂した殻が、封筒からでない様にする為です。

  5. 電子レンジで50秒ほど加熱
  6. この時は、500Wの電子レンジで50秒ほどでした。
    ただ、この時間と言うのは、あくまで目安で
    破裂した音が3回位聞こえたら、加熱をやめます。

この方法で、結構簡単に割れる感じですが、中には
割れない物もあります。

割れない物は、他の方法で割ると良いようです。
加熱時間は、あまり長いと、銀杏の実が
硬くなって食べられなくなるそうです

実際にやった時には、すべての銀杏の殻を
破る事が出来ました。

プライヤーを使う

この方法は、プライヤーを使って割れ目を入れて
乾煎りする方法です。

プライヤーとは、ペンチの様な物ですが
挟む所の幅を変える事が出来る物です。

最近では、100円ショップの工具コーナーでも
売っていますので、簡単に手に入れる事が出来ます

ちょっとだけ力が要りますが、簡単です。
方法は以下の通りです。

  1. 銀杏の殻のスジの所を挟む。
  2. 銀杏の殻の筋の所を、挟みます。
    このスジの所を挟む事で、簡単に割れるそうです。

  3. 少し力を入れてパチッと割る。
  4. 少しの力を入れて挟み込むと、パチッと割れます

  5. そのまま乾煎りする。
  6. 加熱していない場合には、乾煎りします。

この方法、先に紹介した電子レンジで
割れなかった物も、この方法で割る事が出来ます

電子レンジで加熱した物は、殻を剥くだけで
食べられます。
加熱していない物は、加熱してください。

一つ一つ殻を剥く必要があるのと、ちょっとだけ
力がいるので、面倒ですが、一番確実と思います

プライヤーが無い場合には、ペンチで挟む所の奥に
空間が有るものであれば、代用が出来ます。

ただ、ペンチで銀杏の殻を剥くのにちょうど良い
大きさの穴が開いている物は少ないですね。

新聞紙とレンガを使う

ちょっと雑な感じで、後片付けも面倒ですが
一挙に沢山の銀杏を割る時には、便利ですね。

215250

ただ、中には、潰れちゃうものもありましたので
あまりお勧めは出来ないですね。

出来れば、上の2つの方法で殻を剥くのが良いですね

やり方は以下の通りです。

  1. 銀杏を加熱
  2. 銀杏をフライパンで加熱します。
    時間にして5分ほどでした。
    目安として、何個かはぜる音がするまでです。
    はぜるので、蓋をしておくのが良いですね。

  3. 加熱した銀杏を新聞紙の上に
  4. 加熱した銀杏を新聞紙の上に載せます。
    新聞紙は、3枚位有った方が良いですね

  5. 新聞紙を2つ折りにする
  6. 新聞紙で銀杏を挟む感じです
    この後、叩きますので、殻が飛び散らない様に
    する為です。
    出来れば、新聞紙よりもタオルなどの方が
    良いらしいです

  7. 上からレンガでたたく
  8. 力加減をして、レンガでたたきます。
    この時、力を入れすぎると実が潰れちゃいますし
    力が足りないと割れないです。
    力加減も難しいですし、割れ具合もマチマチです

最後に

他にも、銀杏の殻を割る道具もありますが、結構
高価な物になっていますので、以上の方法が
簡単に安く出来ると思います。

全ての方法をやってみましたが、手間と時間を
考えると、電子レンジを使うのが一番
オススメです

因みに殻を剥いた後、薄皮が残っている場合には
銀杏の実が浸る位のお湯を沸かして、その中で
グルグルかき混ぜると、カンタンに向けます。

結構大量にもらったのですが、子供たちも
好きなので、直ぐに無くなりそうな予感がします

その前に、この美味しい味と風味を、存分に
味わう事とします。

ちょっと塩降って食べると、美味しいんですよね!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ