スポンサードリンク

パンケーキとホットケーキの違いは?食事用?デザート用?

この間、友達とパンケーキ屋さんに行ってきました。
テレビでもよく出てくるパンケーキ。
行ってみてビックリです。

これ、ホットケーキじゃない?

36a444bded103dfb71aaccecb9ace9fb-300x300

出てきたものは
ホットケーキに生クリームとイチゴが乗ってて
美味しかったのですが、

ホットケーキ、昨日食べたし・・・

私はてっきり「パンケーキ」なんていうから
「パン」みたいな「ケーキ」
クロワッサンとかのケーキかと。

思っていたのと随分違う。
友達に聞いてみても

「これがパンケーキよ?」
と不思議そう。

見た目は全く同じなのに
パンケーキとホットケーキって
何が違うの?

気になったので、
すぐに調べてみました。


スポンサードリンク



パンケーキとホットケーキの違い

パンケーキの「パン」は、
フライパンなどの平らで取っ手のついた鍋
ということです。

なので、パンケーキはフライパンなどで
焼いたものの総称です。

パンケーキもホットケーキも、
中身や形が同じなので
本来は同じものです。

きちんとした定義付けはないですが、
日本では、パンケーキは厚みが薄めで
甘さ控えめの食事用として食べられていて、

ホットケーキは厚みが厚く、
甘めなので、デザート向きとされています。

ホットケーキミックスと
パンケーキミックスを販売している
メーカーの内容は

パンケーキは砂糖不使用
ホットケーキは砂糖が使われている、
という違いもあります。

パンケーキとホットケーキの歴史

パンケーキとホットケーキ、
今では違うものと認識されている二つですが、
日本に最初に入ってきた時から

二つ一緒だったのでしょうか?
そもそも起源って?

次はパンケーキとホットケーキの歴史について
調べてみました。

パンケーキの起源

パンケーキはそもそも古代ギリシャ人
食べていたところが
起源と言われています。

正確に資料に残っているのは16世紀。
アメリカでよく食べられるようになるのは
19世紀だそうです。

元々明治時代にパンケーキ
日本にやってきたのですが、

パンケーキと呼ばれて親しまれるのは
まだまだ先のことのようです。

ホットケーキの起源

明治時代にパンケーキが入ってきましたが、
日本でブームになったのは、大正時代。

東京で「ハットケーキ」という名で
一大ブームになりました。

「ホットケーキ」という名前は
最初に素を売り出した
ホーム食品という会社で

「あったかいケーキだから
ホットケーキにしよう」
ということで、
決まった商品名だそうです。

それを他の食品メーカーが
ホットケーキの素を売る時に使いました。

そして、森永の「森永ホットケーキの素」
一躍人気になったので、

「ホットケーキ」という名前が
今の日本に定着したそうです。

海外にも「ホットケーキ」という言葉はあるのですが、
「飛ぶように売れる」と言う言葉を
ホットケーキというそうなので、

日本の「ホットケーキ」は商品名から作られた
造語になります。

だから、英語で
私はホットケーキを食べます、という時は
私はパンケーキを食べます、と言ってください。

おわりに

a41b2f64385d78ab709af9ab1743a16a-300x200

ホットケーキは生地自体が甘いですが、
パンケーキは後から付けるもので、
食事系にもデザート系にも

出来るということが分かりました。
形はそっくりですが、

日本の中ではきちんとすみわけが
出来ているのですね。

生地の厚みが薄いか、厚いかも
お店によって変わります。

何センチ以上がホットケーキ、とか
そういう定義はありませんので、
厚いパンケーキもあるかもしれませんね。

また元々の名前の起源から
二つはまったく別のところから
始まっているとは思いませんでした。

ホットケーキというのは
日本だけなのですね。
海外に行ったときは要注意ですね。

今ダイエット中の私は甘いホットケーキよりも、
パンケーキをご飯にして、
甘い物への意欲を断ち切ろうと思います。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ