スポンサードリンク

熱中症は室内でもおきる?こんな症状に気をつけて!

夏になると、ニュースでよく聞く、熱中症
外出の時に、気を付ければ大丈夫と
思っていませんか?

熱中症といえば、屋外、暑い日中、
運動
、といったキーワードが
浮かびやすいものです。

実は、室内でも熱中症は、おこるのです!

暑い日の、外出時には、気をつけていても
室内にいるときは、意識しないですよね。

事実、近年は、室内での熱中症の事例が
増えてきているんです。

知らないでいると、あなたも室内で
熱中症になってしまうかも!


スポンサードリンク



そもそも熱中症ってなに?

熱中症とは、暑さに体が対応できなくなり
汗をかく量が、調節できなくなり
体温調節機能が、うまく働かなることです。

気温が高い・湿度が高い・日差しが強い
・風がない、といった環境

高齢者や子ども・体調が悪い・脱水気味
といった体の状態

激しい運動・長時間水分を取らない
などの行動

これらの要因が重なって、体温調節機能が
うまく働かなくなり、体内に熱をため込む
ことで、熱中症を発症します。

熱中症は

  • 熱疲労
  • 脱水症状と急激な血圧の低下によって
    頭痛・めまい・吐き気などの症状

  • 熱けいれん
  • 水分の補給と、塩分の補給のバランスが
    悪く、お腹やふくらはぎの筋肉が
    強くけいれんする症状

  • 熱失神
  • 高温多湿な環境での、長時間の活動などで
    末梢血管の拡張によって、血圧が下がり
    めまいや失神をおこす症状

  • 熱射病(日射病)
  • 体温調節機能が麻痺して、体温が上昇し
    吐き気・頭痛・言動異常・意識喪失を
    おこす症状

4つの症状があり、熱射病ともなると
死亡することも
あります。

もし、熱中症になった場合は、初期症状の
段階で、気がつくこと、そして、適切な処置を
行うことが大事なんです!

室内でおきる熱中症の原因とは?

クーラーで、気温湿度が調節できる、今
室内で熱中症なんて、本当にあるの?
そう、思いませんか?

建築技術が高い、今の住宅事情では
気密性が、高く作られています。

その気密性は、エアコンを使うにあたり
とても有用なのですが、暑いからといって

1日中エアコンを使うのは、
考えちゃいますよね。

窓を開けていても、風が通らなければ
室温は、高く保たれて、しまいます。

高温な上に、湿度が高くなると
体内の熱を、発散しにくくなるので
気温だけではなく、湿度にも注意です。

なかでも、
寝ている時や、キッチンでの作業時は、
熱中症の要注意タイミング
です。

寝ている時に、トイレで起きたくないからと
水分を控える、節電でエアコンを控える等。

睡眠時は、予想以上に、汗をかくので
体は脱水気味となり、
熱中症になりやすい状況なんです。

真夏のキッチンも、気をつけてほしい
スポット!

キッチンって、エアコンの風
届きにくかったりしませんか?

換気扇を使っていても、あれこれ調理を
していると、熱がこもりだします

熱中症の要因、高温多湿になりやすいので
キッチンでの作業時
気をつけてくださいね!

覚えておきたい、熱中症の対処法と予防法

気をつけるといっても、どう気をつければ?
熱中症には、どんな対処をしたらいいの?

そんな疑問にお答えします。

まずは予防法

窓をあけて、風通りをよくすること。
直射日光をさけるのに、すだれを使う
風通りを防ぐことなくいいですよ。

気温が高い日は、迷わずエアコンを
使う
ことをおすすめします。

とにかく、高温多湿の、環境にしないこと。
室内温度は28度以下、湿度は60パーセント
以下
を心がけて。

水分補給も、こまめにすることが大事です。
汗と一緒に、塩分も排出されてしまうので
水分と一緒に、塩分の摂取も忘れずに!

そして、もし、熱中症になった時の対処法

涼しい場所に移動して、服などをゆるめて、
風通しよくしましょう。
そして、体を横にして休めてください。

その時、首筋や、わきの下を冷やして
血流を使って体全体を冷やしていくことも
効果的です。

頭痛やめまい、体温がさがらない、
筋肉のけいれん、などの症状がでたら
すぐに対処してくださいね。

まとめ

ちょっとした体調不良かな、
と、そのままにしておくと、
重症化してしまう例もたくさんあります。

対処をしても、状態が良くならない場合は
迷わず、病院で、診てもらってくださいね。

熱中症は、死ぬこともある、ということを
忘れないでください!

予防をして、それでも、熱中症になった
場合は、初期症状の段階で
素早く対処
をする

これらをふまえて、
健康的に、夏をすごしてくださいね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ