スポンサードリンク

歯の矯正!保険で子供の治療はできるの? 

我が家の娘、小学生の頃に歯の噛み合わせ
悪くて、歯の矯正をした経験があります。

dentist-concept-vector_23-2147497263-300x241

かかりつけの歯科医の勧めで、マウスピース
使った矯正を3年間行いました。

中学生の今では、きれいな噛み合わせに。

当時、クラスにもブラケットでの歯の矯正を
している子供が、3人ほどいました。

子供が歯の矯正をしている親同士の会話の中で、
もっぱら出るのが、治療費のこと。

本当に、高いんです!
歯の矯正は、なぜこんなに高いのか?

一般的な虫歯などの治療費と、どう違うのか
経験談と共に紹介しますね♪


スポンサードリンク





歯の矯正はなぜ高い?


歯の矯正治療は、期間も長くかかるうえに、
とても高額、とよく言われますよね。

ha_kyousei-258x300

初診から矯正治療を終えるまで、全体的には
100万円ほどの費用が相場、と言われています。

なぜ、歯の矯正治療費が、こんなに高いのか?

それというのも、一般的な歯の矯正治療には
健康保険が使えないからなんです。

子供が歯の矯正をした、という知人に聞くと、
子供の場合、年齢により段階があるとこと。

子供の矯正治療費とは?


子供の場合。乳歯永久歯、顎の成長などの
関係もあるので、段階的な治療が行われます。

dentist-cabinet-vector_23-2147494573-300x290

  • 3~10歳
    この時期は、歯や顎の成長も著しいです。
    初診~矯正治療まで、30万~60万円

    この時期に、永久歯がきれいに生えるように
    顎の成長などのバランスを整えていきます。

    しかし、本格的な矯正治療は、永久歯が全て
    生えてから、行うことが多いです。

  • 10歳ぐらい~
    顎の成長がとまったところで、ブラケット
    ワイヤーなどで矯正治療をします。

    前段階から引き続き治療をする場合には、
    25万~65万円ほどかかります。

    ちなみに、この段階からの治療だと、70万~
    100万円
    ほどかかります。
歯は一生ものだから、大事にしないとね、
という気持ちもありませが、やっぱり高額です。

歯並びや噛み合わせが、歯の病気だとばっかり
思っていたのに、保険が使えないのは、なぜ?

その理由には、こんなものがあるのですよ。

歯の矯正に保険が使えない理由とは?


歯並びや噛み合わせが悪いことで、様々な症状
出ることもある、と言われることもありますね。

  • 虫歯になりやすい
  • 噛む・飲み込む能力の低下
  • 肩こり・頭痛
  • 体のゆがみ など
しかし、どの症状も、噛み合わせが直接的
原因となる科学的な根拠はないのです。

噛み合わせ以外の、何か他の複数の要因が
複雑に絡み合って、これらの症状を作り出して
いる可能性もあります。

pikapika_ha-291x300

それほど、人間の身体とは複雑でデリケートな
ものでもあります。

噛み合わせが、素晴らしくよい場合でも、頭痛や
肩こりのある人は、たくさんいますね。

噛み合わせだけを治せば、スッキリと症状を
改善できる決め手もないのです。

このような理由から、歯並びや噛み合わせが悪い
ことを病気とは捉えずに、審美的な治療、との
位置付けになっているのです。

見た目を重視するための治療だから、健康保険が
使えない、という訳なんですね。

しかし、保険が使える場合もあるんです!
それには、どんな条件があるのでしょう?

保険が適用される矯正とは?


保険が使える歯の矯正の条件とは、

  • 歯の矯正治療だけでは、完治できない症状
  • 厚生労働省から認定を受けた医療機関での治療
  • 外科手術を伴う治療をする
  • 手術よりも先に矯正治療を受ける

上記の条件を全て満たしていれば、保険が適用
できますよ。

つまり、ブラケットやワイヤーなどでの
矯正治療のみで完治するものは、保険を
使う事ができません!

上顎が出ている・受け口・顔が非対称など、
先天的に顎の骨格に支障があり、外科的な手術
伴う症状には、保管が適用されますよ。

骨格に原因があり、歯の矯正を行っても、充分に
症状が改善されないことが条件になります。

まとめ


このように、健康保険が使える歯の矯正も
あるのですが、骨格の成長が止まってからの
治療になります。

そうなると、高校生ぐらいから外科手術を行う
ことになります。

我が子の歯並びの良し悪しは、一生ものですから
歯科医からの指摘があれば、何とかしたいですね。

私の子供の場合は、比較的軽い症状だったので
ブラケットでの矯正は必要ありませんでした。

しかし、3年もかかりました!
歯の矯正は、実に根気が必要です。

定期的な診療や器具の調整など、親としても
子供の治療に、寄り添わなくてはなりませんね♪


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ