スポンサードリンク

扶養家族の条件!別居している場合は?

最近、一人暮らしの母の体調がよくないです。
倦怠感や疲れがとれにくくなり、
たまに頭痛やめまいもすると、言っていました。

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s-300x200

母はパート勤めをしていたのですが、
それを辞めて、ゆっくり過ごしてもらいたいです。

母とは別居はしていますが、金銭面など、
今後の生活の面倒は、私がみていくつもりです。

そんなとき、母を扶養家族にできる、と聞きました。
私のように別に住んでいる場合、母を私の扶養家族
入れることは、できるのでしょうか?

別居している場合の扶養家族の条件について、
詳しい同僚や友人に聞いたり、
自分でも、インターネットで調べてみました。


スポンサードリンク



別居の場合の扶養家族の条件

扶養家族の条件の規定は、
所得税社会保険で、違いがあります。
それぞれに分けて、ご紹介します。

また、扶養家族は税制上は扶養親族と
いいますので、扶養親族で説明します。

所得税の場合

所得税の扶養親族の条件は、以下の4条件
全てあてはまる人のことを指します。

  1. 配偶者以外の親族
    または都道府県知事から養育を委託された児童。
    市町村長から養護を委託された老人。
  2. 納税者と生計を共にしていること
    たとえ別居をしていても、毎月の仕送りなどで、
    親族の家計を支えているのであれば、
    「生計を共にしている」といえます。

    特に仕送りの額に決まりはありませんが、
    仕送りで生活していることを証明するために、
    仕送りには、銀行振込を利用しましょう。

    また、仕送りは半年分などまとめて送金すると、
    生活費の仕送りとしては認められません。
    少し面倒ですが、毎月仕送りする必要があります。

  3. 年間所得が合計38万円以下
    遺族年金や雇用保険などの非課税所得は、
    所得には含まれません。
  4. 給与の支払いを受けていない
    青色申告者の事業専従者として給与の支払いを
    受けていないこと。
    及び、白色申告者の事業専従者でないこと。

まとめると、別居している母を扶養親族にする場合は、
生計を共にしている証拠を残すために、
銀行振込で、毎月仕送りをする必要があります。

社会保険の場合

社会保険の扶養親族の条件は、以下の3条件
全てあてはまる人のことを指します。

  1. 被保険者の親族であること
    配偶者(事実婚でもOK)、子、孫、兄弟など
  2. 被保険者と生計を共にしている人
    社会保険の場合も、別居をしていても、
    仕送りで生活している証明ができればOKです。
  3. 年間収入が合計130万円以下
    60歳以上の場合は180万円以下。
    社会保険の場合は、所得税では非課税の、
    遺族年金や雇用保険などの給付額も含まれます

社会保険の場合も、仕送りの証明ができれば、
別居していても、扶養親族にできます。

年間収入額の規定が、所得税と社会保険では
異なりますので、注意しましょう。

4a5e74224e7cb0f467b04ba4dfe2743d_s-300x200

まとめ

いかがでしたか。
別居の場合の扶養家族の条件について、
調べた内容を、まとめました。

毎月仕送りをしていれば、別居していても、
扶養家族にできることがわかりました。

早速、会社に扶養家族の申請を
してみようと思います!

別居している家族の扶養条件を
知りたい人は、ご紹介した内容を、
参考にしてみてくださいね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ