スポンサードリンク

専業主婦って暇?そんな事はありません!夫に思い知らせる方法とは!

突然、前の職場の友人から電話です!
結婚してからは、あまり連絡もなかったのに
もしかして、おめでた?

等と軽い気持ちで電話に出てみると・・・
突然の泣き声で、ちょっと聞いてよ!

休日という事もあったので、ランチに
誘って、話を聞く事に

会った時の見た目は・・・やつれたな・・・
でした。

そして話を聞いてみると、色々と
不満もあるようで、旦那や義理の家族への
不満爆発です。

284199

何と言うか、鬼気迫る様な感じです(^^ゞ

ランチを持って来たウェイトレスの人も
怖そうにしていました。
怒られるんじゃないかと言う感じです。

よくよく話を聞いてみると、ある原因が
見えてきました。


スポンサードリンク



見えてきた原因

この彼女と、旦那に当たる彼とは、2人とも
良く知っています

非常に仲が良く、結婚するまでは
お互いが、公私ともに良きパートナー
と言う感じでした。

ちょっとだけ、双方ともに、我を通すタイプ
だったのですが、そこは愛の力?
旨い事、衝突は避けていました。

そんな周りの事も分かっていたので、話す内容は
何となく想像つきます。

しかも、お互いの気持ちも、なんとなく・・・

彼女との会話を紹介すれば、良く分かると
思うのですが、ちょっと表現に困るので
辞めといて、見えてきた要点を書くとこうなります。

  • 旦那の両親のいう事を聞きすぎ
  • 女として扱ってくれない
  • 専業主婦になれと言ったのに甲斐性が無い
  • 何かあると「家でゴロゴロしてるんだから」と言う
  • 専業主婦になった途端偉そうになった
  • お金の使い方に細かい

まぁ、まとめるとこんな感じです。
他にも、まぁ、色々と(^^ゞ

一通り、話し終わるまで聞いた後、彼女お得意の
「これってどう思う?」攻撃

正直慣れているので、落ち着くまで
話を流していました。

で、落ち着いてきたので、カフェで
ゆっくり話す事にしました。
来店して、既に2時間は過ぎているので場所を変えて。

解決策はあるのか?

で、カフェでゆっくりと、地雷を踏まない様に
話を始めました。

009783

ここで、彼女の名誉の為に行っておきますが
彼女は、ココまでよく耐えて、やって来たと思います

さて、解決策ですが、これらを一気に片付ける
良い策があるんです!

これは、彼に、彼女の素晴らしさを再認識させる
方法です。

そう、専業主婦を辞めて、働く様にする事です
今迄、話を聞いていると、専業主婦になって
家の事を一生懸命している彼女に

旦那である彼が、それを「あたりまえ」として
何も評価しないで居るのが原因。

となると、その家事をするのが大変である事を
彼に認識させて、どれだけ大変かを
知ってもらうのが一番です

そして、働く理由として、金銭的な事を言うより
彼が大変だから、少しでも役に立つ事を
いう事としました。

働き始める前に

少しだけ、姑息な手段になるのですが
働き始める前に、彼の前で、彼が怒らない程度に

「○○って大変なんだよな」とか言っておくと
効果てきめんです。

色々と、言葉で刷り込みをしておきます。
その時に、男の方からは、「それがお前の仕事だろ!」
等と、失礼な言葉もありますが、スルーです。

そして、働着始める直前まで、彼が自分は王様
と勘違いする様に、仕向けます。

正直、働き始めるまで、大変ですが
その後、彼に家事を手伝わせるには
やっておいた方が良いですね!

いざ働き始めたら

働くと言ったら、難色を示す事もあるでしょう。
そんな時には、「専業主婦って暇なんでしょ?
なら、少しでも働いた方が良いじゃん!」

言ってやりましょう!

で、働き始めたら、反撃開始です。
専業主婦は大変だという事を思い知らせて言います。

先ずは、簡単な所からやらせていきます
ただし、やらせたことに対して、文句は言ってはいけません。
やらなくなってしまいますから。

嘘でも、「ありがとう」と言うと、男は単純なので
やってくれるようになります。

その順番の例ですが、彼女の場合はこうする事と
決めたようです。

  1. 洗濯物の折りたたみ
  2. 洗濯物の取り込み
  3. 洗濯物干し
  4. ゴミ出し
  5. 玄関のお掃除
  6. 居間のお掃除
  7. お風呂のお掃除
  8. トイレのお掃除
  9. 食器の片付け
  10. 食器洗い
  11. ちょっとした買い物
  12. 食材の買い出し

この他に、お子さんが居る場合には、お子さんの
相手なども、やってもらいましょう。

どうしても、仕事の都合で、抜けられないとか言って
会社では、何でもやりますよ!という風に
すると良いですね。

取りあえず、彼女は、前の生気の有る顔で
元気に帰って行きました!

あれから半年たって

その彼女から、また、連絡がありました。
前とは違って、元気のある、明るい声です。

ランチでもおごるから。。。と言うので
行くと、満面の笑顔で、ハグから始まりました。

どうやら、就職するまで大変だったけど
今では、家事はキッチリと半分やって
くれる様になったとか。

そして、専業主婦の大変さも分かってくれて
新しい家族が出来そうだとの事です。

めでたいことづくめで、良かったのですが
1つ、問題があるのだそうです。

それは、今の会社を辞めるか辞めないか
結構、評価してくれていて、辞める可能性がある事を
話したら、育休とか精一杯考えるから
残ってほしいと言われているそうです。

まぁ、ここまで話が進んでいるのだとすれば
彼女の中では、答えは既に決まっている状態

後は、誰かに、背中を押してもらいたいだけ!
何故、それが私なのかが疑問ですが・・・
旦那が居るじゃん!旦那が!

と思ってはいましたが、
「それ、やるしかないじゃん!」
しっかり背中押してきました。

最後に

世の男性の方!
嫁にして、専業主婦になってもらったからと言って
安心していてはダメですよ!

ちゃんと、職場で働けるのが、誰のおかげなのか?
夕飯を家でゆっくり楽しめるのは誰のおかげなのか?
洗濯物が綺麗なのは誰のおかげなのか?
家が綺麗なのは、誰のおかげなのか?
等々

キッチリ考えて、奥さんを大事にしましょうね!
愛想つかされて、離婚すると、結構
みじめに感じますからね!

専業主婦は、暇じゃない、ちゃんと働いている事を
認識しましょうね!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ