スポンサードリンク

室外機の掃除方法♪手入れをして長く使うコツ!

2月の雪が深々と降る寒い時期、ついに
我が家の温水ルームヒーターが故障して
しまいました。

購入してから、修理に修理を重ね15年、
さすがに、もう限界でしょう。

本当に長持ちした、と感慨深くもあった
のですが、その気持ちを上回る部屋の寒さ!

雪国の寒さは、予備のストーブだけじゃ
賄えないんです。

すぐに電機店に行って、エアコンを購入し
取付けてもらいました。

もちろん、このエアコンも手入れをして
長く使いたいと思っています。

そこで思ったのが、室外機のことです。

部屋の中のことばかり考えていたけど
エアコンの室外機って、掃除するべきもの
なのでしょうか?

あんまり知られていない、室外機の掃除の
仕方を一から調べて
みましたよ。


スポンサードリンク



室外機の掃除はなぜ必要?

エアコンの室外機は、部屋に設置する
室内機と二人三脚で役目を担っています。

部屋の温度を下げる時には、部屋の
外に、温度を上げる時には、外の熱を
部屋の中に移動させます。

エアコンは、室内と室外の熱の移動を
することで、温度の調節をしています。

排熱を担う設備が故、室外機が汚れて
しまうと、

  • 熱を運ぶ効率が悪くなり、電気を
    無駄に消費する恐れがある。
  • 過剰に作動し、突然故障する恐れがある。

置いた場所にもよりますが、屋外なので
ゴミや木の葉などが詰まることもあります。

室内機ほど、まめに掃除はしなくても
いいんです。

年に2回ほどは、点検し掃除します。

室外機の掃除を忘れないようにするには

  • 冷房を使い始める5、6月
  • 暖房を使い始める10、11月

と、使い始めと共に、室外機の様子を見て
掃除をするといいですよ。

室外機の掃除の仕方

室外機の掃除のポイントを詳しく見て
いきましょう。

その前に、室外機の掃除をする時には
電源を切ってからおこないましょう。

念のため、ケガの防止のために軍手
して掃除をしていきましょうね。

室外機の表側の掃除

室外機の汚れを見てみます。

室外機の表側のファンの部分ゴミなどが
入っていたら、ブラシで掻き出すか、
掃除機を使ってゴミを吸い取ります。

ファンの内部に入り込んだゴミは、
異音や故障の原因につながります。

ゴミを取り除くのは最善の策ですが、
見える範囲で無理せずに掃除しましょう。

見えない内部までを、棒などで無理やり
掻き出そうとして、傷つけてしまう恐れが
あります。

無理やり掃除せず、分解しなければならない
ようなら、専門業者にお願いしましょうね。

室外機の裏側の掃除

室外機の裏側は、アルミの薄い板がたくさん
集まっているアルミフィンになっています。

裏側は、熱交換機になっているため、ゴミ
などが付いていると、熱交換がスムーズに
いかなくなります。

このアルミの部分は、とても繊細なパーツで
物を押し付けたりすると、簡単に変形して
しまいます。

掃除機の付属のブラシで、優しく吸い取り
掃除します。

水抜き穴もチェックする

室外機の下の部分には、水を排出する穴が
あります。

水抜き穴がゴミなどで詰まってしまうと
水抜きされず、部品がショートしやすく
なります。

屈んで見ないとわからないような場所に
あるのが水抜き穴ですが、割りばしなどを
使ってゴミをとるといいですよ。

まとめ

室外機は、屋外に置くことになるので、
風にさらされ、吹き溜まりになることも。

熱排出の効率を保つには、置き場所にも
工夫をすると、もっと良くなりますよ。

室外機の20㎝以内には、物を置かない
ようにスペースを開けておきます。

普段から、室外機付近にゴミがないか
チェックしておくといいですよね。

また、屋外で汚れやすいですが、水は
室外機の横側からかけないようにします。

室外機は、上部からかける水には耐久が
ありますが、ファンやアルミの部分などは
精密機器なので、水は厳禁ですよ。

どうしても、室内のエアコンのことが
重視されがちですが、室外機を手入れする
ことで、長く使うことができるんですね。

今回も大事に長く使うためにも、年に2回
室外機のを手入れしていこうと思います。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ