スポンサードリンク

実家へ仕送り!結婚後も続けていい?それともやめるべき?

先日、結婚を控えた友人から電話があり
結婚相手と意見が合わない
と、悩みを相談されちゃいました

なんでも、友人は働き始めてからずっと
親に仕送りを、してきたらしいんですが

6a35c7da3c43c11daac2b93a24085128_s-300x200

結婚相手に
「結婚後は、仕送りはやめてほしい」と
言われてしまったんだとか…

マイホームのためや、子供ができた時のために
資金をためていきたい、という
結婚相手の言い分は、わかるけど

友人としては、今まで育ててくれた親への仕送りを
結婚したからと言って、やめてしまうのは

なんだか、親不孝な気がして
気が進まない、という事らしいんです。

確かに、友人の気持ちも
その結婚相手の気持ちも、両方わかりますよね…

家庭のために貯蓄もしたいけど、両親も大事
という人、多いと思います。

そこで、一般的には
結婚した後の親への仕送りを、どうしているのか
調べた事を、まとめて見ました!


スポンサードリンク



結婚後の仕送りの問題点と対処法

調べてみると、親に仕送りをしている
という独身の人は、男女問わずたくさんいました!

金額は3万円~5万円という人が、多いようですが
中には、10万円渡している!
という人も、少なからずいるようです…!

ただ、既婚者となると
その仕送り金額が
夫婦間でもめる原因になってしまう事が、多い様です。

親への仕送りを続けている人の、配偶者の立場からは
親を大事にしたい気持ちも、わかるけれど
もっと、自分たちの家庭や子供に目を向けてほしい

また、妻、夫、それぞれに両親がいるのだから
家計から仕送りをするのなら
それぞれ平等に、仕送りをするべきなのでは…?

という不満も、多く聞かれます。

でも、月3万円~5万円の仕送りを
双方の両親にするとなると、金額は一気に倍

月6万円~10万円ともなれば
家計への負担は、相当なもの…

ただでさえ、結婚後は、独身時代と比べて
子供のことや、家のローンなど
何かと、お金がかかってくるものなのに

これでは
自分たちの貯金どころでは、ないですよね…

それでも、今まで育ててくれた両親を
見捨てるようなことは、したくない…

そんな時には、独身時代よりも
少し、仕送りの金額を
減らしてみる事を、おススメします!

親のために、仕送りを続けたいという気持ちは
大事にするべきですが
独身時代と変わらずにやるんだ!と決めてしまうと

いざ、子供が欲しいと思っても
貯金がゼロで、そんな余裕を持てない…など
不測の事態に陥らないとも、限りません。

結婚してからは、夫婦でよく話し合い
本当に出せる金額を、仕送りに回すように
家計を見直すべきです。

そして、仕事を頑張って
生活に余裕が出てきたら、増額を考える
という、フレキシブルな考え方をしておけば

親を大事にしつつ
自分の家族も、守る事ができますね♪

もしも、話し合った結果
本当に家計が苦しく、親への毎月の仕送りは無理
となった場合には

月に一回程度
会員制の安売りスーパーなどで買った、日用品
現物支給する、という方法でも援助はできますよ♪

また、父の日や、母の日などに
心を込めた贈り物をするだけでも、親孝行です☆

家計簿を見ながら
一度、家族で話し合ってみましょう♪

453d1f6bb50ee6bd13600a7768bb5163_s-300x200

おわりに

親への仕送りについての、結婚相手との考え方の違いで
結婚自体を悩んでしまう…という人、意外に多いです!

たしかに、これから結婚しようとする人と
自分を育ててくれた親、どちらを選ぶ?
というような選択を迫られたら、迷ってしまいますが

両方を、大事にできる方法があれば
それが一番いいに、決まってますよね☆

友人は、現物支給と聞いて
目からうろこが落ちた、と言っていました…!

親を助けるためには
何も、お金の仕送りという形にこだわらなくても
できる事はいっぱいあるはず、ですよね♪

これからは、相手とも相談して
自分のできる範囲で、親孝行をしていきたい!

なんていう友人に、感化されて
親へは今まで、不義理ばかりだった私も

今年の母の日、父の日には
ちょっと奮発したプレゼントを、贈ろうかな
と、考え中です☆


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ