スポンサードリンク

子供に片付けをさせるコツ?先ずは自分の部屋のおもちゃから!

子供は、散らかし上手!
 どうぞ、お子さんのしたい様に
 させてあげてください。
 片付けはスタッフがやります!」

という張り紙を、飲食店で見かけました。
親としては、有難い飲食店です

小さな子供が、騒いでも良い様に
区切られてもいます

ですが、これが家庭では、そうはいかないです

031702

子供自身で、片づけさせる必要もあります
片付けが出来る子に、なってほしいです。

とはいえ、子供が片付けるのが大好き
という事は、無いと思います。

そこで、今回は子供を片付けが出来る状態に
するにはどうしたら良いのか
を、
実体験に基づいて、お話していきましょう!


スポンサードリンク



先ずは出来る事から

うちの子も、片付けが出来ない子でした
と書くと、今は完璧!という印象に
なってしまいますが、そうではありません。

以前は、子供部屋は、足の踏み場も
無い状態だったのが
、最近では、一応、
移動は出来る様になっています。

因みに、今は、私は一言も「片付けろ!」とは
言っていません

自分で片づけています。
後は、片付ける時間を増やせばOKです。

044612

では、そうなったコツをご紹介しましょう。
最初は、出来る事から始める事です。

うちの場合には、次の様な事をしました。

  1. 種類に応じて置いておく場所を決める
  2. これは、おもちゃはおもちゃの場所、プリントは
    プリントの場所、ゲームはゲームの場所を決めて

    使い終わったら、そこのエリアに戻す
    という事です。

  3. 毎日決めた時間片付ける
  4. これは、毎日5分だけ、もしくは10分だけ
    片付ける為の時間を作る事です。

    時間は何時でも良いのですが、うちでは
    夕食を食べ終わった30分後に行います。

    ただし、事前に申告しておけば、時間を
    づらしてもOKとしています。

  5. 一緒に片付ける
  6. 子供と一緒に、片付けを行います
    最初は、分からないでしょうから、最初だけ
    親から指示するのですが、慣れてくれば

    親は子供の指示に従う様にします。
    ただし、手伝っているという事を
    シッカリと分からせる必要があります。

  7. 忘れて居る時は思い出させる
  8. これは、「なんか忘れてない?」とか
    「部屋の掃除ってしたっけ?と言う風に
    子供が「やらなければ!」と思うようにです

    罰則を付ける人も居るようですが
    うちでは、罰則は付けてないです。

後する事は?

基本的に、する事は、以上の4つだけです。
後する事と言えば、子供の背丈で手が届く所に
片付ける場所を作る事だけです。

カラーボックスでも良いですし、ただの
段ボールでも大丈夫です。

あとは、子供が気付く様に、アラームを
掛けたり、片付けする前に何か必ず
する様にすると、良いですね。

あとは、根気よく、我が子の成長を
見守るだけです。

まとめ

子供に片付けを教えるのは、並大抵ではないです
何回も同じ事を同じ様に、教えてやらないと
出来ないです。

まずは、片付けをするんだ!という習慣
付けるのに、半年近くかかりました・・・・

そこから、分類分けをして、自分なりに片付けて
細かい点は直してやってと、なかなか
やる事は多いです

でも、やり始める事が出来れば、
後は、自然と綺麗にやり始めます

先ずは、親が習慣づけを行ってやる事が
必要ですね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ