スポンサードリンク

子供がいじめられてる?親はこうすると良いかも!

最近は、無くなって、楽しく
学校に行っているのですが

一年前に、なんとも切ない事が有りました。
子供がいじめられている様だったのです。

それに気づいたのは、些細な事でした
学校から帰ると、何かしら
傷が増えているのです。

234548

いつもは、少しひっかいた位だったので
爪の手入れをしっかりしたり
掻かない様に言ったりしていました。

その時には「うん」と言うだけです。
何となく違和感はあったのですが、子供からは
学校は楽しいと言うので、そのままにしていました。

それが、ちょっと酷いけがをして帰って来たので
これは、流石にオカシイと思って
子供と、時間を掛けて話しました。

そうすると、思わぬ事が分かってきたのです。


スポンサードリンク





仲良かったんじゃないんだね!

怪我は、肘と膝に、大きなスリ傷が有ったのです。
擦り傷だけではなく、内出血まで。

よくよく話を聞いてみると、今迄、良く遊んでいるので
仲が良いと思っていた子が、実は苛めている感じです。
(はっきりとは言いませんが・・・・)

最初は、些細な事で、ちょっと爪で引っかいたり
する位だったのが、だんだんとエスカレート
その日は、階段から突き落とされたとか。

とはいえ、段数は1段と言ってましたが
たとえ一段でも、階段は危なすぎです

これは一大事!
早急に、親に文句をと思ったのですが、男の子は
小さいながらプライドを持っています。

とはいえ、このままではいけない。
そう思って、夫に相談しました

そうすると、意外な事が分かったんです!

そういう時にはこうすると良いよ!

息子の事を話し終わると、夫から衝撃的な
言葉が出てきました。

「やっぱり、俺の子だね!
 俺も、その経験あるんだ!」


驚いた顔していると、夫からまたもや
驚きの言葉が・・・

「その事なら、対応策があるから、子供
 呼んできて!

 お前は、部屋の外で聞いてて良いけど
 絶対に中には入ってきちゃダメ!

対応策がある?
しかも、父親と息子だけで話す?
納得がいかない!

そんな顔してたんでしょうね。
納得はしないけど、分かる様な訳を教えてくれました。

「男の子は、どんなに小さくても、負けたくない!
 という気持ちがあるんだよ。
 一種のプライドと言う感じかな?

 特に、あいつは、母親に弱いとこ見られたくないんだよ
 弱いの丸わかりでも、お前には強がってるでしょ?」

なるほど・・・納得はしないけど、そういう事にして
子供の為になるなら、そうしよう。

隣の部屋で聞いた内容

子供に、お父さんが呼んでるよと言って
子供を読んできて、夫の待つ部屋に・・・

私は隣の部屋から聞いていました。
その事を分かってか、夫は私に聞こえるように
話し始めました。

096296

夫「今日は、お父さんの小学校時代の必殺技
  教えてあげよう!

  お前も小学生だからな。
  知っておくと、皆にちょっとかっこよくできるぞ!

息子「え?そんな事出来るの?

夫「出来るさ!頭の良いお前なら直ぐに出来る様に
  なるさ!」

息子「教えて教えて!」

という事で話し始めたのが、いじめ対策法のようです

まとめると、こんな感じになります。

  • 嫌な事言われたら「見本見せてよ!」と言う。
  • これは有効な気がします。

    どんな事かと言うと、「お前、死ねや!」と言われたら

    「分かった、先生に言ってから、お前が先に死んで、
     死に方の見本見せてや

    という事です。

    小学生には、何も言い返せないし、やる事も
    ほぼ不可能な事ですね

    なにせ、何やるのか先生に行ってから行動
    する訳なので
    、何かしらの処置が入るでしょう。

  • 痛い事されたら大きな声で理由を聞く。
  • これも有効な気がしますね。
    小学校で、大声を出すと、結構響きますからね。

    それに、先生にも聞こえます。
    対応としては良いと思うのですが、ちょっと
    我慢しすぎな様にも思えます。

    痛い事される前に、言う方が良いと思いますが
    無口な男の子には、難しいのかな?

  • 不公平だと思ったら「それ逆ににしよう!」という。
  • これ、例えば、帰りにカバンを持たされそうになった時とかに
    使うそうです。

    例えば、家の前まで、お前が持ってと言われたら
    言うそうです。

    つまり、相手に持たせる事ですね
    そうなれば、それ自体やらないでしょうしね。

    ただ、言えるかどうかが怪しいですが・・・

  • どうしても治らない時には喧嘩しろ。
  • これらをやっても、どうしてもいやな事されたら
    その時には、思いっきり喧嘩しろと言ってます。

    これはありえない!
    喧嘩しても勝てそうにないから、いじめられてる訳で
    それで喧嘩するのは、不利としかいえない!

    そう思っていたら、こんな事を言ってます。
    「相手も男の子だろ!なら、本気で掛かっていって
     喧嘩するんだ!

     そうすると、あいつ怒らせたら怖いやつと思われて
     それから、何もされなくなるから!」


なるほど、と思える事もありますが・・・
出来れば、喧嘩だけはしないでほしい・・・

最後に

今は、何事も無く、元気に学校に行ってますが
あれから1ヶ月位、大変だったようです。

そして、最後の最後に、思い切ってその子を
叩いたそうです


そうすると、泣き始めて、その時には先生も含めて
話し合ったそうなのですが、お互いに
本当の事は言わなかったようです。

それ以来、嫌な事もされなくなって
今では、対等に遊んでいるとの事です。

気になる怪我も無いですし、元気に遊んでいるのも
公園などで、良く見かけます。

夫に聞くとこんな事言ってました。

「小学校の間のいじめは、実は、こっちが本気で怒ると
 相手も手を出さなくなるもんさ。

 強いか弱いか位しか頭にないからね。
 今は、こんな方法で良い訳!

 ただ、小学生も6年生や、中学、高校などで
 いじめなんかに会っちゃうと、家族の力が
 必要になってくるよ!」

若干、最後が気になりますが、とりあえず
それまでの間に、子供が、親を頼れる環境を
作っておかないといけないですね。

しかし、「見本見せてよ」は、今から私も使えそうですね!
何か、文句言われたら、即効言ってやろうと心に誓いました


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ