スポンサードリンク

写真集の製本のやり方!接着剤で簡単にできる方法はコレ!

パソコンに保存してある、今まで撮りためた写真
結構な量があります。

いつかは何とかしないと・・・と思いつつも、
時だけが流れていき、何もしないのが現状です。

最近はカメラが無くても、スマホでどんどん
写真が撮れるので、処理が追いつきませんね。

子供達の行事の時の写真や、家族写真などが全て
一緒になっているので、整理したい!

a0002_011939-300x198

特に子供の写真は、成人や結婚などの独り立ちを
機に、小さな頃からの思い出として、渡したいと
考えています。

そこで、自分で写真集を作ってみよう!と、
思い立ち、製本もやってみました。

実際やってみると、結構簡単

簡単・思い出いっぱいの、オリジナル写真集
製本のやり方、こっそり教えますね♪


スポンサードリンク



製本にはどんな方法があるの?

1冊のを作るには、たくさんの紙を綴じる
必要があります。

a1180_008904-300x200

本をよく見てみると、でかがってあるものや
接着剤でくっ付けてあるものもありますね。

他にも、ホッチキスで止めてあるものも。
このように、製本には様々な方法があります。

しかし、製本業者のように特別な道具や、特別な
技術が必要だと、手軽に製本できませんよね。

私自身も、ココが一番気になっていたところで、
自宅にある道具で、簡単にできたら、嬉しい♪

そう考えて色々調べてみるうち、数ある製本
方法から、コレは!と思うやり方を発見しました。

なんと、木工用ボンドで楽チン製本!
しかも、仕上がりもキレイなんですよ。

では、どんな手順で製本していくか、具体的に
見ていきましょうね♪

簡単♪木工用ボンド製本法

製本するために、必要な材料はコチラ。

  • 写真集の本体用紙
  • 表紙用の厚手の用紙
  • 補強用の薄手の用紙
  • 木工用ボンド
  • カッター
  • 本の厚み程を挟めるクリップ
  • 30㎝定規

全部、自宅にあるようなものばかりですね。

なくても、簡単に揃えることができて、
助かります♪

下準備

  • 本体

    写真を印刷する過程で、上下左右の余白
    多めにとって印刷しておく。

    写真集の中身をページ順にしておく。

    本体の紙は、平らな机の上で、トントンと
    きっちり揃える

    ef618bfd2be93a649dd65496cbdbb2e5-300x298

    特に、背表紙になる部分は、しっかり平らに
    揃えて、崩さないようクリップで止めておく。

    本体の3辺を固定するように、クリップで
    止めておくといいですよ。

  • 表紙

    表紙にする紙は、本体よりも大きめのサイズで
    裁断しておく。

    • タテの長さ: 本体のタテ長さ
    • ヨコの長さ: 本体のヨコの長さ×2+本の厚み
  • 本体を表紙の紙に揃えるように合せ、本体を
    くるむように折り曲げます。

    実際に表紙となる線を確認したら、本体を
    外して、定規を使って折っておきます。

  • 補強用紙

    補強用紙は、以下のサイズで裁断しておく。

    • タテの長さ: 本体のタテ長さ
    • ヨコの長さ: 本の厚み+1cm程度

組み立て方法

  1. 背表紙側になる本体部分に傷を付ける

    背表紙になる部分を、きっちり接着する
    ことが、最大のポイントです。

    木工用ボンドが、傷を付けたに入り込み
    接着度を強くします。

    本体に、カッターの刃を全体的に押し付け
    のこぎりを引くように、1~2㎝間隔
    傷を付けます。

    ef618bfd2be93a649dd65496cbdbb2e51-300x298

    もし、傷がつけにくいな、と感じた時は、
    本体がしっかり揃っていない場合が。

    クリップを外して、再度本体を揃えてから
    傷を付けましょうね。

  2. 背表紙を貼り付ける

    クリップで固定させたまま、背表紙になる部分に
    木工用ボンドを、たっぷり塗ります。

    こんもりと盛るように、木工用ボンドを
    塗りたくりましょう。

    補強用紙にも、木工用ボンドを塗っておきます。
    こちらは、普通の量で塗ります。

    補強用紙のボンドの部分と、本体の背表紙部の
    部分を合わせるように貼り付けます。

    ef618bfd2be93a649dd65496cbdbb2e52-300x298

    補強用紙は、本体用紙を綴じる役目をします。

    ボンドを、補強用紙からはみ出ないように、
    なでるように貼り付けましょう。

    そのまま、乾かしておきます。

  3. 表紙を貼り付ける

    補強用紙をよく乾かしたら、クリップを外し、
    ページがめくってみましょう。

    この段階で、本体は綴じられている状態に
    なっています。

    表紙の背表紙部分になる場所に、木工用ボンドを
    塗り、本体の背表紙部分に貼り付けます。

    ef618bfd2be93a649dd65496cbdbb2e54-300x194

    しっかりと押さえて貼り、乾かします。
    コレで完成です!

まとめ

木工用ボンドとクリップを駆使した、製本、
案外簡単にできるので、目から鱗でした。

簡単で、材料も特別なものを使わなくて
キレイな仕上がりに、大満足です。

ただし、本体用紙を揃える時には、慎重に!

ここで手を抜いてしまうと、補強用紙で
綴じる時に、うまく接着できずに、ページが
抜け落ちてしまいます。

簡単な作業かもしれませんが、細心の注意
必要なんですよ。

オリジナルの表紙で、自分らしい写真集を
作ることができる!

とっても魅力的な製本の方法ですよね。
これから第2段・第3段と、作っていきたい♪

写真を楽しく整理できて、オススメですよ♪


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ