スポンサードリンク

フローリングに畳をおいて布団を!カビ対策のお手入れ法!

最近の、我が家の悩みは、
子供の寝相が悪く、ベットから
よく落ちるということです。

そこで、フローリングなので
敷く畳を敷いて、布団で寝れるように
検討することにしました。

しかし、そこでも不安なことが
ありました。

うちの子は、アレルギー体質なので、
カビには、特に気を付けます

フローリングの上に置いた畳
湿気が吸収されて、そのうえで寝ても
布団カビは生えないのでしょうか?


スポンサードリンク



フローリングの上に置いた畳にカビは発生しやすい?

畳にカビが発生する条件として、
温度湿度重要な要素です。

室温が20度から30度、湿度が75%以上が、
継続すると、畳にカビが発生しやすい
条件となります。

天然のイ草を使用した、畳の表は、
空気の吸収や放出をして、
湿気を調節する性質を持っています。

しかし、湿度が高い状態が継続すると、
湿気をどんどん吸収してしまう
性質も持っています。

特に新しい畳の表は、
この性質の能力が高く
カビが発生、繁殖しやすくなります。

カビが発生しやすいケースは、

部屋の風通し日当たりが悪い
昼間は部屋を閉め切っている
建物の床下が湿気の要因にであるなどで、

畳の上に敷物を敷くことも
カビが発生しやすくなるので
注意しましょう。

フローリングの上に置くタイプの畳も
カビの発生する原因同じです。

部屋の日当たりや風通しによって
カビの発生しやすさは違うことが
わかりました。

逆に考えると、カビを発生しにくい環境にすると
カビの心配はなくなります

カビが発生しない畳や布団のお手入れ方法

カビが発生しない、畳や布団の
お手入れの方法を紹介します。

湿気を低くすることで、
カビを防ぐことができます。

雨が降っていない日は、
風通しをしましょう。

湿度を65%以下にすると、
カビは発生しにくくなります。

湿度が高い梅雨の時期や、
雨期が続く場合は、エアコンの除湿機能
利用すると、湿度を抑えることができます。

一週間を目安に、
晴れた日に畳や布団を干しましょう

畳の表を日光に当てると、畳が変色したり、
傷んだりするので、日陰に干しましょう。

重い畳を使用する場合は、
干すことが困難になってしまいます。

大掃除など、年に2回程度は、
畳を干すことが望ましいです。

それ以外の時は、晴れた日に部屋の風通し
細目に行うことで、部屋の湿度が低くなり、
カビを発生しにくい状態にしましょう。

1階の床下に湿気がこもりやすい状態なら、
畳の下に除湿シートを敷くことで、
畳に湿気が吸収されにくい状態になります。

まずは、畳を湿気が高い状態にしないことが
布団にカビを発生させない重要なことです。

畳にカビを発生させてしまった時は?

もし、畳にカビが発生してしまったときは、

天気のいい日に、窓を開けて
畳の縫い目に沿って掃除機をかけます。

その時に、掃除機のファンで
カビの胞子が飛ばないよう
注意しましょう。

消毒用のアルコールで拭き取ることで、
その後にカビを防ぐこともできます。

アルコールで拭いた後は、
硬く絞った雑巾でし、その後に
乾燥した雑巾で水分を拭き取ります。

しかし、アルコールで拭くと、
畳を変色させたり、痛んでしまったりします。

掃除と湿気を取ることで、
充分に効果があるので

それでも効果がないときに、
アルコールで拭き取りましょう。

まとめ

フローリングの上に置くタイプの畳に、
寝た時に、布団にカビを発生しにくい環境を
作ることができることがわかりました。

まずは、布団にカビを発生させないために、
畳にカビを発生させない事が重要です。

そのためには、畳に湿気を多く吸収させない
環境を作ることが大事だとわかりました。

心地良い畳の上で、快適に寝れるように、
カビの発生しにくい環境を作りましょう。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ