スポンサードリンク

この洗濯時間は常識?非常識?どっちが本当?

ちょっと聞いてよ!
 上の階の奴の洗濯時間、全く非常識よ!」

と凄い剣幕で話し掛けてきたのは、同期のF子。
いつもは、結構おおらかな彼女が怒っています

314463

聞いてみると、引っ越した先のマンションで
上の階の人が、夜の11時位から洗濯
ほぼ毎日しているとか。

最初は、
「週に一回程度なら、仕方がないか!
 自分も働いているからよくわかる!」

と思って居たそうなんですが・・・

毎日となると、話は別!
へとへとで帰って来て、食事も終わって
寝る前のくつろぎタイム

その時間を妨害されているので、我慢ならない!
となったわけです。

まぁ、確かに私たちの会社の勤務時間から行くと
その様な生活スタイルとなってしまいます。

しかし、今迄色々と経験してきた私は
不動産関係者から、いろんな話を聞いてきています

その話をF子に話してあげました。


スポンサードリンク





一般的にはどうなのか?

社会一般の常識としては、どうなっているのか?
非常に気になりますよね?

不動産会社の、クレーム対策をしている方から
こんな話をされました。

309530

「実は、一般と言う概念は、ほとんどないと言って
 差支えないと思います。

 そのマンションに住んで居る人の、多くの人が
 どうゆう生活スタイルなのかが問題で

 一般的に如何なのかは、基本的には問題には
 ならないんですよ。


これを聞いて、「何だと!」と思われた人
多いと思います。

でも、確かに、夜の商売をしている人が多く
入居している場合は、昼間に騒音出していると
怒られます。

なので、「社会一般として・・・」と言うのは
そのマンション等の住環境によって、変わってくる
と言う訳です。

では、洗濯する時間が常識なのか非常識なのかは
何で判断するのでしょうか?

常識を判断する材料

一般常識が無いとはいえ、住んで居る以上
お互いに、迷惑かけられたくない!
と言うのが人の心理!

と言う訳で、マンションなどでは、その判断基準が
整っているらしいのです。

それはマンションで定められている「管理規約」
と言う物です。

234250

この中に、「洗濯は~」の条文が有れば、それに従わなければ
ならないと言う訳です。

そして、多くのマンションでは、この管理規約が
定められているそうです。

なので、そのマンションにする時には、管理規約が
常識・非常識の判断材料になります

管理規定に、「洗濯は午前6時から午後11:30まで」
と書かれていた場合には、残念ながらF美の常識が
このマンションでは非常識になります。

逆の場合には、その上の階の人が非常識となるので
その場合には、管理会社に連絡して解決してもらいましょう

では、よく設定されている時間帯と、住民の
反応はどうなっているかを見てみましょう。

よくある設定と住民感情

管理会社は、そのマンションで、多くに人が快適に
暮らせるように
、努力しているそうです。

その中で、洗濯の件では、時間設定と住民感情とに
相関関係があるそうです


ただし、上限下限として線引きする場合には、洗濯や掃除機の
許容範囲は、朝6時から夜21時位との事です。

この時間帯は、苦情を言ってくる人と許せると思っている人の
割合が、過半数の人が許せると言う範囲だからだそうです。

よって、多くの場合夜21時から朝6時までに洗濯すると
はほとんどの場合には、苦情が発生するとなります。

そして、住んで居る人の誰もが問題ないと言う回答を
する時間は、夜は19時まで、朝は8時以降
だそうです。

どうだったか

この話をした後、F子は、今住んで居るマンションの
管理規定を読み返したそうです。

その結果、規定では、朝の6時から夜の21時まで
書かれていたそうです。

なので、管理会社に事情を話し、上の階の人に
注意してもらう事としたそうです。

めでたしめでたし!
あとは、上の階の人のモラルと、管理会社の担当の人の
責任感次第ですね


因みに、この規定が書かれていない場合には
如何すればいいのか?分かります?

それは、管理会社に、事情を話して
管理規定に載せてもらう様に、働きかければいいのです

その後は、管理会社の方で、規定の書き換えに必要な
手続きを踏んで、作業をしてくれるでしょう!

とはいえ、多くの人が問題ないと思っている時間帯
夜は19時まで、朝は8時以降に洗濯は終わらせておきたいですね。

どうしても、その時間には帰れないと言う場合には
洗濯機のタイマーを使うと良いかもしれないですよ!

因みに私は、帰宅予定時間の直前に、洗濯が終わる様に
タイマー使ってます。

あまり遅いと、怒られるのも怖いですからね・・・


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ