スポンサードリンク

車の暖房や冷房は燃費に影響する?温度は関係ある?

毎日寒い日が続きますね。

わたしの住んでるところは、
どこに行くにも車が必需品の、田舎です。

039010-300x225

普段から、なるべく燃費に良い運転
心がけています。

でも寒さには勝てないから、
車に乗った途端、ガンガン暖房をかけます。

いくら厚着しても、車が芯から
冷えてますからね。

友人「ねえ、そんな暖房使ったら
   燃費に悪いよ。」

 「だって寒いし。
   それに冷房ほど、燃費悪くならないでしょ?
   暖房くらいで、そんな変わる?」

でも、実際どうなんでしょう?
せっかくなら、燃費に良い暖房や冷房の
使い方
を知っておきたいですね。


スポンサードリンク



カーエアコンを使うと燃費はどうなる?

カーエアコンを使っている状態とは、
「A/C」がONになっている状態です。

この「A/C」がOFFになっていれば、
ただの送風状態なので、燃費には
ほとんど影響ないです。

実は、この送風状態を、うまく活用すると
燃費がかなり良くなるんです!

暖房の場合

暖房を使う時は、「A/C」をOFFにした状態で
送風(外気取り込み)にするだけで
温まります。

直接エンジンからの熱を、取り込めるので
効率良く車内を、温められるでしょう。

でも送風だけでは、車内が曇ってくると
思いますので、時々「A/C」をONにして
曇りを取ってください。

そして車内が温まったら
送風も切ってしまいましょう。

外気取り込みにしておけば、送風しなくても
微量の温風が、車内に入ってきます。

このように、冷えてきたら送風(外気取り込み)
温まったら送風OFFを、マメに行うことで
燃費を良くすることができます。

燃費を良くするためには、
エンジンが温まってから、送風をONにする
というのが大事です。

冷房の場合

家のエアコンを考えると、
冷房の温度を下げると、
それだけ多く、電気代がかかりますよね。

そのため、設定温度を28℃に設定している
会社は多いと思います。

車の場合はどうかと言うと、
温度を上げても下げても、燃費に違いはないようです。

車のエアコンは、エンジンからの熱
冷たい空気を混合して、温度を調整しています。

だから設定温度を上げて使うよりも、
一番低い温度でエアコンを使って、車内が冷えたら

「A/C」をOFFにして、送風にするのが
良いようです。

この時、送風は外気取り込みにしないで下さい。
せっかく冷えた車内に、熱風が入って
きますので。

ポイントは、エアコン作動時は、
設定温度にかかわらず、燃費が悪くなるので

エアコン作動時間を短くするため、
低い温度で一気に下げる、というところです。

ハイブリットカーの場合

ハイブリットカーも、エアコンを使うと
やはり、燃費が多少悪くなります。

でもガソリン車とは違い、冷房よりも暖房
使う方が、燃費が悪くなるようです。

ハイブリットカーの作りが、ガソリン車と
違うのが原因らしいです。

プリウスなどのハイブリットカーは、
走行中でも、必要がなければエンジンが
停止
するようになっています。

暖房は、エンジンの熱を下げるために
循環している、冷却水の熱
利用しているのですが、

ハイブリットカーのように、
エンジンを、停止する機能がついていると、
冷却水が、なかなか温まらないんです。

寒い時期は特に、冷却水が温まる前に
暖房を使うと、冷却水を温めようとして、

エンジンを動かし続けることになります。
そのため、燃費が悪くなるのです。

190141-300x139

燃費を良くするには?

寒いのを我慢して、エンジンが完全に
温まるまで
、暖房をつけない!
これが大事だそうです。

車に乗ってから10〜15分で、冬場でも
冷却水が温まりますので、それまで我慢です。

1度、冷却水が温まれば、それほど
燃費に影響を与えないようです。

冷房の場合は、
あまり燃費に影響しないそうですよ。

2代目以降のプリウスでは、エアコンの
コンプレッサーが、バッテリーの電気を使って
動くので、アイドリングストップ時も使えます。

バッテリーが空にならないように、
エンジンが働くので、多少は燃費に影響しますが
暖房ほどではないのです。

まとめ

 「そうなんだ。知らなかった。
   わたしの車はガソリン車だから
   エアコンOFFの送風が良いんだ。」

友人「そして、エンジンが温まってからね。」

 「なるほどね。」

こういうちょっとした積み重ね
毎日、車を運転する人には
大事になってくるんですね。

明日から、気をつけてみよう
思います。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ