スポンサードリンク

自転車に子供を乗せる!危険から身を守るには?

保育園の送迎やスーパーへの買い物に、
子供を乗せる自転車があれば、
移動がとっても便利ですよね。

我が家でも、子供を保育園に入れることに
なったので、送迎用に自転車の購入を
検討しています。

最近では、電動アシスト付き自転車も、
ママに人気が高いようですね。

3a7166b5eba928ee7e268e9bde61bcd0_s-300x200

ところが、夫に、子供乗せ自転車の購入について
相談したところ、「自転車の二人乗りは危険」と、
心配されてしまいました。

自転車に子供を乗せて運転すると、
確かに一人の時より、不安定になると思います。

危険から子供を守るには、
どうすればいいのでしょうか?


スポンサードリンク





子供を自転車に乗せる時の注意点

子供を自転車に乗せているママ友がいるので、
乗せる時の注意点について、話を聞いてみました。

安全基準を満たした自転車に乗る

一言に自転車といっても、その種類は様々です。
2人用もしくは3人用で、国の安全基準を満たした、
自転車に乗るようにしましょう。

普通の自転車、電動アシスト自転車に関わらず、
購入時は「BAA」マークなど、安全基準が
満たされているかを、最優先に選びましょう。

また、自転車はもともと不安定な乗り物です。
公道に出る前に、車の通らない安全な場所で、
十分に運転の練習をすることが、大切です。

ヘルメットとシートベルトを着用する

子供を自転車に乗せて走行する時のケガに、
全体の約36%を占めているほど、
よくケガをするところが、あるんです。

それは、どこだと思いますか?
実は、頭部なんです。

転倒した場合も、ヘルメットを着用していれば、
頭を衝撃から、守ることができます。

また、シートベルトは、転倒した際に、
自転車から身体が投げ出されるのを、
防ぐ役割があります。

2013年に川崎市で、自転車が転倒した際に
投げ出された子供が、トラックに轢かれて死亡する
という、痛ましい事故が起こっています。

自転車に乗る際、ヘルメットやシートベルトの
着用をするのは、親ができる最大の安全対策です。

スピードの出しすぎに注意

スピードが出た状態で転倒してしまうと、
その分、衝撃も大きくなってしまいます。

日々忙しいママは、保育園の送迎などで、
つい急いでしまいがちですが、
時間に余裕を持って、行動しましょう。

また、自転車事故が最も多い時間帯は、夕方です。
子供だけでなく、買い物帰りなどでたくさんの
荷物を抱えていると、その分危険度も増します。

自分が運転に気をつけていても、
もらい事故に遭う可能性だって、あります。

自転車に子供を乗せる時は、
ゆっくり運転することを、常に心がけましょう。

95b8df02a6f8506ed4ff40de97365e04_s-300x200

まとめ

いかがでしたか。
子供を自転車に乗せる時に、気をつけることについて、
先輩のママ友に、話を聞いてみました。

自転車は、あるととても便利ですが、
やはり、転倒や事故の危険性は、
常に考えなくてはいけないと思います。

自転車に子供を乗せる時は、
一人で乗る時よりも、速度安全対策に注意して、
運転する必要があることがわかりました。

色々考えて、やっぱり自転車があると便利なので、
夫にも相談して、購入しようと思います!
もちろん、安全対策もバッチリ行います。

子供を乗せる自転車の購入を検討している人は、
ご紹介した内容を、参考にしてみて下さいね!


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ