スポンサードリンク

エレベーターのマナー!正しい立ち位置は?

こないだ、社長が女性陣を
ランチに連れて行ってくれたんです。

メンバーは、新卒のAちゃんと
7年目のBさんと、15年目のわたしです。

エレベーター前に集合して、乗り込む瞬間
真っ先に乗ったAちゃんは、
笑顔で、一番奥を陣取りました。

慌ててBさんが、中に入って
開くボタンを押してくれました。

社長は温厚な方なので、何事もなく、
美味しいランチをご馳走になりましたが、
わたしもBさんも内心ハラハラでした。

Aちゃんは要教育ですね。

それでは、
正しいエレベーターの乗り方について、
確認していきましょう。


スポンサードリンク



エレベーターの立ち位置

ます、エレベーターに乗る前の立ち位置から
確認しましょう。

041c8e89b678b46731ac2144bc87c2e7-300x187

エレベーターのドアの前に立つと、
降りる人がいた場合、邪魔になるので
ドアの前を開けて、立ちましょう。

これは電車に乗る時の、ルール
同じですね。

次にエレベーターの乗り方です。
降りる人がいたら、先に降りてもらって
乗りますよね。

そして、上司やお客様に「どうぞ」
一言声をかけて、乗ってもらいます。

その間、ドアが閉まらないように
外にある、開くボタンを押して
待ちましょう。

全員が乗ったのを確認して、
自分が乗りこみ、操作盤の前
立ちます。

585ad2e55856c54eadbf3e6e7a74489e_m-300x199

操作盤が1か所の場合

2c4c5178c96349706801b732e4c1cee4-300x187

エレベーターの上座は、左奥になります。
順番に、左奥、右奥、右手前、下座が
操作盤の前になります。

操作盤が2か所の場合

20cfce153c6dcbd30dc35695758066ae-300x187

操作盤が2か所でも、上座の2か所は
変わりません。

3番目の場所が、左になって
下座が右前の位置になります。

臨機応変に

もしも、混雑していて、
操作盤の前が空いてなかったら
邪魔にならない位置に、立ちます。

あくまでも、目上の人や
周りの人が、不快に感じないように、
というのがポイントです。

また、自分が最初に乗りこんだ方が
スムーズだと思った時は、
「失礼します」と一声かけて乗りましょう。

降りる時の注意

降りる時は、乗っている人数によって
考えなければなりません。

例えば、目上の人と
2~3人で乗っている場合。

この場合は、目上の人に先
降りてもらい、自分は最後
降りるようにしましょう。

エレベーター内が混雑してる時は、
手前にいる人から、降ります。

もし、上司よりも
先に降りてしまったら、外の
開くボタンを押して、待ちましょう。

エレベーター乗車中の注意

混雑したエレベーターや、
無関係の人が乗り合わせた場合、
お喋りをするのは控えてください。

混雑していて、不快なうえに
ガヤガヤうるさいと、嫌な気分
なる人がいますからね。

また、行き先ボタンに手が届かない時は
「お願いします」と一言、言えると
良いですね。

手を伸ばして、無言でボタンを
押すのは、あまりスマートじゃ
ありません。

その場合、お礼も忘れずに。

操作盤の前にいれば、
「何階ですか?」と聞いてあげるのも
良いですね。

elevator-358249_1280-300x198

まとめ

エレベーターの乗り方、降り方
注意事項、知っていましたか?

新人のAちゃんにも、しっかり
確認してもらいました。

Aちゃん「すみません!修で
やってたんですけど、つい。」

「社内でちゃんとできないと、
社外の人が来た時に、困るからね。」

こういのは、習慣にしておかないと
うっかり出ちゃうんですよね。

わたしも、改めて確認できて
良かったです。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ