スポンサードリンク

お箸のマナー 食べ終わりに気を付けること

食事を、美味しく楽しむために
どんな料理にも、マナーが必要です。

日本人の食文化に欠かせないのが、お箸です。
そのお箸にも、色々とマナーがあります。

ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_s

食事中に、気を付けることとして
忌み箸や、嫌い箸と呼ばれるマナーがありますが
食後には、どうなんでしょうか。

食べてしまったら、もうお終いですか?
いえいえ、食べ終わりにも
ちゃんとマナーがあるのです。



スポンサードリンク





ごちそうさまのあとは?


会食の席や、和食がメインのお店だと
食前にはお箸は、箸置きに
置かれているところもあります。

その時は、また食前のように箸置きに
置いておけばいいのですが、
割り箸の場合は、どうすればいいでしょうか。

17edecd483fd0d571f1219699d61f654_s-300x200

使い終わった割り箸は、
半分程、箸袋の中に戻します。

でも、そのままにしてはいけません。

必ず、箸袋の先の3分の1ぐらいを
折り曲げておきましょう。


これは、「この割り箸は使用済みです」
と言う合図になります。

お店の人が、未使用の割り箸と間違って
次のお客様に、出してしまったら
大変なことになりますからね。

そんなことが決してないように
割り箸を、使用した側も、
気を付けなければなりません。

箸袋を、結んだり、山型などに折って
箸置きに、使用している場合は

割り箸の先を、結び目に差し込んで隠したり
箸袋を解いて、中に戻しましょう。


箸先を隠すのは、食べ終わって
汚れた箸先を、見せないようにする為です。
これも、マナーなんですね。


箸置きも箸袋もない場合はどうすれば?


大衆的な食堂や、ラーメン屋さんなど
テーブルの上の、箸入れに
お箸がまとまってささっていたりしますね。

7183c5daa757bd2e0ced8b1cd2f22db5_s-300x200

こういうお店には、
ほとんど箸置きがありません。

さぁ、どうしましょうか?

こんな時は、取り皿や器の手前側
お箸を揃えて、渡して置いたり
箸先だけを、皿の縁に立てかけましょう。

でも、お箸を揃えて器に渡すって
忌み箸や、嫌い箸で言う
「渡し箸」だから、マナー違反でしょう?

そう思いますよね。

だけど、そういう仕方がない時は、
臨機応変に、考えましょう。
決して、マナー違反にはならないそうです。


まとめ


お箸の使い方ひとつで、その人が
どう育って来たかということがわかる
よく言われます。

食事や、お箸のマナーは、
それほど大切なんですね。

マナーというものは、
周囲の人を、不快にさせないようにすること。

食べ終わりには、元通りに箸置きの上に、
割り箸ならば、箸袋に戻して折る、
どちらもなければ、器の縁に置く。


食べ終わりのマナーは、たったこれだけ。
でも、忘れがちかも知れません。

少しのマナーに、気を付けながら
お食事は、楽しく、美しく、
そして何よりも、美味しくいただきましょう。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ