スポンサードリンク

香水のオススメ メンズ向きの石鹸の香り5選

今年、大学に入学した、甥の入学祝いを持って
姉の家に行きました。
少し遠方なので、姉にも甥にも会うのは久し振りです。

出迎えてくれた甥は、
高校時代に見た、真っ黒なサッカー少年ではなく
すっかり垢抜けて、大学生らしくなっていました。

ふと気づくと、甥から石けんの香りがします。

「朝風呂入ったの?」
と聞くと、ニタッと笑って答えません。

まあ、いいかと思って、
「ランチに行こうか?」と誘うと

「オレ、出掛けるから」と

入学祝いのお礼を言って、
出て行ってしまいました。

姉が、笑いながら言います。

「彼女が出来たから、デートみたいよ。
彼女とお揃いの、香水つけてるの」

あの石けんの香りは、
香水だったのかと気付いたので
姉に、何という香水か知ってる?と聞くと

洗面所に置いてあるから、と言うので
見に行ってみました。

置いてあった青いボトルの、蓋を開けると
まるで、洗いたてのタオルのような
爽やかな香りが、ふわっとただよいました。


これは、メンズだけでは勿体ない。
女性にも、似合うのではないかと思って
色々調べてみました。


スポンサードリンク





香水には4種類あります


香水は、賦香率(ふこうりつ)とと呼ばれる
香料の調合濃度で、4種類に分けられます。


  • 種類        濃度   持続時間

  • パルファム    15%~25% 5~7時間

  • オードパルファム 10%~15% 5時間前後

  • オードトワレ    5%~10% 3~4時間

  • オーデコロン    3%~5%  1~2時間


こんなに種類があるとは驚きました。

パルファムは、値段も一番高いけれども、
1滴で、充分に効果を発揮してくれます。
それだけに、使い方も難しそうですね。

香水の香り方は、付けてから、
だんだん、変化して行きます。

  • トップノート  5~10分
  • ミドルノート  30分~1時間
  • ラストノート  3時間以上

香りは、ひとつではなかったのですね。
なんと奥が深いのでしょうか。


石けんの香りは 女性用だけじゃない


さて、メンズ用の石けんの香りの香水
調べてみると、いくつも出て来ました。

最近は、メンズ、レディースと分けていなくて
どちらでも使える、ユニセックス
人気が高いようです。

b5a44233d260e3ca3446ebdfa38321e2_s-300x198

好感度の高かった、メンズでも使える物を、
5種類、挙げてみたいと思います。


アクアシャボン  大好きなせっけんの香り


テーマは、泡の香り。
紛れもなく、石けんの香りです。
リラックス効果も、期待出来ます。

また、爽やかで、透明感のある香りは
仕事でも、プライベートでも
シーンを選ぶ事なく使えます。


クリーン  ウォームコットン


ここのブランドの、コンセプトは石けん。
シャワーを、浴びた直後の香りだとか。

10種類以上の、石けんの香りの香水の中で
一番人気が、ウォームコットン。

まるで、洗いたてのコットンのようで、
清潔を、香りにしたような香水です。


レールデュサボンオードトワレ


コンセプトは
上質な石けんの香りに包まれる

ボトルも、固形石けんの形で
いつまでも、ふんわりと香っているよう
持続力のある、香りカプセルを配合です。

このブランドは、他にも

クリーンランドリーの香り
エアリーシャンプーの香り
フルーティシャボンの香り


があるので、好みの香りを
選ぶ事が出来ます。


ジバンシイ プチサンボン


石けんの香りの、香水といえば、
やっぱり、プチサンボンですね。

元々はベビー用で作られた香水ですが
なんと、メンズにも人気があるのです。

コンセプトは 
ピュアな甘さがはじけるフレッシュな香り
お風呂上りの、優しい香りです。


プラダ インフュージョン オム オーデトワレ


嫌味のない、石けんの香りは
ありきたりではなく、少し大人っぽい
まるで、高級なヨーロッパの石けん。

メンズ用に、作られましたが、
これを使用している女性も
大勢いらっしゃるようです。


さいごに


私は、昔は香水が好きで
色々集めていましたが、
いつの間にか、付けなくなりました。

しかし、これを調べているうちに
思い出したのは、私は、戴き物で
プチサンボンを、持っていたと言う事でした。

出して、香ってみると、
優しい良い香りで、これなら
使ってみようという気になりました。

7d4f996bb02fa4ad8304345836441dfe_s-300x200

ちなみに、甥がつけていたのは、
クリーンのウォームコットンでした。

石けんの香りは、男女問わず
好まれるもののようです。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ