スポンサードリンク

春節!中国人観光客の動向の裏には口コミ?!

爆買い

66763d7a1ef38bb79675f6a9fbab83cf_s-300x225

この言葉は、2015年の「新語・流行語大賞」に
選ばれましたよね。

日本に来た海外からの旅行客が、驚くような
大量の買い物をする現象を指す言葉ですね。

この海外からの旅行客で、まず思い浮かぶのは
春節の休暇を使って訪れる、中国人です。

テレビなどでも、中国人が爆買いする姿を
見ることもありますが、本当にスゴイですよね。

中国人にとって、今や人気の旅行先のひとつに
なっている日本。

2015年の春節も大フィーバーでしたが、さらに
2016年は、どうなるのでしょうか?

観光地に住む私にとっても、気になる問題。

春節の時期の中国人観光客の動向について
調べてみましたよ♪


スポンサードリンク



春節とは?

中国圏で、1年で最も大切なお祝いのイベント、
と言われているのが、春節なんです。

a79e147a327e52407469af53b25876ff_s-300x300

爆竹をバンバン鳴らし、赤などのきらびやかな
飾りつけ、その様子は「世界一賑やかな正月
と言われるほどです。

この春節とは、旧暦の正月のことなんです。
旧正月とは、太陰暦を使用した暦を使います。

1月1日を元旦とする太陽暦よりも、1年の日数が
短いので、春節の日にちも毎年変わります。

では、2016年の春節はいつになるのでしょう?

2016年の春節はいつ?

2015年の春節は2月19日でしたが、2016年
2月8日(月)が春節となりますよ。

春節の日だけが休みになる、という訳ではなく
前日の大晦日から、1週間が休みになるのです。

2016年の場合、2月7日(日)~13日(土)
1週間が春節の休暇です。

ちなみに、中国の小中学校・高校では、年末年始
の休みは、春節を絡めて1ヶ月もあるんですよ。

春節の時期には、中国国内でも故郷に帰省する
人々や旅行者などで、交通機関がマヒするほど!

都市部の人々は、海外旅行に行くことも多く、
中でも日本が大人気なんです。

2014年までは、毎年2月の来日客数は、年間で
最も少なかったのですが、2015年には前年の
2月の、なんと2.6倍増

なぜ、春節に来日する中国人が、こんなにも
激増したのでしょう?

数字で見る中国人の訪日事情とは?

日本政府観光局の、「2015年2月訪日来客数」の
結果をまとめると、

  • 2015年2月に訪日した外国人客の総数は、
    138万7千人
  • 来客数第1位が、中国35万9,100人。
    (前年は、13万8,236人、その数2.6倍!)
  • 2月の訪日総数から見ると、来日した外国人の
    4人のうち1人は中国人、ということになる。

c90dacea5a65104496de8ba19d3a1f14_s-300x225

また同じく、日本政府観光局の「国籍・地域別
訪日外国人1人当たり旅行支出と旅行消費額」
によると、

中国人観光客が日本に滞在中に使う金額は、
1人当たり23万1,753円、とのことです。

また、国別の旅行消費総額を見た場合、全体の
2兆300億円のうち、5,583億円が中国です。

実に27.5%、全体の4分の1なんですよ。

訪日する中国人の数が多い上に、一人当たりの
消費金額も多いので、ものすごい経済効果です。

単純に考えても、2月中に訪れた中国人の数が
35万9,100人×一人当たりの消費金額23万1,753円
その金額は・・・約832億円

春節シーズンの2月だけでも、日本で中国人は
約832億円のお金を使ったことになるんですね。

本当に驚きですね。

訪日数の陰に口コミの力あり!

中国人観光客がお目当てにしている、と言われて
いるのには、こんなものがあります。

  • スキンケア・メイクなどの化粧品
  • ビタミン剤などの健康食品
  • 市販の医薬品
  • 紙おむつ・粉ミルク
  • 炊飯器など電化製品
  • 洗浄便座
  • ステンレスボトル

品質の良い日本製の製品は、お土産にもよい、
と、非常に人気があります。

そして、これらを買うきっかけになっているのが
口コミなんです。

友人や知人の口コミ・SNSからの情報拡散や収集
などが大きな影響を与えている、とのこと。

訪日前に、しっかりと情報収集し、日本では
スマホを駆使し、情報を入手して購入する、
といった方法をとっているのですね。

「爆買い」の言葉だけだと、何とも「ものすごさ
だけが印象的に映りがちです。

しかし、中国人が求めている物のほとんどは、
日本製品への信頼感あってこそのものなんですね。

まとめ

日本市場にとっても、実は2月は消費の閑散期
と言われています。

そこに現れた、2月の春節休暇。
願ってもないチャンスなんですね。

空港や宿泊施設、電化量販店、ドラッグストア、
デパートなど、大混雑する場面もあるでしょう。

訪日をきっかけに、日本のたくさんのいい所
見つけて欲しいものですね♪


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ