スポンサードリンク

挙式をするなら海外?国内?費用はどのくらい違う?

最近、結婚式ラッシュなんです。

169250-300x211

友達のではなく、友達の息子さん娘さん
なんですけどね。

でもその結婚式も、
最近は変わって来ていて、
海外で、家族のみで行う場合が増えて

素敵な挙式の写真を、
見せていただく機会が、多くなりました。

我が家の娘も、そろそろ結婚しても
良いお年頃なんですが、まだ
そんな話はなさそうです。

でも結婚式には、憧れがあるようで
興味津津です。

「やっぱりハワイかな?
  お母さんもハワイ行きたいでしょ?」

「いいわね、ハワイ。
  でも、準備とか大変なんじゃないの?」

費用もかかりそうだしね。」

そこが大きな問題ですよね。

国内での挙式と、海外の挙式
プランにもよりますが、
費用は、どのようになってるんでしょうか?


スポンサードリンク



海外挙式

海外挙式は、大勢でお祝いするというよりも
近親者のみで、こじんまり
お祝いした人に向いています。

費用はどのくらいで
内訳は、どのようになってるんでしょう?

挙式費用

海外挙式の中でも、1番人気なのが
ハワイです。

188310-300x212

旅行会社の、ハワイウェディングプラン
利用するつもりで、見てみましょう。

一般的な、ウェディングプラン
含まれているのは、次の通りです。

  • 式場使用料
  • 牧師への謝礼金
  • 音楽隊への謝礼金
  • 通訳(介添え)
  • ホテルから式場へのリムジン送迎
  • 結婚証明書
  • 祭壇の造花やウェルカムボード
  • 生花ブーケ
  • レンタルドレスとタキシード
    (金額が決まっている場合が多いです)
  • ヘアメイク
  • 写真撮影(アルバム作成)
  • 旅行代金
    (エコノミークラス往復4泊6日、宿泊代)

このプランをもとに、1泊までなら
減泊できたり、逆に新婚旅行を兼ねて
長く滞在するプランにも変更できます。

代金は、ひとり72万〜95万円ほどです。
エコノミークラスを、ビジネスクラス
変更したりすると、さらに高くなりますが

一生に一度のことなので、
奮発しちゃうカップルもいそうですね。

メリットとデメリット

海外挙式のデメリットは、
何と言っても、旅費がかかるところです。

結婚する2人だけなら、全て込みで
140万〜190万円ほどですが、

お互いの両親、祖父母兄弟姉妹を合わせると、
だいたい8~10人くらいになると思います。

親族の旅費は、
みなさんどうしてるんでしょうか?

ある調査によると、

参列する親族が各自負担する場合が50%
半額を、新郎新婦が負担する場合が35%
全額、新郎新婦が負担する場合が15%

という感じになっているようです。

挙式の時期によって、変わりますが
ハワイまでの往復の旅費
ひとり10万円、ホテルの滞在費
1万5千円ほどになるので、

10人分を負担すると、約120万円
かかることになります。

ただハワイでも、もっと安いプランもありますし
グアムやタイなどで挙式をするプランなら
もっと安く押さえられます。

では、メリットはなんでしょう?

海外での挙式は、国内の挙式、披露宴と違い
結婚式の準備など、煩わしさがないので
とても良いと言われています。

海外という場所柄、何度も足を運んで
プランを練ったりできませんからね。

披露宴をするのに、席順に
悩む
必要もないのです。

参列する人数が少なければ、海外挙式の方が
想い出に残って、素敵ですよね。

海外に行ったことのない、親をハワイに
連れて行きたい、と決める人もいるようです。

ただ、挙式、旅費以外にお土産代
観光にも、お金がかかることをお忘れなく。

国内挙式

国内での挙式だと、神社での神前式
チャペル挙式などが多いでしょう。

神前式プラン

一般的な神前式プランには、
次のようなものが含まれます。

  • 神前挙式
  • 新郎新婦和装、各1点
  • 控え室
  • 着付け、メイク
  • サービス料
  • 写真、ビデオ撮影

以上で45万円〜です。

015770-300x292

挙式のみだと、安いように思えますが
披露宴をすると、別に料金がかかります。

チャペルウェディングプラン

一般的なチェペルウェディングに、
披露宴も組み込まれたプランは
次の通りです。

  • 挙式
    (外国人牧師、聖歌隊、オルガニスト)
  • 料理
    (1万円のフルコースとフリードリンク)
  • 飲み物
  • 控え室
  • 新郎新婦衣装
  • 席料、会場費
  • メイク、着付け
  • 装飾、装花
  • 介添え料
  • サービス料
  • ケーキ
  • 音楽照明
  • 司会者
  • 印刷物(招待状など)
  • 写真、ビデオ
  • 引き出物

以上のプランが一般的に、
50名招待で150万円となります。

まとめ

イメージでは、国内の方
高くなりそうな気がしましたが、

参列する人数によっては、
海外の方が、費用がかかりそうですね。

でも新婚旅行を兼ねていたり、
煩わしい準備苦手な人は
海外ウエディングの方が良さそうです。

「わたしは絶対にハワイだわ。
  準備とかいらないんでしょ?
  ハワイに行けるのも良いし!」

面倒くさがりのあなたには
  そのほうが良いかもね。」

あとは相手を見つけるだけですね。

わたしの頃は、海外で結婚するなんて
芸能人だけだと思っていましたけど
時代は変わるんですね。


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ