スポンサードリンク

啓蟄の意味とは?2016年は何月何日?

啓蟄って何て読むのか、どんな意味があるのか
知ってますか?

今日、子供の3学期の学校行事の詳細が
決定したので、カレンダーに
忘れないように書いてました

311029

そうすると、3月の有る日に「啓蟄」
と書いてあったんです。

毎年、ニュースなどで話題になっていたのは
覚えていたのですが、読み方があいまいで
ちょっと見ていたら、子供からこんな質問が!

「ねぇ、その字何て読むの?
 どんな意味があるの?」

アチャー(ノ∀`)アチャー
痛いとこ突いてくるな~

と思っていただ、私の母親、つまり子供にとっては
おばあちゃんが、助けてくれました

その意味と、こぼれ話を少し話していました。
では、その意味から見て行きましょう!


スポンサードリンク



啓蟄の読み方と意味

おばあちゃんが、孫に優しく話しています。

「その漢字は”けいちつ”と読むんだよ!
 日本の季節を表す言葉の一つなんだよ。」

「季節は、春夏秋冬だよ!
 けいちつって聞かないよ?

「春夏秋冬は、季節を4つに分けたものだね。
 啓蟄は、もっと細かく季節を分けた時の
 呼び名
なんだよ。

 日本には、二十四節気や七十二候という
 季節の名前もあるんだよ。

 啓蟄は、この二十四節気のうちの一つの季節
 という事になるね。」

ここから、子供が、ネホリハホリと質問を
投げかけましたが、流石おばあちゃん
殆どなんでも答えてました。

298840

でも、私が子供の頃には、何質問しても
「自分で調べなさい!」とか「うるさい!
今忙しいのよ!」
とかしか言われなかったような・・・・

そんな事は、どうでも良いですね。
その話を、要約すると、こんな感じです。

啓蟄とは、言葉の意味としては、冬眠していた虫が
暖かくなったので、冬眠から覚めて、土の中から
出てくる様を刺した言葉という事です。

字の意味としては、「啓」は「開く」、「蟄」は
「虫などが土中に隠れる」
という事らしいです。

で合わさって、虫等が土の中から這い出ると言う
意味なんだそうです。

俳句などの、春の季語にもなっているとの事です。

一体いつなのか?

啓蟄の時期は、旧暦1月後半から2月前半という事です。
ちょっと難しく言うと、太陽の黄経が345˚に達した日から
春分の前日までの15日間ん事です。

ただ、現行の暦で言う所の「啓蟄」とは、この15日間の
初日
を啓蟄といいます。

日本では、3月の5日、もしくは6日
その日になります。

で、2016年の啓蟄は、3月5日になります。

啓蟄のあれこれ

この啓蟄の言う季節には、色々な行事も
有るという事です。

例えば、ひな人形。
ひな人形を飾りはじめるのは、二十四節気の雨水。
そして片付けるのが啓蟄とされているそうです。

そして、園芸をされている方で、冬の支度として
菰(こも)をしていた方は、この菰を外す時らしいです。

そして、この外した菰を、焼く所が多いとの事です。
本格的な春が来るので、その準備という事でしょうか?

そして、ちょっとビックリしたのが、
この虫と言うのは、何も本当の虫だけではないという事です。

これは、商売をしていた、私の祖父、
母親のお父さんが、良く言ってた事らしいですが

「この虫が出てくるのは、何も土の中からだけじゃない!
 人間の心の中にも出てくるんだ!
 だから、この時期は、いつもよりしっかりと
 してないとだめだぞ!」

という事でもあるらしいです。

何も、他人が良からぬ事をするという事だけでは無く
自分が、良からぬ事を思いついたり
やってしまったりする事も、戒めたという事らしいです

良い虫なら、いくらでも活発に活動してもらいたいですが
悪い虫は、そのままづっと、眠っていてほしい感じですね!

おわりに

孫との話を楽しんだ、私の母親は、その後に
きつい一言を言って、自分の部屋に戻っていきました。

その一言とは
「あんたも、いつまでも土の中で寝てないで
 いい加減、這い出てきて、真剣にやりなさいよ!」

うっ!
別段、怠けている訳ではないのだけど・・・

会社には、しっかり出勤して働いてるし、子供の面倒も
結構、良く見てると思うんですよ!お母さん!

まぁ、確かに貯金と言う物は、ほとんどないですが・・・・
生活費でカツカツなので仕方がないのですが・・・

もしかして、もっと働け!という事ですか?
まぁ、確かに、私が子供の頃には、お母さんは
ほとんどいつ寝てるの?ってくらい働いてましたが・・・

言い訳ですね・・・・はい。

これから頑張って、給料少しでも上げて
生活が楽になる様に、親孝行が少しでもできる様に
頑張りますので、もう少し長い目で見てやってください


スポンサードリンク


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ