最新情報

歴史
古墳時代とは?
ここは郊外のとある中学校。生徒が帰った放課後の廊下をサンダルのパタパタ音が響いています。 それが運動場の野球部の掛け声と重なって奇妙なリズムを打っていることに気づいた田野倉紘一先生。 調子を外してはなるまいとツーステップ・・・
歴史
邪馬台国ーその3
光り輝くは命の波動、青空に新緑が眩しく大地のそのすみずみまでも歓喜の歌あふれる。 買ってもらったばかりのスニーカーも軽やかに春風の中、目指すは老舗古書店の扉。中学2年生になったばかりのたかや君の胸はもう聞きたいことだらけ・・・
歴史
邪馬台国ーその2
初々しかった社会人1年生も満員電車での立ち位置を確保するころ。暖かい日差しは忌むべき紫外線へと理不尽にも勝手に名を変えられてへそを曲げています。 古い台帳を睨みつつ判読に身体がフリーズしているのは元小学校教諭の老舗古書店・・・
歴史
邪馬台国ーその1
希望と緊張のないまぜを顔に貼りつけたまま社会人1年生がすし詰めのバスから躍り出る4月。 桜の花は咲く時の数倍のスピードで散っていき、いつまでも浮かれてばかりではいられないことに気づくころ。 表通りから少し奥に入った老舗の・・・
歴史
弥生時代の近畿地方
心うきたつ桜の便り、今日は東で明日は西。ぽっかり浮かぶ白い雲、そよぐ風にも気はそぞろ。 父親の突然の引退宣言により老舗の古書店を引き継ぐことになったもと小学校教諭の元木明人先生。 マニア垂涎の名著を破格の値で売ってしまっ・・・
歴史
弥生時代の島
元木明人先生はもと小学校の教師。ある日突然父親が仕事を辞めると言いだし、さあ大変。せっかく就いた教職でしたが、3代続く老舗の古書店を自分の代で無くすわけにもいかず。 慣れない商売の道へと足を踏み入れました。 今ではチョー・・・
歴史
弥生時代の高地性集落
うなりとともに一陣の木枯らしが乾いた葉を巻き上げ、人々がコートの一番上のボタンを手で押さえ背中を丸めて歩く冬の日。 通り過ぎる足音と車の騒音を外の世界に留め、何十年ものカビの臭いが染み付いた店内では低く空調が響くだけ。 ・・・
歴史
弥生時代の環濠集落
週に3回はメディアで紹介される商店街。一日中途切れることのない人の波をよけながら一歩わき道に入ったところにある古本屋さん。 知る人ぞ知る老舗の古書店で、そこだけ時間が止まったようなたたずまい。さりとて近頃は洒落たカフェや・・・
歴史
弥生時代の建物
はるか南米の空気をも連れてきたような珈琲のふくいくたる香りが店内に満ちるころ。閉じられた本のページが静かに息をして止まっていた時間が再び動き出しました。 ズズズズズズ―。 元小学校の先生で今は古本屋の主である元木明人先生・・・
歴史
弥生時代の食事とその調理法
「もう飽きた」の父親の一言で3代続く老舗の古本屋を引き継ぐことになった元木明人先生。喧騒渦巻く小学校の教壇から空調の音だけがかすかに響く貴重本の聖地へと環境は大変化。 突然の転職にはじめこそ慌てた風もありましたがそこはそ・・・

古墳時代とは?

ここは郊外のとある中学校。生徒が帰った放課後の廊下をサンダルのパタパタ音が響いています。 それが運動場の野球部の掛け声と重なって奇妙なリズムを打っていることに気づいた田野倉紘一先生。 調子を外してはなるまいとツーステップ・・・

邪馬台国ーその3

光り輝くは命の波動、青空に新緑が眩しく大地のそのすみずみまでも歓喜の歌あふれる。 買ってもらったばかりのスニーカーも軽やかに春風の中、目指すは老舗古書店の扉。中学2年生になったばかりのたかや君の胸はもう聞きたいことだらけ・・・

邪馬台国ーその2

初々しかった社会人1年生も満員電車での立ち位置を確保するころ。暖かい日差しは忌むべき紫外線へと理不尽にも勝手に名を変えられてへそを曲げています。 古い台帳を睨みつつ判読に身体がフリーズしているのは元小学校教諭の老舗古書店・・・

邪馬台国ーその1

希望と緊張のないまぜを顔に貼りつけたまま社会人1年生がすし詰めのバスから躍り出る4月。 桜の花は咲く時の数倍のスピードで散っていき、いつまでも浮かれてばかりではいられないことに気づくころ。 表通りから少し奥に入った老舗の・・・

弥生時代の近畿地方

心うきたつ桜の便り、今日は東で明日は西。ぽっかり浮かぶ白い雲、そよぐ風にも気はそぞろ。 父親の突然の引退宣言により老舗の古書店を引き継ぐことになったもと小学校教諭の元木明人先生。 マニア垂涎の名著を破格の値で売ってしまっ・・・

弥生時代の島

元木明人先生はもと小学校の教師。ある日突然父親が仕事を辞めると言いだし、さあ大変。せっかく就いた教職でしたが、3代続く老舗の古書店を自分の代で無くすわけにもいかず。 慣れない商売の道へと足を踏み入れました。 今ではチョー・・・

弥生時代の高地性集落

うなりとともに一陣の木枯らしが乾いた葉を巻き上げ、人々がコートの一番上のボタンを手で押さえ背中を丸めて歩く冬の日。 通り過ぎる足音と車の騒音を外の世界に留め、何十年ものカビの臭いが染み付いた店内では低く空調が響くだけ。 ・・・

弥生時代の環濠集落

週に3回はメディアで紹介される商店街。一日中途切れることのない人の波をよけながら一歩わき道に入ったところにある古本屋さん。 知る人ぞ知る老舗の古書店で、そこだけ時間が止まったようなたたずまい。さりとて近頃は洒落たカフェや・・・

弥生時代の建物

はるか南米の空気をも連れてきたような珈琲のふくいくたる香りが店内に満ちるころ。閉じられた本のページが静かに息をして止まっていた時間が再び動き出しました。 ズズズズズズ―。 元小学校の先生で今は古本屋の主である元木明人先生・・・

弥生時代の食事とその調理法

「もう飽きた」の父親の一言で3代続く老舗の古本屋を引き継ぐことになった元木明人先生。喧騒渦巻く小学校の教壇から空調の音だけがかすかに響く貴重本の聖地へと環境は大変化。 突然の転職にはじめこそ慌てた風もありましたがそこはそ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ