最新情報

歴史
古墳時代中期
いずこの砂漠かとみまごうほどの砂嵐、グラウンドのあちこちで起きては消え起きては消え。地区予選に向けて野球部の練習にも熱が入ります。 今日の山田君は先輩に言われダッシュで持ってきたボール3つ、どうやら間違えたようで頭を一つ・・・
歴史
古墳時代ー空白の4世紀その4
小さなアンパン5つが入った袋を大事そうに抱え所定の位置に座ると牛乳のパックとともにテーブルに置いた。 放たれた窓からは放課後の野球部の部員たちの乾いた声が単発的に聞こえる。 「山田あああ~あと12本!」千本ノックならぬ1・・・
歴史
古墳時代ー空白の4世紀その3
定期テスト最終日。クラブ活動解禁にもかかわらず、歴史クラブの部室はがらんどうのもぬけの殻。 それもそのはず活動日は水曜日の週1回。たとえその日でも敵前逃亡が後を絶たず。 文化祭間近になってやっと腰を上げる者ばかり。 ただ・・・
歴史
古墳時代ー空白の4世紀その2
野球部の1年生の玉拾い山田君が熱中症で倒れたのを機に監督を務める国語科の高橋先生が15分の休憩を宣言したころ。 歴史部部室では顧問の田野倉先生が学園祭発表の記事を入れたUSBを紛失してしまい大騒ぎ。 机の引き出しに絶対に・・・
歴史
古墳時代ー空白の4世紀その1
回収したノートの山が崩れ落ち、なだれとなって隣の先生の机を占領しているのも何のその。田野倉先生は背中合わせ、斜め向こうの先生と将棋迷人戦の真っ最中。 そこへコースケ君がやってきました。 コースケ君「田野倉先生いらっしゃい・・・
歴史
古墳時代前期
キャッチボールをしている野球部の生徒を3階の窓から呼び止め、世界史のノート提出の催促をしたのは田野倉先生。 ついでにボールを追いかけてきたサッカー部員には職員室呼び出しの日程調整と追試の宣告をしました。 手際の良さに我な・・・
歴史
古墳時代とは?
ここは郊外のとある中学校。生徒が帰った放課後の廊下をサンダルのパタパタ音が響いています。 それが運動場の野球部の掛け声と重なって奇妙なリズムを打っていることに気づいた田野倉紘一先生。 調子を外してはなるまいとツーステップ・・・
歴史
邪馬台国ーその3
光り輝くは命の波動、青空に新緑が眩しく大地のそのすみずみまでも歓喜の歌あふれる。 買ってもらったばかりのスニーカーも軽やかに春風の中、目指すは老舗古書店の扉。中学2年生になったばかりのたかや君の胸はもう聞きたいことだらけ・・・
歴史
邪馬台国ーその2
初々しかった社会人1年生も満員電車での立ち位置を確保するころ。暖かい日差しは忌むべき紫外線へと理不尽にも勝手に名を変えられてへそを曲げています。 古い台帳を睨みつつ判読に身体がフリーズしているのは元小学校教諭の老舗古書店・・・
歴史
邪馬台国ーその1
希望と緊張のないまぜを顔に貼りつけたまま社会人1年生がすし詰めのバスから躍り出る4月。 桜の花は咲く時の数倍のスピードで散っていき、いつまでも浮かれてばかりではいられないことに気づくころ。 表通りから少し奥に入った老舗の・・・

古墳時代中期

いずこの砂漠かとみまごうほどの砂嵐、グラウンドのあちこちで起きては消え起きては消え。地区予選に向けて野球部の練習にも熱が入ります。 今日の山田君は先輩に言われダッシュで持ってきたボール3つ、どうやら間違えたようで頭を一つ・・・

古墳時代ー空白の4世紀その4

小さなアンパン5つが入った袋を大事そうに抱え所定の位置に座ると牛乳のパックとともにテーブルに置いた。 放たれた窓からは放課後の野球部の部員たちの乾いた声が単発的に聞こえる。 「山田あああ~あと12本!」千本ノックならぬ1・・・

古墳時代ー空白の4世紀その3

定期テスト最終日。クラブ活動解禁にもかかわらず、歴史クラブの部室はがらんどうのもぬけの殻。 それもそのはず活動日は水曜日の週1回。たとえその日でも敵前逃亡が後を絶たず。 文化祭間近になってやっと腰を上げる者ばかり。 ただ・・・

古墳時代ー空白の4世紀その2

野球部の1年生の玉拾い山田君が熱中症で倒れたのを機に監督を務める国語科の高橋先生が15分の休憩を宣言したころ。 歴史部部室では顧問の田野倉先生が学園祭発表の記事を入れたUSBを紛失してしまい大騒ぎ。 机の引き出しに絶対に・・・

古墳時代ー空白の4世紀その1

回収したノートの山が崩れ落ち、なだれとなって隣の先生の机を占領しているのも何のその。田野倉先生は背中合わせ、斜め向こうの先生と将棋迷人戦の真っ最中。 そこへコースケ君がやってきました。 コースケ君「田野倉先生いらっしゃい・・・

古墳時代前期

キャッチボールをしている野球部の生徒を3階の窓から呼び止め、世界史のノート提出の催促をしたのは田野倉先生。 ついでにボールを追いかけてきたサッカー部員には職員室呼び出しの日程調整と追試の宣告をしました。 手際の良さに我な・・・

古墳時代とは?

ここは郊外のとある中学校。生徒が帰った放課後の廊下をサンダルのパタパタ音が響いています。 それが運動場の野球部の掛け声と重なって奇妙なリズムを打っていることに気づいた田野倉紘一先生。 調子を外してはなるまいとツーステップ・・・

邪馬台国ーその3

光り輝くは命の波動、青空に新緑が眩しく大地のそのすみずみまでも歓喜の歌あふれる。 買ってもらったばかりのスニーカーも軽やかに春風の中、目指すは老舗古書店の扉。中学2年生になったばかりのたかや君の胸はもう聞きたいことだらけ・・・

邪馬台国ーその2

初々しかった社会人1年生も満員電車での立ち位置を確保するころ。暖かい日差しは忌むべき紫外線へと理不尽にも勝手に名を変えられてへそを曲げています。 古い台帳を睨みつつ判読に身体がフリーズしているのは元小学校教諭の老舗古書店・・・

邪馬台国ーその1

希望と緊張のないまぜを顔に貼りつけたまま社会人1年生がすし詰めのバスから躍り出る4月。 桜の花は咲く時の数倍のスピードで散っていき、いつまでも浮かれてばかりではいられないことに気づくころ。 表通りから少し奥に入った老舗の・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ